『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』(午堂登紀雄 著)のレビューです。

 

『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』とは

『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』とは、実業家の午堂登紀雄氏が書かれた本です。

 

午堂登紀雄氏の著書『やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方』が素晴らしかったので、こちらも購入しました。

 

午堂登紀雄氏は、33歳で3億円もの資産を築いた方です。

 

そんな午堂登紀雄氏が、本書にて、「貯める」「増やす」「稼ぐ」「使う」「コントロール」、5つの「お金の才能」の鍛え方を伝授してくれます。

 

以下、私が『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』を読んで、とくに刺さった中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』で刺さった内容

私が『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』で刺さった内容>

・お金を貯める才能=ローコストで満足度の高い選択をする

・成功者はストレス発散にお金を使わない

 

それぞれについて、『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



お金を貯める才能=ローコストで満足度の高い選択をする

お金を貯める才能とは、目的のないただの節約とは異なり、「ローコストで満足度の高い選択をする」ということです。

(中略)

節約と違うのは、ただ生活水準を縮小させるのではなく、より高い満足・効果を得ることを優先にし、それをローコストで実現するという点です。

ですから、高額商品を買うことを否定しませんし、他人から見てムダと思えても、自分にとっての投資的経費であれば、惜しまずお金を支出します。

 

『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』 P24〜25より

成功者はストレス発散にお金を使わない

ストレス発散のためにお金は使わない

(中略)

ストレスは発散するのではなく、発送を変えて積極的に、「解消する」という動きをしてみましょう。

つまり、ストレスのもとを断つようにするのです。

なぜなら、ストレスのもとを断たない限り、永遠にストレス発散行動をとり続けることになってしまい、精神的にも金銭的にも不健康な状態から解放されないからです。

私の周りの成功者を見ていると、ストレス発散という発想がない人がほとんどです。

要するに、ストレスが溜まらないような生活、仕事のやり方をしています。

もちろん、社会生活において、完全にストレスを断つことは難しいですが、「自分のストレスのもとはいったい何だろうか?」「そのストレスはどうすればなくなるのか?」を考えてみましょう。

往々にして、ストレスの多くは人間関係です。

他人のことで心がかき乱されて、自分のお金を使わざるを得ないというのは、あまりにもったいないことです。

そこで、私の好きな名言の一つ、作家の大谷由里子さんの言葉を紹介します。

「自分の存在価値のある仕事をしたいから、他人のことでイライラしているヒマなんてない」。

 

『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』 P67〜68より

 

スポンサーリンク



『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』の感想

私が、『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』を読んで、とくに刺さった内容を紹介しました。

 

お金を貯める才能とは、ローコストで満足度の高い選択ができること。

成功者は、ストレス発散のためにお金を使わない。

 

でした。

 

お金を貯める才能についてですが、これは、名著『となりの億万長者』でも同じことが書かれています。

 

金持ちになるためには、費用対効果に基づいてお金を使える能力が必要なのでしょう。

私も実践していますが、まだまだ修行が必要です。

 

成功者はストレス発散のために、お金を使いません。

 

サラリーマンの方は、この話を聞いて驚くのではないでしょうか。

 

会社は、負のエネルギーが充満しており、強いストレスがかかる場所です。

 

私も会社勤めをしてたとき、憂さ晴らしに外食したり、高い服を買ったりとか、散財していました。

 

それでストレスが和らいだのですが、何も残りませんでした。

無駄金だったということです。

 

成功者は、無駄になることにお金を使いません。

しかし、自分のためになることには、惜しみなくお金を使います。

だから、成功者になれるし、お金が自然と貯まるのです。

 

私も会社を辞めてから、ストレスが無くなり、ムダな出費がほぼゼロになりました。

お金も順調に貯められています。

 

午堂登紀雄氏が言う成功者には遠く及びませんが、暮らすのには不自由していません。

 

ストレス発散のために金を使うのは止めて、ストレスの元を絶つよう努力したほうが費用対効果は高いです。

 

なかなか難しい話かも知れませんが、効果はあるので、努力してみましょう。

 

以上、『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』(午堂登紀雄 著)のレビューでした。

 

『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『一生お金に困らない人生戦略 お金の才能』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。