『稼ぎたければ働くな』(山田昭男)の感想です。

 

『稼ぎたければ働くな』とは

『稼ぎたければ働くな』とは、未来工業創業者の山田昭男氏が書かれた本です。

 

未来工業は、超絶ホワイト企業として有名ですよね。

年間休日140日、残業禁止、育児休暇3年、ホウレンソウ禁止など、他者ではあり得ない福利厚生がたくさんあります。

 

それでも、未来工業は、すぐれた業績をあげ続けています。

 

『稼ぎたければ働くな』には、山田氏の「仕事の哲学」がまとめられています。

 

会社に不満を感じている人、未来工業に興味がある人にとって、必読の一冊だと言えます。

 

以下、私が『稼ぎたければ働くな』を読んで、とくに刺さった内容を紹介します。

 

スポンサーリンク



『稼ぎたければ働くな』で刺さった内容

私が『稼ぎたければ働くな』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『稼ぎたければ働くな』で刺さった内容>

・未来工業は残業禁止+残業代が給料に上乗せされる

・”泥棒”社員を信じるから社員は頑張る

・マイナスの空想が浮かんだときの対処法

 

それぞれについて、『稼ぎたければ働くな』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



未来工業は残業禁止+残業代が給料に上乗せされる

だから私はタイムレコーダーを廃止して、残業を禁止した。

(中略)

それだけでなく、残業を禁止した代わりに、残業代の一、二時間分を給料に上乗せして、ほかの会社より多めの給料を払うことにした。

世の中には残業しても残業代をケチって払わない会社が多いが、私に言わせれば大バカである。

そんな会社で社員が一生懸命働くはずがない。

うちは残業をなくして、それでも残業代を払う。

そんな会社はほかにないもんだから、社員はますます感謝して会社のために働くようになる。

だから儲かる。

簡単な理屈である。

 

『稼ぎたければ働くな』 P52〜53より

“泥棒”社員を信じるから社員は頑張る

ついてもいないのに「嘘をつくな」と言われると、信頼されていないという気持ちがよけいに強くなる。

一方で「だましていいぞ。いくらでも嘘をついていい」と言われると、自分を信頼してくれているように感じて悪い気はしない。

「口では『だませ、だませ』と言いながら、心では自分たちのことを信頼してくれているんだな。だったら、その信頼を裏切っちゃいけない」と思うからだ。

社長は働く社員を喜ばせてやらなければいけない。

“泥棒”社員にサービスするのも社長の役目だ。

とにかく、どんな相手でも信じるところから始めよ。

そうすれば、誰でもみなやる気を出してがんばるようになる。

 

『稼ぎたければ働くな』 P59より

マイナスの空想が浮かんだときの対処法

人は百人いれば百人、自分が経験してもいないことをマイナスに空想したがる。

そしてビビって現状に留まっている。

現状とは、九十七%の会社が留まっている「儲からない状態」のことだ。

能力のない人間はやたらとマイナスの空想をする。

空想するから稼げなくなる。

そもそもビジネスはみな経験則でできているはずだ。

経営は空想ではなく、経験に基づいて行うものだ。

だから経験そのものをたくさんすべきなのである。

にもかかわらず、なぜ経験する前に空想するのだろうか。

マイナスの空想が浮かんできたら、必ず一度自分に問うてほしい。

あなたは「それ」を実際に経験したのか?

「それ」は本当に起きることなのか?

そうすれば、いかに自分がマイナスの空想にとらわれていたのかがわかるだろう。

 

『稼ぎたければ働くな』 P104より

『稼ぎたければ働くな』の感想

未来工業は、社員をとことん信頼する会社です。

 

私は東証一部上場のIT企業に7年間いましたが、この会社は、性悪説に基づいた人事制度でした。

 

社員をとことん信頼せず、いかにして社員を安くこき使って搾取するかしか考えていませんでした。

 

これに腹を立てた同期は、どんどん辞めていきました。

7年間で約6割の社員が転職していきました。

 

あなたも、『稼ぎたければ働くな』を読んで、いまの会社が嫌になったら転職しましょう。

 

今は景気が良く、転職市場が売り手市場なので、転職は難しくないはずです。

 

マイナビ転職はホワイト企業揃いだそうなので、登録だけでもしたらいかがでしょうか?

 

マイナビ転職のリンクを貼っておきます。

 



参考までに。

 

以上、『稼ぎたければ働くな』(山田昭男)の感想でした。

 

『稼ぎたければ働くな』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『稼ぎたければ働くな』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonがオススメです。