『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』(河野玄斗 著)の感想・レビューです。

 

『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』の要約

『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』とは、東大医学部生の河野玄斗氏が書かれた本です。

 

河野玄斗氏は、クイズ番組に多数出演しており、あなたもご存じかと思います。

 

河野玄斗氏は、東大理科Ⅲ類に現役合格して、司法試験の予備試験(普通の司法試験より難関)から司法試験に一発合格されています。

 

まあ、いわゆる天才というやつですね。

 

河野玄斗氏はTwitterで、

「1000時間勉強して将来の年収が100万円上がる場合、勉強の自由は100万円×40年÷1000時間=時給4万円になるよ。なんでみんなそんなに勉強しないの」

と発言して、物議を醸したことがありました。

 

河野玄斗氏によると、勉強は「努力の方向さえ間違わなければ」、かけた時間を裏切らない、「コストパフォーマンスの最強の遊び」だそうです。

 

勉強はリターンが大きい娯楽なのであって、勉強できる環境にあるというのは贅沢なことだとか。

 

『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』には、河野玄斗氏にによる、努力の正しい方向性が詳しく書かれています。

 

私は、河野玄斗氏が仰る勉強の意義と、河野玄斗氏のスタンスに共感しました。

 

以下、私が『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』を読んで、とくに刺さった中身を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』で刺さった内容

私が『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』で刺さった内容>

・俗物的な目的は勉強するうちに嵩高さへと昇華する

・相性が悪い人とは距離を置こう

 

それぞれについて、『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』の中身を紹介していきます。

 

スポンサーリンク



俗物的な目的は勉強するうちに嵩高さへと昇華する

3.俗物的な目的は勉強するうちに嵩高さへと昇華する

このように、身近でわかりやすい幸福との関連を想像することで、自分のなかからうまく勉強へのやる気を引き出すのです。

(中略)

一般化すると、いかに俗っぽいモチベーションだとしても、それが自分にとって(結果として他人にとっても)プラスに働くのであれば、それはそれでよい、ということです。

(中略)

実は、はじめは俗物的な目標を持って勉強していたけれど、勉強を突き詰めていくうちに、気付くと嵩高な目標が現れていた、ということはよくあるのです。

勉強をし始めた頃は、「その勉強によってどういうことができるか」「その勉強が自分の性分に合うか」などについて具体的なイメージは湧いていません。

しかし、それを突き詰めていくと、次第に自分のなかで具体的なイメージが構築されていきます。

と同時に将来の可能性も広がり、「自分はこういうことがしたい」という目標が明確になってくるのです。

 

『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』 P38〜39より

相性が悪い人とは距離を置こう

相性が悪い人とは距離を置こう

(中略)

人間である以上、相性の問題で、どうしてもウマが合わないひとは存在します。

そういった人とは無理に距離を縮めようとしても、ストレスを抱えるだけなので、あえて距離を置くのも1つの手段です。

場合によっては、関係を断ちましょう。

(中略)

人生において費やせる時間も労力も有限です。

ウマの合わない人に労力を割いてしまったがゆえに、本当に好きな人、大事な人、労力を割かなければならない人に労力をさけなくなってしまうのはなんとも悲しいことではないでしょうか。

労力を割くべき人、物事(受験など)のために、不要な労力は、ときに容赦なく削るという思いも必要です。

そして同様の理由から、関係を切る際も何も言わず、気づいたら離れていたというような距離の置き方がベストでしょう。

そのケンカをする労力、さらには連絡を取る労力すら惜しいと思ってもいいのです。

 

『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』 P132〜133より

 

スポンサーリンク



『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』の感想

私が『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』を読んで、とくに刺さった内容を紹介しました。

 

俗物的な目的は勉強するうちに嵩高さへと昇華する、

相性が悪い人とは距離を置こう

 

の2つでした。

 

一つ目の「俗物的な目的は勉強するうちに嵩高さへと昇華する」ですが、これはそこそこレベルの高い大学を受験した方なら、共感できるのではないでしょうか。

 

勉強とは不思議なもので、思考を嵩高なものに昇華させる力があります。

それが面白くて、どんどん勉強にハマっていくのです。

 

私も大学受験のときは、楽しく勉強していました。

模試の成績が上がらず辛かったですが、楽しさの方が勝っていました。

 

今も勉強は好きなので、こうしてブログをやっています。

勉強=仕事は好きなのですが、会社の意味不明な規則や習慣が嫌で、会社は辞めましたが。

 

二つ目の「相性が悪い人とは距離を置こう」について。

 

河野玄斗氏のスタンスがよく分かる文章だと感じました。そして、共感しました。

 

この世には、毒にも薬にもならない無意味な人間が本当に存在します。

 

北大大学院にも、こういう人間がいましたね。

金と時間を浪費するだけで、得るものが何もない人間が。

 

こういう人間と関わるのは、人生の貴重な時間のムダです。

切り捨てるのが正解でしょう。

 

切り捨てることに躊躇しているなら、河野玄斗氏の文章を読んで、勇気を出してください。

 

時間は有限です。

無意味な人間に時間を使わないよう、気をつけましょう。

私も気をつけます。

 

以上、『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』(河野玄斗 著)の感想・レビューでした。

 

『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。