『千年たってもいい話』(斎藤一人さん 著)の感想です。

 

『千年たってもいい話』とは

『千年たってもいい話』とは、長者番付日本一で有名な、斎藤一人さんが書かれた本です。

 

私は最近、斎藤一人さんの名言にハマっており、斎藤一人さんの著書を読み漁っています。

 

今回紹介する『千年たってもいい話』は、斎藤一人さんの講演内容を収録した本です。

 

成功の仕方、幸福になる方法、病気の治し方、そして天国に行くコツが分かる。

 

これが、『千年たってもいい話』の主旨です。

 

以下、私が『千年たってもいい話』を読んで、とくに刺さった中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



『千年たってもいい話』で刺さった内容

私が『千年たってもいい話』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『千年たってもいい話』で刺さった内容>

・幸せになるコツは望まないこと

・成功とは助けた数である

・良いことしか起こらないと信じること

 

それぞれについて、『千年たってもいい話』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



幸せになるコツは望まないこと

あのね。幸せになりたかったらね、何も望んじゃいけないの。

それから、なんにも変えようとしちゃいけないの。

わかる?なんにも望んじゃいけないの。

例えば、この指、「もうちょっと細かったらなぁ」とかさ、自分の足、「もうちょっと長かったらなあ」とかね。

「うちの姑がさ、もうちょっと小言、少なかったらなあ」とか、一切望んじゃいけない。

で、当人は望みだと思ってるの。だけど、波動的にいうと、それ、不幸なの。

不平不満を出しながら今日から明日、明後日って向かっていると出している波動とおんなじいやなことが起きるの。

だから、いやなこと、呼び寄せちゃうの。

 

『千年たってもいい話』 P25より

成功とは助けた数である

成功の仕方、幸せになったら、幸せな人生だって成功もしたほうがいいよね。うん。

「成功の仕方、どうやってやるの?」

って聞いたら、

「成功とは助けた数である」と。

自分が助けた数なの。だから、

「一人さんのおかげで助かった」

という人がいっぱいいれば成功するの。うん。

 

『千年たってもいい話』 P48〜49より

良いことしか起こらないと信じること

人に親切にしようって波動が出ている人って、なぜか人に親切にされるの。

おもしろいけどそうなんだよ。

自分が出した波動が返ってくるの。

だから、恐れている人には恐れが必ず返ってくるの。

だから、よくね、いいことがあったら悪いことがあって、いいことがあったら悪いことがあると。

いいことの次は本当はいいことしかねえんだよ

それをいいことがあって、悪いことがあってって。そう思ってるの。

話を聞くと、

「私、こんなに幸せでいいのかしら。いつか悪いことが起きるんじゃないかしら」

そんなことばっかいってるんだよ(笑)。

だから、必ず悪いこと、呼び寄せちゃうの。

ところが悪いことが起きても、

「このことからはいいことしか起きないんだ」

といってると、これがいいことに結局、転化しちゃうの。

 

『千年たってもいい話』 P88〜89より

 

スポンサーリンク



『千年たってもいい話』の感想

私が『千年たってもいい話』を読んで、とくに刺さった内容を紹介しました。

 

幸せは望まないことでやってくる、

成功とは助けた人の数である、

良いことしか起こらないと信じることで良いことが続く、

 

の3つでした。

 

幸せは望まないことでやってくる理由ですが、自分が欲しいものを望むのは、欠乏の立場に立っていることになります。

 

欠乏の立場に立った状態ですと、引き寄せの法則により、足りない状況が引き寄せられます。

 

お金がない・お金が足りない、だからお金がもっと欲しいと望むと、お金が足りない状況が引き寄せられるのです。

 

お金持ちになりたいなら、お金が無いと思わないよう努力する必要があります。

 

でも、お金を求める姿勢は重要です。

 

どうやったらお金を稼げるのか、欲からスタートするのが重要だと、斎藤一人さんは仰っています。

 

矛盾しているはなしかもしれませんが、斎藤一人さん流にいえば、自分良し・相手も良しの状態にせよとのことでしょう。

 

お金を求める欲は重要、でも、お金が無いと思わない(お金を求めない)姿勢も重要。

 

このバランスが、お金持ちになるコツなのです。

 

また、成功とは助けた人の数なので、お金を求めつつ、人助けをするよう働きましょう。

 

私は家庭教師のアルバイトをやっていますが、それなりの金額を頂いています。

斎藤一人さんの本を読んでから、値段を上げました。

 

でも、金額に見合ったサービスを提供できるよう、毎日勉強しています。

 

これで生徒が志望校に合格したら、自分良し・相手も良しの状態になれます。

 

私も斎藤一人さんの教えを自分なりに実践していますが、効果があると信じて、これからも頑張っていきたいです。

 

以上、『千年たってもいい話』(斎藤一人さん 著)の感想でした。

 

『千年たってもいい話』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『千年たってもいい話』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。