『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる 能力以上に結果が出る「行動力」の秘密』(藤由達藏 著)の書評です。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の目次

まず、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の目次>

第1章 すぐに行動できない人の10の習慣(知る)

(行動できない人は、行動を阻害する思考の癖がある;行動できない人は、自分をフリーズさせる癖がある ほか)

第2章 10秒で行動する人の思考法(学ぶ)

(10秒で行動する人は、「行動してしまえば、あとは楽」ということを知っている;10秒で行動する人は、頭に「見取り図」を描いて行動している ほか)

第3章 行動する人になる10秒マインドチェンジ(自分を変える)

(10秒で行動するための「気分を選択する方法」;10秒で行動する自分になる「感情表現の3要素」のチェンジ ほか)

第4章 結果につながる!周りを巻き込む10秒チェンジ(周りを変える)

(相手をコントロールするのではなく、相手の行動力を高める;ほめるのをやめて、「私メッセージ」で伝えると相手が動き出す ほか)

第5章 10秒でゴールに近づく思考と行動のコツ(人生を変える)

(人生を変える人は、ゴール設定は当たり前、その後のその後も設定している;人生を変える人は、「自分の目標」を持っている ほか)

 

スポンサーリンク



『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の要約

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、

対面コーチングやモチベーションアップ研修、創造性・才能開発のワークショップを開催されている、藤由達藏さんが書かれた本です。

 

「すぐやることの大切さ」を無意識レベルで理解している人が多いにもかかわらず、行動できないのはなぜか?

 

理由は、人の心にブレーキをかける3つの「不安」が、人のなかにあるからである。

 

口だけ達者で行動できない人、考えすぎて行動できない人など。

 

先送り、先延ばしの自分を変えるのにはどうすればよいのか?

 

これまで、数多くの人々に行動力を高める指導をしてきた、藤由達藏さんのノウハウが、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』に書かれています。

 

この『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』のノウハウを実践することで、

不安を消して10秒で行動できるようになれるそうです。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、Amazon評価数・レビュー数が100を超える、注目されている本です。

 

それゆえ、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の読書感想文を書いたブログが、ネットに多数あります。

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』で感銘を受けた3つの内容

私が『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』を読んで、特に感銘を受けたのは、以下の3つです

<『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』で感銘を受けた3つの内容>

・行動してしまえばあとは楽

・人は意識を向けた方向に進む

・日々のいらない習慣を捨てる

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



行動してしまえばあとは楽

行動力のある人は、「行動してしまえば、あとは楽」と知っています。

これまでの経験から、「行動してしまえばあとはどうにかなるものだ」という体験を重ねているからです。

行動力というのは、「雪だるまづくり」に似ています。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 P60より

 

これは、「作業興奮」について語っているのでしょう。

 

作業興奮とは、やる気が出ないけど、作業を始めたらやる気がどんどん出てくるというものです。

参考)『ムダにならない勉強法』(樺沢紫苑 著)

 

行動するのに、やる気は不要です。

やる気が出ないなら、その状態で作業を始めることです。

 

そうすれば、作業興奮が始まって、どんどんやる気が出てきます。

 

藤由達藏さんの仰るとおり、行動してしまえばあとはどうにかなるものです。

 

そして、雪だるま式に行動力が高まっていき、作業が完了するのです。

人は意識を向けた方向に進む

人は意識を向けた方向に進む、という性質があります。

道を歩いていて、前から歩いてきた人を避けようとして相手の動きを見ていると、逆にぶつかりそうになった、という経験は誰しもあるでしょう。

これは意識を向けているために、そちらに近づいてしまったのです。

成功や失敗も同じで、失敗について考え続ければ、失敗に近づくことになります。

逆に、成功について考え続ければ、成功に近づきます。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 P70より

 

引き寄せの法則を、わかりやすく説明した文章だと思います。

 

前から歩いてきた人をよけようとしたら、ぶつかってしまった経験、あなたにもありますよね?

 

これは、相手に意識を向けることで、自分が相手に引き寄せられていくからです。

 

この原理を利用して、成功に意識を向けるのです。

そうすれば、どんどん成功に引き寄せられていきます。

 

成功と言っても、そんな大それたものでなくて良いと思います。

 

会社を辞めて自由になりたい、住宅ローンを完済したい、国立大学に合格したいとか、身近にあるものでOKです。

 

自分の手の届きそうな目標(成功)に向かって、意識を向けていきましょう。

 

そして、それが達成できたら次の目標を立てて、また楽しみましょう。

日々のいらない習慣を捨てる

それは「いらないものを捨てる」ということ。

今できないことや、今は取り組むべきでないことをどんどん捨てるのです。

いらない仕事、いらないもの、いらない時間・・・・などのムダなものです。

いらないものがあると、今できることの邪魔になります。

なぜなら、一日は24時間、自分が自由にできる時間や空間には限りがあるからです。

新しいことを始めるためには、スペースを空けないと、新しいスタートは切れません。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 P121より

 

一日は24時間しかないので、ムダなものはどんどん捨てること。

 

そして、空いたスペースを活用して、新しいことを始めよう。

 

私の場合、ネットサーフィンが「ムダなもの」に該当します。

 

私はヒマなとき、ついネットサーフィンをやってしまいます。

 

この時間、ムダです。得るものがあまりありません。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』を読んで、私はネットサーフィンを止めることにしました。

 

そして、空いた時間を、瞑想したり、読書したりするなど、自分を高める活動に当てています。

 

あなたも、ムダだけどついやっちゃっている活動があるなら、思い切って断捨離してみましょう。

 

そして、空いた時間を活用して新しいことを始め、人生を変えていきましょう!

 

以上、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる 能力以上に結果が出る「行動力」の秘密』(藤由達藏 著)の書評でした。

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、Amazon評価数が100を超える、注目されている本です。

 

それゆえ、楽天ブックスなどの通販サイトでも、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の在庫が多数おかれています。

 

しかし、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、Amazonにて中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』のAmazonの販売ページです。