『百発百中』(斎藤一人さん)の感想です。

 

『百発百中』とは

『百発百中』とは、長者番付日本一で有名な、斎藤一人さんが書かれた本です。

 

私は最近、斎藤一人さんの名言にハマっており、斎藤一人さんの著書を読み漁っています。

 

今回紹介する『百発百中』は、「引き寄せの法則」を人間関係、お金、ビジネスなどに活用する方法が書かれています。

 

以下、私が『百発百中』を読んで、とくに刺さった中身を紹介します

 

スポンサーリンク



『百発百中』で刺さった内容

私が『百発百中』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『百発百中』で刺さった内容>

・お札のにおいを嗅ぐとお金が引き寄せられる

・金や物も大事にするけど人も大切にする

・苦しいのは生き方が間違っているから

 

それぞれについて、『百発百中』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



お札のにおいを嗅ぐとお金が引き寄せられる

手っ取り早くお金を引き寄せられる方法を教えました。

それは、”お札のにおいを嗅ぐ”ことです。

(中略)

自分で稼いだ現金を直接手に触れ、その波動を感じることで「また来月も稼ごう!」という気になっていました。

(中略)

財布に一万円しか入っていないより、三〇万円入っていたら三〇倍の豊かな波動が出てきます。

こういう話をすると「でも、現金をたくさん持ち歩くと落としたり、盗られたりしないか心配です」っていう人がいますが、そういう人は、それがその人のお金を持つ「器量」なんだよね。

 

『百発百中』 P16〜18より

金や物も大事にするけど人も大切にする

お金や物を大切にすることと、ケチなのは違います。

ケチがいけないのは、ケチな人って自分のことを優先するんです。

だから人から嫌われるんだよ。

ケチってお金をいくらため込んでも、心が貧しいままだと貧乏波動が出ます。

すると人も寄り付かなくなるし、なぜかお金も悪因を残して消えていくんです。

それよりも、金や物も大事にするけど人も大切にする。

相手に対してつねに「なにかしてあげたい」っていう想いがあるとそういう波動が出て、なぜかそういう人のもとには多くの人が集まり、お金も入ってくるんです。

 

『百発百中』 P21〜22より

苦しいのは生き方が間違っているから

「正当」ということは、”正しい”ということです。

正しいのにあなたが苦しいとしたら、その苦しさはずっと続きます。

でも、神はあなたを苦しめようとは絶対にしません。

やっていて苦しいとしたら、それは「間違っていますよ」ということを知らせる合図なんです。

この星は「行動の星」だから、行動してみたら自分が正しいかどうかわかります。

本当に正しいことをしていたら、必ず成功してしあわせになるんです。

世の中にはいろんな”教え”があるから、その中で自分に合うものをやればいい。

つねに、本当にしあわせかどうかが大事なの。

不幸は不幸なんだよ。

それを素直に受けとめて、「ああ、自分は未熟だったんだ」と知って、「だからこれからしあわせになるんだ」と行動を変えればいいんです。

 

『百発百中』 P37〜38より

 

スポンサーリンク



『百発百中』の感想

私が『百発百中』を読んで、とくに刺さった内容を紹介しました。

 

お札のにおいを嗅ぐとお金が引き寄せられる、

金や物も大事にするけど人も大切にする、

苦しいのは生き方が間違っているから、

 

の3つでした。

 

私は『百発百中』の中で、お金を引き寄せる方法に注目しました。

 

だって、お金が欲しいから。

 

お金を引き寄せるために、面白かったのが、「お札のにおいを嗅ぐ」ことです。

 

『百発百中』を読んで、試しに1万円札をATMで降ろしてやってみました。

 

すると、「もっとお金が欲しい!」と強く思いました。

どうやったらお金をもっと稼げるようになれるのか、脳が自然と動くのです。

 

1万円札のにおいを嗅いでから、色々とアイデアが浮かんできて、今それらを実践中です。

 

この「お札のにおいを嗅ぐ」ことの知識だけでも、『百発百中』を読む価値ありです。

 

それ以外にも、お金を引き寄せる知識が『百発百中』にたくさん書かれています。

 

興味があれば、ぜひ読んでみましょう!

 

以上、『百発百中』(斎藤一人さん)の感想でした。

 

『百発百中』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『百発百中』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。