『億男』(川村元気 著)の書評です。

 

『億男』のあらすじを紹介。ストーリーの要約(ネタバレ注意!)

※ここで紹介するのは、『億男』の文庫版です。

 

『億男』は、映画「君の名は。」で有名な川村元気さんが、「BRUTUS」で連載した話をまとめた文庫本です。

 

『億男』の読み方は、「おくおとこ」です。

 

『億男』のジャンルは自己啓発です。

 

ここで、『億男』のあらすじを紹介します。

 

図書館司書の一男は、弟が3,000万円の借金を残して失踪したせいで、一家離散の危機に瀕していました。

 

そして一男は、宝くじで3億円当たってしまいました。

 

浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて、大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねます。

 

が、九十九は一男の3億円を持って、失踪してしまいます。

 

一男は、九十九のかつてのビジネス仲間であった、十和子、千住、百瀬(『億男』の登場人物)のもとを訪ねます。

 

ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ・・・。

数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、「お金と幸せの答え」の答えが明かされます。

 

以上が、『億男』のあらすじです。

 

『億男』には、芝浜など落語用語がたくさん出てきます。

落語が好きな方にも、『億男』はオススメです。

 

本記事の冒頭の画像で紹介した『億男』の表紙は、イラストレーターの長崎訓子が手がけられたものです。

 

『億男』の単行本は、累計発行部数が20万部超えのベストセラー本です。

 

『億男』は、2015年の本屋大賞にノミネートされています。

 

『億男』は、多くの有名人から賞賛されている評判の良い本です。

 

俳優の大泉洋さんや、岩井俊二さんは、『億男』について、以下のようにコメントしています。

大泉洋さん(俳優)
「あまり本を読まない私が久しぶりに一気に読んだ。億という金をいきなり手にした男はどうなってしまうのか。金と人間の生々しい話を聞かされながら何度も涙が溢れた。これは子を持つ親にはたまらない物語だ。読後、いきなり娘を抱きしめ怒られた。責任を取れ川村元気」

 

岩井俊二さん(映画監督)
「読み終わった時、お金といういつも僕らのポケットの中にいるこいつがとんでもない怪物に思えてきた」

 

『億男』は、Amazon評価数が200近くあり、現在も販売ランキングは高い、売れている本です。

 

口コミサイトである読書メーターや、ブクログ、hontoでも、『億男』についての多数のレビューが投稿されています。

 

それゆえ、『億男』の読書感想文や解説、考察を書いたブログが、ネットに多数あります。

 

『億男』は、お金というデリケートなものを扱っています。

 

お金に対してあまり良い印象を持っていない読者から、『億男』は批判されています。

「『億男』はつまらない、面白くない」という批評です。

 

『億男』は、本だけでなく、オーディオブック版も有名です。

キャストとして、声優の小野大輔さんが出演されているからです。

 

『億男』は、BookLive!にて、無料で試し読みができます。

 

しかし『億男』は、Amazonにて中古の文庫本が安く買えるので、そちらを購入したほうが早いと思います。

 

スポンサーリンク



『億男』は中国で映画化される

『億男』は、中国で映画化される予定です。

 

2017年後半から制作がスタートしています。

 

なんでも、アジア最高峰のスタッフ陣が結集し製作にあたるらしいです。

 

『億男』の文庫版が気に入ったら、映画もぜひ見てみましょう。

『億男』で刺さった名言・内容

私が『億男』を読んで、特に刺さった名言や内容は、以下の3つです。

<『億男』で刺さった3つの名言・内容>

・金持ちがそのお金をどのように使うか分かるまでその人間を褒めてはいけない

・金持ちになるには当たり前のことを当たり前にやること

・お金持ちになっても無理にやりたいことを探さない

 

それぞれについて、説明していきます。

金持ちがそのお金をどのように使うか分かるまでその人間を褒めてはいけない

「金持ちが、そのお金をどのように使うか分かるまで、その人間を褒めてはいけない」

かつてソクラテスは言った。そのとおりだ。

お金は人を試す。そして多くの人は、このお金の試験に落第する。

 

『億男』 P72より

 

もう一度、ソクラテスの名言を書きます。

 

「金持ちが、そのお金をどのように使うか分かるまで、その人間を褒めてはいけない」

 

私も肝に銘じておきます。

 

私は、副業で商売をやって成功して人並みの貯金を手に入れました。

 

このお金は、運良く稼いだあぶく銭です。

でも、私はさらに運が良かったのか、そのお金を良いことに使ったと思います。

 

商売で稼いだお金を母にあげて、住宅ローンを完済してあげました。

そして、残りのお金をしっかり貯金して、その後は倹約に務めてきました。

 

お金の使い方に関しては、自分に及第点を与えてあげてもいいと思っています。

 

今はブログで生計を立てるべく、こうして毎日記事を書いています。

 

もしかしたら、Googleの方針が変わって、このブログのアクセスが激増して、大金がバサッと入ってくるかもしれません。

 

このとき、あぶく銭が入ってきたことに浮かれることなく、手堅く貯金して、普段通りの倹約生活を続けていきたいと思います。

 

スポンサーリンク



金持ちになるには当たり前のことを当たり前にやること

簡単に金持ちになる方法が一つだけあるんやで。教えたろか?

