『その日のまえに』(重松清)の読書感想文です。

 

『その日のまえに』のあらすじ

『その日のまえに』とは、作家の重松清氏が書かれた本です。

 

『その日のまえに』は、序盤が短編小説で、個別の物語が後半にひとつに収束していきます。

 

『その日のまえに』は、家族の死をテーマにした小説です。

ガンに蝕まれ、消えゆく命を前にして、何ができるのか。

 

死にゆく妻を見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集、です。

 

以下、私が『その日のまえに』を読んで、とくに刺さった内容を紹介します。

 

スポンサーリンク



『その日のまえに』で刺さった内容

私が『その日のまえに』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

 

スポンサーリンク



おとなしい子は人をびっくりさせる行動に出る

反抗的ばわけではないが、無口で、感情が態度から読み取れないので、教師のほうがなんとなく気をつかってしまい、微妙に扱いづらい。睦美をそういうタイプの生徒だった。

ぷくさんが武口と会った翌日—夜九時を回って、突然訪ねてきた。

おとなの世界では、いささか非常識ではある。

だが、二十年の教師生活で、ぷくさんは知っている。

おとなしい子にかぎって、いきなり教師をびっくりさせるような行動に出ることがある。

前触れをうまくにおわせることが苦手で、いったん気持ちを固めたらまわりが見えなくなってしまうのだ。

 

『その日のまえに』 P71〜72より

『その日のまえに』の感想

『その日のまえに』は、家族の死を扱っているだけあって、シリアスな内容です。

 

私の場合、父親は死んでくれて構わないけど、母は死んでは困ります。

まだまだ親孝行をしたいですから。

 

『その日のまえに』は、ガンで家族が亡くなるパターンで話が進みます。

 

二人に一人がガンになる時代です。

しかし、今はガンの治療法が進んでおり、簡単には死にません。

 

それでも、ガンになったらヤバいので、ならないようにしたいです。

 

ガンは、糖質を唯一の栄養源とします。

だから、ガン予防に糖質制限ダイエットをするべきです。

 

糖質制限ダイエットをすると、みるみる痩せていきます。

私は半年前に体重が70㎏ありましたが、今は57㎏(身長173㎝)にまで減りました。

 

糖質制限ダイエットは、ガンを予防できるだけでなく、スリムな体型も手に入り一石二鳥です。

 

『その日のまえに』を読んで、ガンのヤバさを実感したら、ぜひ糖質制限ダイエットにチャレンジしてみてください。

 

以上、『その日のまえに』(重松清)の読書感想文でした。

 

『その日のまえに』はAmazonにて、中古の文庫本が安く買えますよ。

 

『その日のまえに』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonでの購入がオススメです。