『鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール』(野口嘉則 著)の書評です。

 

『鏡の法則 』とは?内容のあらすじ

まず、野口嘉則さんのサイトで紹介されている『鏡の法則』のストーリーを、簡単に紹介します。

<鏡の法則のストーリー>

今年41歳になる主婦の栄子には悩みがあった。

小学5年生の息子が学校でいじめられているのだ。

暴力はふるわれていないようだが、仲間外れにされたり悪口を言われたりしているらしい。

 

栄子が「自分にできることはあるか」と尋ねると「別にいじめられているわけじゃない!」と言い張ってしまう。

その姿をみた栄子は、なにもできない自分や、いじめを我慢し続ける息子に胸を痛めていた。

 

ある日、夫の紹介で矢口という経営コンサルタントを紹介され「鏡の法則」という心のはたらきを教わる。

矢口は「あなたの大事なお子さんがいじめられているのは、あなたがだれか感謝すべき人に感謝せずにその人を責めて生きているからです」という。

 

いわれてみると思い当たる節があった。

栄子は父親と何年も会話していないどころか、父親に対してひどい言葉をぶつけてきたことを思い出す。

なにやら胡散臭い話に最初は気乗りしなかった栄子だが、父親との和解が息子のいじめの解決に繋がるならと思い、「鏡の法則」を試す。

 

長い間こころが離れていた父との関係を修復できるのか。不安を感じる栄子だったが、矢口の指示通り電話で話してみると、父への感謝で涙が止まらなくなる。

父も栄子を傷つけてしまった過去を謝罪し号泣。

「鏡の法則」によって親子のきずなが完全に修復した。

 

その後、矢口のアドバイスを聞いて行動するうちに、突然むすこが喜びながら帰宅する。

いつもいじめてくる同級生に謝罪され、仲直りしたとのことだった。

鏡の法則で、息子のいじめが解決し悩みを解決することができた。

 

『鏡の法則』は、泣けるストーリーの本であると言われています。

私は泣けないと思いますが、これは人によるでしょう。

 

『鏡の法則』は、ページ数が128ページと少ないので、集中して読めば1時間もかからずに読み切れるでしょう。

 

『鏡の法則』は、平易な文章で書かれていますが、仏教やキリスト教の概念を取り入れた、高度な内容の本です。

 

『鏡の法則』は、『嫌われる勇気』で有名なアドラー心理学との親和性も高い本です。

『鏡の法則 』のジャンル(種類)

『鏡の法則』のジャンルは、多岐にわたります。

 

カウンセリングや心理学の本だとも言えるし、自己啓発本だとも言えます。

 

『鏡の法則』を引き寄せの法則の本だと言う人もいます。

『鏡の法則 』は多くの人がおすすめする本

『鏡の法則』は、発行部数が100万部超えの売上を誇る、大ベストセラー本です。

 

『鏡の法則』は、Amazon評価数・レビュー数が400近くあります。

 

口コミサイトである読書メーターでも、『鏡の法則』のレビューが多数投稿されています。

 

また、『鏡の法則』の読書感想文や、内容実践記、体験談を書いたブログが、ネットに多数あります。

 

『一生お金に困らない生き方』で有名な心屋仁之助さんは、ご自身のブログで『鏡の法則』について言及されています。

■“裏”鏡の法則

 

作家の田宮陽子さんや、小林正観さん、実業家の斎藤一人さんも『鏡の法則』に影響を受けた人たちです。

 

脚本家の望月龍平さんは、『鏡の法則』に影響を受けて、舞台『鏡の法則』を開催されています。

 

『鏡の法則』には関連本として、

「いいこと」がいっぱい起こる!鏡の法則 (王様文庫)』(植西聰 著)と、

鏡の法則を徹底的に使いこなす方法: 非効率な人生から抜け出す究極のメソッド 牧村和幸シリーズ (人間心理ブックス)』(牧村和幸 著)

があります。

 

本家の『鏡の法則』が気に入ったら、合わせてこちらも読むとよいかと。

 

『鏡の法則』は、youtubeで動画を無料で視聴できます。

活字が苦手な方は、こちらを利用するとよいでしょう。

 

『鏡の法則』の著者の野口嘉則さんは、『鏡の法則』のコーチングのセミナーを開催されています。

 

興味があれば、参加してみましょう。

 

スポンサーリンク



『鏡の法則 』8つのステップ(ワーク)

『鏡の法則』には、変化を引き起こす、8つのステップ(ワーク)があります。

 

8つのステップ(ワーク)の内容を、簡単に紹介します。

<『鏡の法則』8つのステップ(ワーク)>

ステップ1:許せない人をリストアップする

ステップ2:自分の感情を吐き出す

ステップ3:行為の動機を探る
(1)許せないと思った相手の行為
(2)相手がその行為をした動機
(3)相手の未熟さ不器用さ弱さと理解する
(4)「私がそうであるように、○○さんも喜びを味わいたかったんだ。、○○さんも苦痛をさけたかったんだ。」と宣言する