(中略)

本当に簡単な方法や。

金を使わんと、貯めればええねん。

(中略)

使わんと貯めておけば、いつか大きな勝負がやってくる。

そのときに一円でも多いほうがええに決まってるやろ。

だから、来たるべき日に備えて、一円でも拾う。

(中略)

この世界ではあたりまえちゃうことのほうがとかく目立つし、よく思われたりする。

でも勝つためには、あたりまえを見つける目が必要なんや。

そしてあたりまえのことを、あたりまえにやる。

ただそんだけでほとんどの勝負は勝つことができる。

 

『億男』 P126〜127より

 

成功するには、お金を使わず貯めておくこと。

勝負のときがきたら、1円でも多く持っているものが勝つから。

 

こういう当たり前のことができる人が、勝負に勝ってお金持ちになれる。

 

『億男』の登場人物である、百瀬の名言です。

 

地道にコツコツと努力することが重要なのです。

 

ラクに成功する道はありません。

一発逆転はありえないということです。

 

当たり前のことを言っていますが、私を含めて、これがなかなか出来ない人が多いのでしょう。

 

だから、みんな貧乏なのです。

 

お金持ちになりたいなら、コツコツ努力しましょう。

 

といっても、会社の仕事のような、後ろ向きのことをやり続けてもムダなので、効果の出ることにベクトルを向けましょうね。

お金持ちになっても無理にやりたいことを探さない

僕らは何が欲しいか分からずに欲しがったり、失ったりしている。

皆が必死になって書き出している夢。

世界一周。大きな家。幸せな家族。

でも実は行きたい場所なんてどこにもないのだ。

ここではないどこか、を求めているだけ。

お金がそれら芒洋とした夢や欲望に、姿かたちを与えてくれると期待しているだけなのだ。

 

『億男』 P166より

 

もしお金持ちになったら、何をしたいか?

本当は何もしたくないのに、何かを無理に求めてはいませんか?

 

我々は、お金が芒洋とした夢や欲望をかなえてくれると幻想を抱いています。

 

しかしお金持ちになっても、何も変わらないのです。

 

この名言が、『億男』の答えです。

『億男』のラスト(オチ)も、この名言をベースに結末が作られています。

 

そして、『億男』の名言のなかで、この内容が一番刺さりました。

 

もしお金持ちになったらベンツを買いたい、高級住宅街に住みたい。

こうした欲望を持たないことです。

 

「あなたはお金持ちになったら何をしたいですか?」

→「何もしません。普段どおり質素な暮らしをします」

 

これが「お金と幸せ」の答えだと思います。

 

著書『となりの億万長者』に書かれているとおり、

お金が手に入れば、自由・安心・他者に依存しないでいられること、の3つが手に入ります。

 

精神的にラクになれます。

 

『となりの億万長者』では、物質的に豊かになることが幸せにつながらないと書かれています。

 

お金持ちになっても、何事もなかったかのように暮らせば良いのです。

 

今も充分幸せだと思い込むことです。

そして、お金が手に入ったら、精神的にもっとラクになれると、思うことです。

 

ベンツを買うとか、派手な暮らしを求めないことが、「お金と幸せ」の答えです。

 

『億男』の著者「川村元気」さんは、メガヒット作「君の名は。」を作った人です。

 

『億男』もそれに匹敵するくらいすごい本だと、私は思いました。

 

以上、『億男』(川村元気 著)の書評でした。

 

『億男』は、累計発行部数が20万部超えのベストセラー本です。

 

映画化もされているくらい、有名な本です。

 

それゆえ、セブンネットや楽天ブックスなどの通販サイトでも、『億男』の在庫が多数あります。

 

紀伊国屋などの大手書店に行けば、『億男』は必ず販売されているでしょう。

 

『億男』は人気のある本なので、ブックオフでも積極的に買取が行われています。

 

ヤフオクなどのオークションサイトでも、『億男』は多数出品されています。

 

しかし、『億男』はAmazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

なにも定価(値段1,400円+税)で『億男』を買う必要はありません。

 

また、Amazonには『億男』の電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『億男』のAmazonの販売ページです。