『作家の収支』(森博嗣 著)(幻冬舎)の感想です。

 

『作家の収支』とは

『作家の収支』とは、『すべてがFになる』が有名な、作家の森博嗣氏が書かれた本です。

 

森博嗣氏は、19年間で280冊の本を書き、総発行部数1400万部、総収入15億円を稼ぎ出した偉人です。

 

そんな森博嗣氏が、『作家の収支』にて、作家業がどのようにして儲かるのかを、包み隠さずすべて公開しています。

 

森博嗣氏は、国立大学の理系学部の准教授をされていた方です。

 

ゆえに、『作家の収支』は、理系らしく、数字を交えて客観的に事実が書かれています。

 

以下、私が『作家の収支』を読んで、とくに刺さった中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



『作家の収支』で刺さった内容

私が『作家の収支』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『作家の収支』で刺さった内容>

・売れっ子作家の時給は5万円

・印税は作家によって異なる

・文庫の解説は文章量に関係なく10万円程度

 

それぞれについて、『作家の収支』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



売れっ子作家の時給は5万円

僕は、キーボードを叩いて文章を書く。

1時間当たりに換算すると6000文字を出力できる。

(中略)

6000文字というのは、原稿用紙にして約20枚なので、1枚5000円の原稿料だと、この執筆活動は、時給10万円になる。

ただし、書けば即完成原稿かというと、そうはいかない。

手直しをする必要があるし、また印刷のまえにゲラ(校正用の試し刷り)のチェックもしなければならない。

したがって、ほぼこの半分くらいになると考えてもらって良い。

それでも、時給5万円というのは、数字だけ見れば、もちろんとても良い条件だと思われる。

(中略)

1冊の本に収録されている長編小説は、原稿用紙で400枚〜600枚程度の場合が多い。

つまり、その長編1作を雑誌に連載すると、だいたい200万円〜300万円の原稿料になる。

したがって、小説雑誌などに掲載してもらえるのならば、長編を1年に1作書けば、最低限の生活には困らない収入が得られることになるだろう。

 

『作家の収支』 P27〜29より

印税は作家によって異なる

印税というのは、法律などで額(あるいは比率)が決まっているものではないらしい。

普通の書籍の場合は、僕が聞いた範囲では、印税率は、本の価格の8%〜14%の範囲であり、僕自身が経験したのは、最低が10%で最高が14%だった。

 

『作家の収支』 P33より

文庫の解説は文章量に関係なく10万円程度

文庫の解説は、その一文に対して普通は10万円程度の原稿料が設定されている。

不思議なことに、これは文章量には関係なく定額である。

(中略)

書くまえにその作品を読まなければならない。

雑誌や単行本のときに読んだものなら良いが、読んでいないものなら時間がかかる。

それに、批判をするわけにいかない。

その作品、あるいは作家を引き立てる内容を書く必要があって、これがなかなかなストレスになるだろう。

(中略)

正直な人間には辛い仕事ともいえる。

 

『作家の収支』 P73〜74より

『作家の収支』の感想

私が『作家の収支』を読んで、とくに刺さった内容を紹介しました。

 

作家業は、かなり儲かる仕事であることが、上の『作家の収支』の引用文からも分かります。

 

まあこれは、売れっ子作家である森博嗣氏の場合に関しての話です。

 

日本に何万人もいる小説家のほとんどが、稼げていないらしいです。

が、成功すれば非常に稼げることが、『作家の収支』を読めば分かります。

 

有名になれれば、1年間に1冊本を出すだけで、生活できてしまいます。

非常にラクですよね。

 

が、そこまでになるには、相当な努力が必要で、努力が報われる保証はありません。

 

ブログも同じですね。

どの世界も、甘くはないということです。

 

ま、それでも、ブログは続ければ、そこそこ稼げるようにはなれるはずです。

 

毎日記事を書き続けて、いつかブログだけで生活できるよう、私はこれからも気楽に続けていくつもりです。

 

以上、『作家の収支』(森博嗣 著)(幻冬舎)の感想でした。

 

『作家の収支』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『作家の収支』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。