『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』(安田正 著)の感想です。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』のあらすじ

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』とは、コンサルタントや大学の先生として活躍されている、安田正氏が書かれた本です。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』では、「気くばり」の重要性が詳しく書かれています。

 

「気くばり」こそが、すべての仕事の土台になる。

「気くばり」こそが、すべての仕事の成果を生み出す「源泉」である。

 

「すべての仕事は気くばりに始まり、気くばりに終わる」と言っても過言ではないのです。

 

一流と呼ばれる方々は、1人残らず、気くばりの”達人”です。

 

一緒に仕事をしていると、なぜだかわからないけれどすごく居心地がよくて、スムーズに事が運ぶ。

 

なにげない話をしていても、決してわざとらしくはなく、ごくさりげなくて自然なのに、会えば必ず好印象が残る。

 

会うたびに、好印象が増していく。

だから、また一緒に仕事をしたくなる。

 

一流の一流たるゆえんは、ここにあるのです。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』のあらすじでした。

 

次に、私が『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を読んで、とくに刺さった中身を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』で刺さった内容

私が『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』で刺さった内容>

・人に頼むときは「お願いします」ではなく「お願いできますか?」

・「目につくところ」はいつも清潔に整えておく

 

それぞれについて、『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』の中身を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



人に頼むときは「お願いします」ではなく「お願いできますか?」

人に頼むときは、「お願いします」ではなく「お願いできますか?」

→「一緒に仕事をしやすい」と思わせたら、勝ち

(中略)

相手の「許可を得る」形で依頼すること。

つまり、「お願いします」ではなく「お願いできますか?」という、相手の許可を乞う言い方をするのです。

(中略)

そんな気くばりがあれば相手も、他の仕事を後回しにしてでも、「仕方ない、やってやろう」「そう言うなら、引き受けてもいいか」と優先順位の変更をしてくれるでしょう。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』 P40〜43より

「目につくところ」はいつも清潔に整えておく

「目につくところ」はいつも清潔に、整えておく

→「人は見た目で判断される」からこそ

(中略)

「メンタルの状態」は、見た目にすべて表われる。

「見た目の状態」は、そのまま「メンタルの状態」です。

たとえば、仕事が忙しくなると、身だしなみにまで手が回らず、途端にだらしなくなってくる人がいます。

しかしそれは、「私は今、余裕がありません」と大声で笑いながら歩いているようなもの。

周囲に「不安定な人だ」「心配になる人だ」「波のある人だ」と思われてしまいます。

見落としがちですが、周囲に不快な思いをさせないこと、また心配をかけないことも、気くばりであり、思いやりです。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』 P114〜116より

 

スポンサーリンク



『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』の感想

私が『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を読んで、とくに刺さった内容を紹介しました。

 

人に頼むときは「お願いします」ではなく「お願いできますか?」、

「目につくところ」はいつも清潔に整えておく

 

の2つでした。

 

一流の人は、頼み方にもひと工夫あるみたいです。

 

「お願いします」ではなく「お願いできますか?」は、どんなシチュエーションでも使えると感じました。

 

私はブログの他、家庭教師のアルバイトもしているので、こちらでこの頼み方を実践してみます。

 

あと、身だしなみですね。

 

私はもともと、清潔感のある見た目を心がけていますが、これを機に一層気をつけたいです。

 

見た目が不潔だと、それだけでかなり損するようなので。

 

見た目でお金を失うことはあってはならないと思います。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を読むと、気くばり力が成功の秘訣であることがよく分かります。

 

今回は、『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』の一部を紹介しました。

 

この他、『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』には、「気くばり」のテクニックが多数書かれています。

 

興味があれば、『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』を読んでみましょう。

 

以上、『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』(安田正 著)の感想でした。

 

『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。