『ポジティブ・チェンジ 自分を変えるのに頭も根拠も希望もいらない』(メンタリストDaiGo 著)の書評です。

 

『ポジティブ・チェンジ』のあらすじ

『ポジティブ・チェンジ』とは、作家でありビジネスアドバイザーである、メンタリストDaiGoさんが書かれた本です。

 

『ポジティブ・チェンジ』には、メンタリストDaiGoさんが実践した超変身法が紹介されています。

 

楽しみながら自分を変える、「ポジティブ・チェンジ」で「なりたい自分」になれる。

 

たった5週間で人生を変える最強の心理術が、本書に書かれています。

 

その5週間のトレーニング内容をざっくりと紹介します。

<『ポジティブ・チェンジ』の5週間トレーニング>

1週目:A4の紙に自分を書き出す。

2週目:「新しいこと日記」をつける。

3週目:「めんどうくさい」を行動のサインにする。

4週目:「超恥ずかしいこと」をやる。

5週目:敵を利用する。

 

『ポジティブ・チェンジ』の5週間トレーニングは、心理学と脳科学の最新研究を駆使して開発されたものなのだそうです。

 

スポンサーリンク



『ポジティブ・チェンジ』で得た3つの気づき

私が『ポジティブ・チェンジ』を読んで、特に感銘を受けたのは、以下の3つです。

<『ポジティブ・チェンジ』で得た3つの気づき>

・計画は欲求を消費する

・行動することのメリットは考えない

・「めんどうくさい」を行動のサインにする

 

それぞれについて、説明していきます。

計画は欲求を消費する

何か行動したい(この場合は「コートを買いたい」)という欲求が生じたとき、その行動のための計画を立てると、欲求は抑制されます。

計画は欲求を消費してしまうのです。

 

『ポジティブ・チェンジ』 P37より

 

計画は欲求を消費する。

 

これは、節約するのに使える概念だと言えます。

 

必要ではないが欲しいというものがあるなら、ネットや通販カタログなど、いろいろ調べて、購入計画を立てます。

 

すると、いざ買うと決めた頃には、買いたい欲求が消えてしまうのです。

 

私はミニマリストになることに成功しているので、今は欲しいものはありません。

 

しかし、私は心が弱い人間なので、衝動買いしてしまうかもしれません。

 

このとき、「計画は欲求を消費する」を思い出して、購入計画を入念に立ててみようと思います。

 

スポンサーリンク



行動することのメリットは考えない

注意していただきたいのは「どのように行動を変えるか」に根拠はいらないことです。

(中略)

目標はあくまでも自分を変えること。

健康やお金やよりよい人間関係が目標ではなく、行動を変えること自体が目標です。

(中略)

「このように行動を変えれば、こんなメリットがある」という根拠は必要ないのです。

 

『ポジティブ・チェンジ』 P97より

 

行動することのメリットは考えない。

とにかく行動せよ。

 

私も、「これをやれば、これだけ良いことがある」など、行動することのメリットを考えがちです。

 

しかし、そんなこと考えているヒマがあるなら、とにかく行動です。

 

作業興奮というものを、あなたはご存じでしょうか?

やる前はダルかったけど、やったらなんだか知らないけどやる気が出た、というものです。

参考)『ムダにならない勉強法

 

行動することに理由(メリット)を求めてはいけません。

そうではなく、まずは行動です。

 

やれば、勝手にやる気が出て、作業を完了できます。

 

行動、行動、とにかく行動です!

「めんどうくさい」を行動のサインにする

自分が「めんどうくさい」と思うことは、みんなも「めんどうくさい」と思うことなのです。

(中略)

「めんどうくさい」と感じたら、それを行動のサインにするだけでいい。

それだけで、あなたは周りにいる人たちのなかから抜きん出る方向へ変化することができるのです。

 

『ポジティブ・チェンジ』 P215より

 

「めんどうくさい」を行動のサインにする。

『ポジティブ・チェンジ』で、一番刺さった文章です。

 

自分が「めんどうくさい」と感じることは、他人もめんどうくさいと感じることである。

 

ゆえに、「めんどうくさい」と思ったときに行動するだけで、他人から抜きん出た存在になれる。

 

本記事を書いているのは、2018年の元日です。

 

正月くらい休みたい、のんびりしたいものですよね。

 

私も、正月に記事を書くのは、めちゃくちゃ「めんどうくさい」です。

でも、こうして記事を書き上げました。

 

今日休むと、ズルズルとやらなくなる恐れがあったので。

 

きっと、日本中のブロガーのなかで、正月に記事を書く人はごく少数でしょう。

だって、「めんどうくさい」ですから。

 

つまり、正月も休まず記事を書いただけで、他のブロガーから抜きん出た存在になれるかもしれないのです。

 

私は、ブログで生計を立てていくと決めています。

 

今年(2018)中に、せめて実家に入れるお金くらいは稼げるようになりたいです。

 

そのためにも、毎日記事を書くべきなのです。

 

記事を書くなんて、別に大した作業じゃありませんし、休むと「書かなきゃ」と焦ってストレスになります。

 

記事を書くのは「めんどうくさい」ですが、サボると稼げないしストレスになります。

 

だから、「めんどうくさい」を行動のサインにして、いざ行動です!

 

以上、『ポジティブ・チェンジ 自分を変えるのに頭も根拠も希望もいらない』(メンタリストDaiGo 著)の書評でした。

 

『ポジティブ・チェンジ』は売れている本なので、楽天などの通販サイトでも購入できます。

 

しかし、Amazonにて中古本が安く買えるので、Amazonがオススメです。

電子書籍である、Kindle版もありますので。

 

以下、『ポジティブ・チェンジ』のAmazonの販売ページです。