『40代にしておきたい17のこと』(本田健)の感想です。

 

『40代にしておきたい17のこと』とは

『40代にしておきたい17のこと』とは、『ユダヤ人大富豪の教え』で有名な、実業家で作家の本田健氏が書かれた本です。

 

『40代にしておきたい17のこと』は、タイトルのとおり、40代でやっておきたいことが、17つにまとめられた本です。

 

17つを一覧にするために、『40代にしておきたい17のこと』の目次を紹介します。

<『40代にしておきたい17のこと』の目次>

はじめに
40代という「新たな旅立ち」

1.できること、できないことを見分ける
・40代でできること、できないこと
・得意なことと不得意なことを見直す
・大事なことにフォーカスする
・他人の評価に振り回されない

2.自分史を書いてみる
・これまでの人生に向き合う
・自分とは誰なのか?
・家族、一族、自分の過去を見る
・一人の人間の生き方を決める
・人生の棚卸しをする
・平凡な自分を受け止める

3.60代、70代のメンターに教えを請う
・先を行きている人から学ぶ
・自分の可能性を教えてもらう
・メンターになって、若い人に教える

4.先立つ後悔をいましておく
・死ぬときに後悔する10のこと
・20代にやりたかったことを書き出す
・ワクワクすることを思い出す
・できない言い訳と対峙する

5.健康と時間を資産だと考える
・人生でもっとも大切なもの
・健康と時間という資産
・健康と時間を負債にしてはいけない
・健康と時間に投資する

6.お金とどうつき合うかを決める
・お金とのつき合い方は3種類しかない
・収入と支出、資産と負債について学ぶ
・お金に支配されない生き方
・お金の流れを大きくするには?
・複数の収入をもつ

7.ノーと言う勇気をもつ
・何にイエスと言うかで人生は決まる
・自分を抑え込まない
・ふだんの役割を手放す
・絶対に大切なことは?
・「まぁ、いいか」を追放する

8.世界に自分が何を残せるかを考える
・あなたにとって、仕事の意味は?
・自分の情熱に正直に生きる
・奉仕する喜びは、幸せの源
・自分が生きた証を残す

9.自分のサンクチュアリをもつ
・一人になれる場所
・自分を積極的に見る習慣
・騒音をシャットアウトして心の声を聞く

10.家族とつながる最後の10年を大切にする
・いま何を優先しなければならないか
・元気なうちに親戚とも会っておく
・人とのつながりが、幸せをもたらす
・家族、友人との思い出を意図的につくる

11.パートナーシップと向き合う
・幸せの意味を教えてくれる人
・パートナーの人生、自分の人生
・愛情の種類の違いを知る
・パートナーとの関係を見直す
・友人との時間を大切にする

12.新しいことに挑戦する
・仕事以外で楽しめることを探す
・まったく経験がないことにワクワクする
・趣味を仕事にする可能性も考えてみる

13.現在の人生の中にある祝福を数ええる
・あなたの人生にあるすばらしいもの
・幸せは、ふとしたときに気づくもの
・いまの人生の問題の先にあるギフトは?
・感謝が、次の幸せを呼ぶ

14.手が届く夢をかなえる
・あなたがずっとやりたかったことは?
・実現可能な夢を書き出す
・とにかく一つ夢をかなえてみる

15.絶対にあきらめない
・夢を生きる人、あきらめる人
・夢をあきらめた人のサンプルを見ておく
・自分の可能性と未来を信じる

16.正しいことよりも楽しいことを選択する
・日常的に楽しいことは?
・苦しい状況でも楽しむことはできる
・プラスとマイナスを統合する
・楽しいことと正しいこと

17.人生の意味を見出す
・自分が生まれたことを祝福できるか
・自分の中にわき起こる感情に気づく
・新たな人生への道

おわりに
人生の目的は、ただ楽しむこと

 

以下、私が『40代にしておきたい17のこと』を読んで、とくに刺さった文章を紹介します。

 

スポンサーリンク



『40代にしておきたい17のこと』で刺さった内容

私が『40代にしておきたい17のこと』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『40代にしておきたい17のこと』で刺さった内容>

・自分の得意なこと不得意なことを認識する

・イヤなことには「ノー」と絶対に言うこと

 

それぞれについて、『40代にしておきたい17のこと』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



自分の得意なこと不得意なことを認識する

自分の得意なこと、不得意なことを40代で見直しておくと、これからあとの人生を楽しく生きられるのではないかと思います。

「得意なこと」とは、他の人に比べてあまり努力することなく、うまくできること。

「不得意なこと」とは、努力してもなかなかできないことです。

40代になったら、努力してもできないことは、潔くばっさりと捨ててしまうのも一つです。

いつまでも、不得意なことをして不幸になっている時間はありません。

 

『40代にしておきたい17のこと』 P21より

イヤなことには「ノー」と絶対に言うこと

イエスとノーをはっきり言えない人は、「人生を変えたい、自分を変えたい」と願っても、変わることができません。

特に、イヤなことに対してノーを言えず、イエスと言ってしまったら、変わるどころか、自分が行きたくないほうへと、どんどん流されていってしまいます。

結婚を決めるとき、就職するとき。

好きでもない人(会社)にノーと言えなかったら、どうなるでしょう。

ノーと言えないまま、結婚(就職)し、そのまま時間が過ぎていく・・・。

後々これでよかったと思えたら救われますが、「本当はイヤだったのに。別の人(会社)だったら・・・」という気持ちが捨てきれなかったら、悔いが残るでしょう。

イヤなことにイエスと言ってはいけないのです。

どんなに言いにくくても、イヤなことにはノーと言う。

そこから、あなたの幸せな人生が始まります。

 

『40代にしておきたい17のこと』 P87より

『40代にしておきたい17のこと』の感想

『40代にしておきたい17のこと』は、40代の人に向けて書かれた本です。

 

私は現在、35歳です。

なので、本田健氏の著書『30代にしておきたい17のこと』の方がピッタリなのでしょう。

 

しかし、あとたった5年で、私も40歳に突入します。

というか、もうアラフォーなので、『40代にしておきたい17のこと』は読んだ方が良いと思い、購入しました。

 

得意なことと不得意なことを認識し、得意なことに注力する。

イヤなことを「ノー」といい、やりたくないことをやらない。

 

この二つをやるだけでも、幸せな40代を過ごせるのでしょう。

 

私は昨年、東証一部上場のIT企業を辞めました。

 

この会社で、仕事を1年近く与えられず放置され、最低評価の人事評価を一方的に付けられるパワハラを受けました。

 

そして、それを人事部に訴えたら、逆に圧力をかけられ、会社を追い出されました。

 

今は、ブログと家庭教師のアルバイトで生計を立てています。

 

サラリーマンは私には無理でしたが、どちらも、ブログと家庭教師のアルバイト何だかんだ言って続けられています。

 

つまり、自分に合っている仕事だということです。

 

サラリーマンはの仕事は、不得意でイヤなことなので、私はもう二度とやりません。

 

ブログと家庭教師のアルバイトで、何とか食べていけるよう、精進していきたいですね。

 

以上、『40代にしておきたい17のこと』(本田健)の感想でした。

 

『40代にしておきたい17のこと』はアマゾンにて、中古本が安く買えますよ。