『そのお金のムダづかい、やめられます』(菅原道仁)の感想です。

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』とは

『そのお金のムダづかい、やめられます』とは、脳神経外科医である菅原道仁先生が書かれた本です。

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』には、脳のメカニズムのアプローチから、節約するテクニックが多数書かれています。

 

菅原道仁先生によると、次のうちの1つでも当てはまる人は、

脳に「無駄づかいグセ」がついている可能性があるそうです。

↓↓↓↓

「給料日前はやりくりが苦しい……給料日までガマンガマン……」

「お金は貯めたいけど、なかなか目標通りに貯金できない」

「あと○○円で送料が無料になるけど、必要なものはあったっけ?」

「ついお財布にポイントカードが溜まっていく」

「買った本は、おもしろくなくても、最後まで読むべき」

 

私の場合、最後の「買った本は、おもしろくなくても、最後まで読むべき」 が当てはまります。

本当は損切りして、次の本に行くのが正解です。

でも、読まなきゃ損と固執して、時間を無駄遣いしてしまうことがよくあります。

 

こういうクセが積もりに積もって、金を無駄遣いするようになるのでしょうね。

 

節約できず悩んでいる人は、『そのお金のムダづかい、やめられます』を読んでみましょう。

 

以下、私が『そのお金のムダづかい、やめられます』を読んで、とくに刺さった文章を紹介します。

 

スポンサーリンク



『そのお金のムダづかい、やめられます』で刺さった内容

私が『そのお金のムダづかい、やめられます』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『そのお金のムダづかい、やめられます』で刺さった内容>

・衝動買いをする脳内メカニズム

・マスコミは「ハロー効果」を駆使して消費意欲を煽っている

・自己顕示欲を満たすための散財には際限がない

 

それぞれについて、『そのお金のムダづかい、やめられます』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



衝動買いをする脳内メカニズム

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』 P43より

マスコミは「ハロー効果」を駆使して消費意欲を煽っている

このように、「ランキング1位」のような目立ちやすい特徴に影響されて、他の条件を簡単に変えてしまう脳のクセを、「ハロー効果」といいます。

(中略)

この「ハロー効果」を多用しているのが、テレビCMや雑誌の広告です。

以前、ある消費者金融が、可愛いチワワが男性をじっと見ているCMを流していたことがあります。

(中略)

ここでは、「ハロー効果」を使って、「お金を借りる」ということへの心理的なハードルを下げ、企業イメージを上げているのです。

この手法は、広告業界が古くから経験的に使ってきたもので、「3B(Beauty<美人>、Baby<赤ちゃん>、Beast<動物>)を使うと注目されやすく好感を持たれやすい」といわれています。

だからお茶のCMに美人女優やイケメン俳優が登場したり、車のCMに可愛い赤ちゃんやよく出てきたり、通信会社のCMに愛らしい動物が登場したりするのです。

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』 P53より

自己顕示欲を満たすための散財には際限がない

どんなにお金をかけても、心の不安は取り除けない

自己顕示欲が強くなるのは、自分に自信がない証拠です。

そのままの自分を肯定できていれば、アピールする必要はないでしょう。

どんなに他人がすごくても、自分の価値は変わりません。

自然体のままで、ちゃんと評価を得られるものです。

自信がないから、黙っていては誰も注目してくれないと考える。

認めてくれないと感じます。

それで、自分に付加価値をつけようとして、必死に着飾ったり、誰よりも早く新製品を手に入れようと躍起になって散財するのです。

自己顕示欲を満たすための散財には、際限がありません。

どんなにお金をかけて、「自分ってすごい」と思えても、次の瞬間にはその栄光は過去のものになってしまいます。

すると、次の栄光を手に入れるためには、より多くのお金や時間をかけるしかないのです。

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』 P78〜79より

『そのお金のムダづかい、やめられます』の感想

以上、私が『そのお金のムダづかい、やめられます』を読んで、とくに刺さった内容でした。

 

金はたくさんあるに越したことはありません。

 

しかし、高収入でも、使ったらそれで終わりです。

逆に、収入が少なくても、節約すればそこそこ溜まります。

 

私は会社を辞める前に節約に励んだおかげで、今こうして、セミリタイアできています。

 

副業で商売をやって稼いだお金を無駄遣いしなかったのが、功を奏しました。

 

節約をすると、時間の自由を手に入れられます。

イヤな労働から解放され、ストレスの少ない生活が手に入ります。

 

自己顕示欲に負けないよう、これからも節約に励んで行きたいと、『そのお金のムダづかい、やめられます』を読んで思いました。

 

以上、『そのお金のムダづかい、やめられます』(菅原道仁)の感想でした。

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『そのお金のムダづかい、やめられます』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。