『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』(西村博之 著)の感想です。

 

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』とは

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』とは、2ちゃんねる開設者の西村博之氏が書かれた本です。

 

Web2.0に隠された真実を、西村博之が『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』で解説されています。

 

以下、『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』を読んで、刺さった内容を紹介します。

 

スポンサーリンク



『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』で刺さった内容

私が『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

 

スポンサーリンク



表面的に物事を見て解決しようとしても無駄

さて、2ちゃんねるというのは僕が個人でやっているものなので、僕が辞めたりすると”2ちゃんねる”というものはなくなると思うのですね。

それは、僕が運営する”2ちゃんねる”がなくなるだけであって、人がいろいろなことに対して会話をする場所というものは、名前を変えてまた別のものが生まれると思います。

人々が自由に情報交換することを良いことだと思わない人たちにとっては、こういった2ちゃんねるのようなものは存在しないようにしたいと考えているんじゃないかと思うんですが、需要のあるものを規制するのはなかなか難しいと思うのですよ。

表面的に禁止したとしても、新しい問題が出てしまうだけだと思ったりします。

たとえば、昔の中国は農家が多かったのですが、スズメがお米を食べちゃうのですね。

そこで毛沢東という中国の偉い人が「スズメ撲滅運動」ってのをはじめました。

中国中のスズメを絶滅させてしまえば、お米の被害が減るんじゃないかと思ったわけです。

「スズメ撲滅運動」の結果、スズメが減って、スズメによる被害は減りました。

でも、スズメは外注も食べたりする生き物なのですが、天敵のいなくなった害虫が増えて、お米の収穫量はもっと減ってしまったのです。

最終的には、食糧不足で何万人もの餓死者が出たそうです。

表面的に物事を見て、解決させようとしても、何もいいことがなかったという例ですね。

 

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』 P252〜253より

 

スポンサーリンク



『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』の感想

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』は、技術者向けの本であると言えます。

 

内容が非常に難解で、技術者でないと理解するのが難しいと思います。

 

ITの知識に自信のある方は、『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

以上、『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』(西村博之 著)の感想でした。

 

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。