『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』(曽野綾子)の感想です。

 

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』とは

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』とは、作家の曽野綾子氏が書かれた本です。

 

「小さな親切大きな迷惑」が、本書のテーマです。

 

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』は、曽野綾子氏の人生観を交えて、

「小さな親切大きな迷惑」である理由が深く書かれています。

 

曽野綾子氏のファンは、必読の一冊です。

 

以下、私が『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』を読んで、とくに刺さった文章を紹介します。

 

スポンサーリンク



『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』で刺さった内容

私が『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』で刺さった内容>

・金がないことの辛さ

・強い人間は正視し調べ分析する

 

それぞれについて、『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



金がないことの辛さ

或る日、私は僅かな金を友人に貸した。

決して悪気ではなく、彼女はその金を貸してもらったことを忘れてしまった。

(中略)

その結果どうなったか。

その友人は昔から親しい人で、私にとっては大切な存在だったにも拘わらず、私は彼女に微かなウラミを持った。

たまにそれくらい、出してあげることになってもいいのだ、と理性では思えても、感情としてはそう考えられなかった。

そして、私はそのような自分が悲しかった。

わずかこれっぽっちのお金のことで・・・と私は自分がみじめに思えてならなかった。

私が、金はあった方がいい、と思うのは、その時のことを思い出すからである。

特別に偉大な人間でない限り、金はあってもなくても人間を縛る。

金のありすぎる人は、金の管理に多大の時間と心理と労力を割かねばならないであろう。

と同時に、金がなさすぎると、僅かな心理も増幅して感じるようになる

相手としては返すのを忘れただけなのだが、そのことが自分をバカにしているように思われたり、不当なウラミになったりする。

 

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』 P47〜48より

強い人間は正視し調べ分析する

男でも女でも、かっとなる人はまず弱い人である。

かっとなった時に人間は攻撃的になり、あたかも強者の如く見える。

しかしそれはヒステリー以外の何ものでもない。

弱い人間は正視し、調べ、分析するのを恐れる。

自分自身もその対象にされて分析されるのを恐れるからである。

しかし本当に強ければ、怒る前にまず対象に関する冷静なデータを集め始める。

その対象が好きか嫌いか、などということはずっとずっと後のことでいい。

好くにも嫌うにも、認めるにも拒否するにも、まず知ることである。

 

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』 P63〜64より

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』の感想

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』のテーマは、「小さな親切大きな迷惑」です。

 

上で紹介した私が刺さった文章は、そこに触れていませんが、詳しくは本書をお読み下さい。

 

私は、自分が成長できる気づきを得られる文章を紹介したいので。

 

今回紹介したのは、金がないことの辛さと、強い人間の特徴です。

 

金がないことの辛さは、私も分かっているつもりです。

 

ホステス狂いをして多重債務者となった父を持ち、危うく大学に行けなくなりかけたこと。

 

30代年収300万円以下の、東証一部上場のIT企業(ブラック企業)にて、お金で嫌がらせをたくさん受けたこと。

車を当て逃げされて、ボーナスが全てなくなったこと。

 

ニュースキンとアムウェイにハマり、素寒貧になったこと。

 

そして、副業で商売をやって成功し、人並みの貯金を手に入れたこと。

商売をするなかで、お金は人を幸せにすることを学んだこと。

 

など。

私は、金の良し悪しを色々学んできたつもりです。

 

その過程で、心が強くなりました。

 

上の『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』に書かれているとおり、正視し分析できるよう成長したつもりです。

 

商売をやる前は、不快な出来事にすぐキレて、不平不満・愚痴・妬みの言葉を吐き出すバカ人間でした。

 

お金が私を成長させてくれました。

 

そして、『となりの億万長者』を読んで節約に目覚めたおかげで、セミリタイアできました。

 

これからも、お金と上手につき合い、穏やかな日々を過ごしていきたいです。

 

以上、『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』の感想でした。

 

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。