『やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方』(わたなべぽん 著)の書評です。

 

『やめてみた。』とは

『やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方』(以下、『やめてみた。』)とは、漫画家の「わたなべぽん」さんが描かれた本です。

 

『やめてみた。』は、漫画本です。

 

わたなべぽんさんご自身が、「やめて」みるを試行錯誤して奮闘されている姿が、マンガ形式で描かれています。

 

これまで当たり前のように使ってきた道具、こうしなきゃと思っていたこと、つい囚われてしまう考え方の癖、など。

 

そういうものを1つ1つ洗い出して「やめて」みる。

 

そんな試行錯誤を繰り返しているうちに、いつしか生きるのがラクになっていくのです。

 

スポンサーリンク



『やめてみた。』で刺さった3つの内容

私が『やめてみた。』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『やめてみた。』で刺さった3つの内容>

・うっかり忘れをすると浪費をする

・もやもやする友達付き合いは止めよう

・人生を充実させようとする必要はない

 

それぞれについて、説明していきます。

うっかり忘れをすると浪費をする

 

外出先でノートやボールペンをうっかり忘れして、あわててコンビニで買ったが、部屋掃除をしたら、未使用のものがたくさんあった、なんてことは、ないでしょうか?

 

そして、コンビニでついでになんとなくガムやジュースも買ってしまった、なんてことはないでしょうか?

 

こういうムダな買い物を(=浪費)が積もり積もると、とんでもない金額になるでしょう。

 

下手すると、テレビ1台、子供の1年間の塾代になったりするかもしれません。

 

うっかり忘れは、浪費につながるのです。

 

だから、うっかり忘れをしないよう、工夫するべきです。

 

その工夫のしかたが、『やめてみた。』に詳しく描かれています。

 

スポンサーリンク



もやもやする友達付き合いは止めよう

 

もやもやする友達付き合いは、止めよう。

ストレスになるだけだから。

 

私もかつて、休日を充実させなきゃならないと強迫観念に駆られて、社会人テニスサークルに入りました。

 

このサークルの人間との付き合いは、本当に金がかかりました。

 

例えば、「ニセコラフティングレク」と称したイベントでは、1日で2万円近くのお金が飛んでいきました。

 

しかも、2万円投資して、有益な人間関係ができるわけでもなく、ただラフティングをして終わりなだけでした。

 

せっかくの貴重な休日が、下らない人間との付き合いで潰れ、しかもお金も失うのです。

 

あなたも、こういうもやもやする付き合いをしているのでしょうか?

 

可能なら、それを止めてみませんか?

人生の貴重な時間と、お金がムダになるだけですから。

 

私はこの社会人テニスサークルを、半年で辞めました。

 

この社会人テニスサークルの経験を通じて、もう社会人サークルには入らないと決めました。

 

休日は一人で楽しく過ごすことに決めました。

 

著書『宝くじで1億円当たった人の末路』に書かれているとおり、他人と群れるのは、害でしかありませんから。

人生を充実させようとする必要はない

 

人生を充実させる必要はない。

人と比べて「充実させなきゃ」と焦る必要はない、ということです。

 

先述したとおり、私も人生を充実させなきゃと、社会人テニスサークルにハマっていました。

 

しかし、これは害でしかありませんでした。

 

友達が一人もいなくてもいいじゃないですか。

 

義務教育の弊害でしょうか、人付き合いが多い=人生が充実している、と勘違いする人が多いです。

 

でも、人と群れてばかりいると、自分と向き合う時間が減ります。

 

そして、自分が本当は何がしたいのかが分からないまま、時間だけがムダに過ぎていきます。

 

人と群れるのは、害でしかないと私は思います。

 

『やめてみた。』の上の画像にあるとおり、自分のラクなようの生きればいいのです。

 

他人と比較したり、他人から認められる必要はありません。

それをやると、時間とお金の浪費に繋がってしまいます。

 

ラクに生きましょう。

適当に行き当たりばったりで生きてもよいと、私は思いますよ。

 

以上、『やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方』(わたなべぽん 著)の書評でした。

 

『やめてみた。』は、Amazonにて、中古本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『やめてみた。』のAmazonの販売ページです。