ステップ4:感謝できることを書き出す

ステップ5:言葉の力を使う。
(1)「私は、私自身の自由とやすらぎのために○○さんを許します。」
(2)「○○さん、ありがとうございます。」という言葉を繰り返し唱える

ステップ6:謝りたいことをたくさん書き出す。

ステップ7:学んだことを書き出す。

ステップ8:「私は○○さんを許しました。」と宣言する

あとはステップ5(2)の「○○さん、ありがとうございます。」を毎日5分以上やる

 

これで、徐々に変化してくるそうです。

『鏡の法則 』の効果

『鏡の法則』の8つのステップ(ワーク)を紹介しました。

 

このワークを実践することによって、さまざまな良い変化が起こるそうです。

 

『鏡の法則』を読んで、職場の上司や同僚との人間関係が改善された。

『鏡の法則』を読んで、転職に成功した。

『鏡の法則』を接客に活かして、営業成績が伸びた。

『鏡の法則』を読んで、嫌いな人や苦手な人が減った。対人関係に使える!

『鏡の法則』を読んで、いじめられなくなった。

『鏡の法則』を読んで、片思いだけど好きな人とお付き合いできた。

『鏡の法則』を読んで、失恋した恋人と復縁した。

『鏡の法則』を読んで、カップルが続出した。恋愛に使える!

『鏡の法則』を読んで、出会いが増えた。友達が増えた。

『鏡の法則』を読んで、子育て、育児で子供にイライラしなくなった。

『鏡の法則』を読んで、他人にイライラしなくなった。

『鏡の法則』を読んで、怒りの感情が減った。

『鏡の法則』を読んで、毒親が変化した(教師談)

『鏡の法則』を読んで、彼氏の浮気癖が治った。

『鏡の法則』を読んで、父親、母親、息子、娘との関係(親子仲、家族仲)が改善した、ケンカしなくなった。

『鏡の法則』を読んで、夫婦仲が改善した。

『鏡の法則』を読んで、今の旦那と結婚できた。

『鏡の法則』を読んで、円満離婚できた。

『鏡の法則』を読んで、お金が増えた。

『鏡の法則』を読んで、うつ病が治った。

 

こんな感じで、『鏡の法則』を読んで、変化した人が多数いるそうです。

 

なかには、『鏡の法則』があれば戦争は無くせるとまで言う人もいます。

『鏡の法則 』はアムウェイに悪用されている

『鏡の法則』の効果についてお話ししましたが、ちょっと胡散臭いがしないでもないです。

 

実際、『鏡の法則』はアムウェイなどのネットワークビジネスに悪用されているみたいです。

 

『鏡の法則』は、アムウェイの自称成功者のセミナーで利用されていとクレームが出ています。

 

『鏡の法則』は、スピリチュアルとか、宇宙とか、波動とか、潜在意識とか、怪しい言葉がたくさん出てきます。

 

そういうのを嫌う人が『鏡の法則』を読んで、違和感がある、宗教じみてる、詐欺だ、嘘だ、裏があるとか、批判しています。

必然の法則

といっても『鏡の法則』には、「なるほどな」と思う内容がたくさん書かれています。

 

例えば、以下の「必然の法則」がそうです。

 

『鏡の法則』の本文を引用して、「必然の法則」を紹介します。

『必然の法則』というのがありましてね、それを学ぶと次のようなことがわかるんです。

じつは、人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気づかせてくれるために起こるんです。

つまり、偶然起こるのではなくて、起こるべくして必然的に起こるんです。

ということは、自分に解決できない問題は決して起こらないのです。

起きる問題は、すべて自分が解決できるから起きるのであり、前向きで愛のある取り組みさえすれば、後で必ず『あの問題が起きてよかった、そのおかげで・・・・』と言えるような恩恵をもたらすのです。

 

『鏡の法則』 P40〜41より

 

人生で起こる問題は、何か大切なことを気づかせるために起こる。

つまり、自分に解決できない問題は決して起こらない。

 

「必然の法則」は、なんだか勇気づけられる法則ですね。

 

自分の手に負えない問題は、まず起こらない。

むしろその問題が、前に進むためのきっかけになるのです。

 

今後は、辛いことがあったら、「必然の法則」を思い出して、前向きな気持ちで解決していこうと思います。

 

以上、『鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール』(野口嘉則 著)の書評でした。

 

『鏡の法則』は、Amazon評価数・レビュー数が400近くある、注目されている本です。

 

それゆえ、楽天ブックスなどの通販サイトに、『鏡の法則』の在庫が多数おかれています。

 

tsutayaにいけば、『鏡の法則』の文庫本が必ず置かれているはずです。

 

『鏡の法則』は売れている本なので、ブックオフに行けば中古本が入手できる可能性が高いです。

 

しかし、『鏡の法則』はAmazonにて、中古の文庫本の値段が安いです。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『鏡の法則』のAmazonの販売ページです。