『斎藤一人 カンタン成功法則』の読書感想文です。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則』のあらすじ・要約

『斎藤一人 カンタン成功法則』とは、全国長者番付日本一の斎藤一人氏が書かれた本です。

 

私は最近、斎藤一人氏の名言にハマっており、斎藤一人氏の著書を読みあさっています。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則』には、斎藤一人氏が成功できた、たった一つのルールが書かれています。

 

その「魔法のルール」を実践することで、あなたも一人さんアタマになれます。

 

なかなか難しいでしょうが、1割でも一人さんアタマになれたら、億万長者になれるでしょう。

 

斎藤一人氏の「魔法のルール」を、10%の出来を目指して、実践してみましょう。

 

以下、私が『斎藤一人 カンタン成功法則』を読んで、とくに刺さった中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



『斎藤一人 カンタン成功法則』で学んだ内容

私が『斎藤一人 カンタン成功法則』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『斎藤一人 カンタン成功法則』で刺さった内容>

・自己犠牲の精神はダメ

・人の役に立ったときにお金が入ってくる法則

・他人の問題は他人の問題(課題の分離)

 

それぞれについて、『斎藤一人 カンタン成功法則』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



自己犠牲の精神はダメ

小我のもうひとつのタイプは「私はいいのよ・・・」と自分を犠牲にする人です。

(中略)

このタイプの人は、自分が遠慮したり、ガマンすることを、「いいこと」だと思っているふしがあります。

「自分さえガマンをすれば、うまく回っていく」

「他の人が、幸せになれば、私はそれでいい」

(中略)

声を大にして言いたいのですが、この考え方は「まちがい」です。

神は自己犠牲を嫌います。

地球上のすべての人間が「神の子」です。

神は、地球上の「みんな」を幸せにしたい。

その「みんな」の中に、あなたも、もれなく含まれます。

だから、「自分」を抜いたものは、「みんな」ではありません。

自己犠牲は、神の望むことではないのです。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則』 P20〜21より

人の役に立ったときにお金が入ってくる法則

さて、「私はいいのよ・・・タイプ」の人で、「私はずっとお金に困ってきた」という人がいます。

この手の人は、こんな口グセがありませんか?

「私は人が喜んでくれれば、お金はもらわなくてもいい」。

しかし、この口グセがまちがっているのです。

(中略)

この世には、「人の役に立ったとき、お金が入ってくる」という法則があります。

言ってみれば、お金の額は「どのくらい役に立ったか」というバロメーターのようなもの。

人の役に立てば、その人のところにお金が入ってくる。

これが「自然の流れ」です。

ところが、あなたが、お金が入ってくることを遠慮したり、断ったりすると、「自然の流れ」に逆らうことになります。

(中略)

お金は「汚いもの」ではありません。

人を幸せにしてくれる「すばらしいもの」です。

それを拒否するような言い方をするのは、おかしなことです。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則』 P57〜59より

他人の問題は他人の問題(課題の分離)

「あのね、人のことは変えられないんだよ。知り合いがそのことで悩んでいても、それは知り合いの修行なの。あなたが悩むことじゃないんだよ」。

(中略)

「人のことまで心を痛めて考える私って、いい人でしょう?」と思っているかもしれません。

しかし、自分がやらなければいけないのは、自分を幸せにすることです。

あまり知られていませんが、私たちは、「ある修行」を神さまからもらっています。

それは・・・、「人のことであまり悩んではいけない」という修行です。

この世で、まっさきに幸せにしなきゃいけないのは、「自分」です。

家族や友だちが少しぐらい不幸でも、それは、その人の修行です。

あなたは自分の修行を乗り越えて、幸せになればいい。

そして、あなたが幸せになったとき、その「やり方」を、周りの人に教えてあげる。

それが神の望む「大我」の道です。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則』 P144〜145より

 

スポンサーリンク



『斎藤一人 カンタン成功法則』の感想

私が『斎藤一人 カンタン成功法則』を読んで、とくに刺さった内容でした。

 

自己犠牲の精神は良くないこと。

お金は人の役に立つことで入ってくること。

他人の問題は他人の問題なので、自分の幸せを第一に考えること。

 

の3つです。

 

まずは、自分の幸せを第一に考えましょう。

自分を満たせないと、他人も満たせません。

 

自分のコップの水を満たして、溢れた部分を人に分け与えるのです。

 

このコップ理論は、多くのビジネス書に書かれています。

 

自己犠牲の精神は「悪」なので、絶対に止めるべきです。

 

また、お金を追い求めることで、人の役に立てます。

お金を追い求めることは、悪ではないのです。

 

たくさんのお金を手に入れて自分を満たせば、それは多くの人の役に立てたことと同じなのです。

 

もちろん、マルチ商法(詐欺)のように、他人を欺いて金をだまし取るのはダメです。

 

心が満たされるようなかたちで、お金を追い求めましょう。

 

私は、家庭教師のアルバイトでそれを実践しています。

講習会とかテキスト代とか、塾がやっている悪質な商売は一切やっていません。

 

明朗会計で、安く、質の高い教育を提供できるよう努力しています。

 

おかげさまで、申込みが殺到しており、家庭教師のアルバイトだけで暮らせるまでになりましたよ。

 

斎藤一人氏の教えは非常に使えるので、興味があれば斎藤一人の著書を読んでみましょう。

 

以上、『斎藤一人 カンタン成功法則』の読書感想文でした。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『斎藤一人 カンタン成功法則には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。