『結婚一年生』(入江久絵)の感想です。

 

『結婚一年生』とは

『結婚一年生』とは、イラストレーターの入江久絵氏が書かれた本です。

 

「お金」・「健康」・「マナー」・「家事」など、結婚生活ではさまざまな知識が必要です。

 

『結婚一年生』では、これらのテーマについて、専門家の意見がまとめられています。

 

イラスト形式で分かりやすく書かれているので、サクサク読めました。

 

以下、私が『結婚一年生』を読んで、とくに刺さった内容を紹介します。

 

スポンサーリンク



『結婚一年生』で刺さった内容

私が『結婚一年生』を読んで、とくに刺さった内容は、以下のとおりです。

<『結婚一年生』で刺さった内容>

・家を買うと莫大な額の金がかかるデータ

・医療費控除の詳細について

・消費期限と賞味期限のちがい

 

それぞれについて、『結婚一年生』の中身を紹介します。

 

スポンサーリンク



家を買うと莫大な額の金がかかるデータ

 

『結婚一年生』 P29より

医療費控除の詳細について

 

『結婚一年生』 P69より

消費期限と賞味期限のちがい

 

『結婚一年生』 P158より

『結婚一年生』の感想

結婚すると、めちゃくちゃ金がかかります。

 

とくに家・子供の養育費は、億単位の莫大な額がかかるそうです。

 

上の『結婚一年生』の中身を見れば、家を買うと、ものすごくお金がかかることが分かりますね。

 

私は生涯独身を貫くつもりです。

家も、築60年の叔父の家に、将来住む予定です。

 

が、結婚についての知識もあって損はないと思ったので、今回『結婚一年生』をしました。

 

『結婚一年生』は、結婚生活に必要な知識がイラスト形式で分かりやすくまとめられています。

 

『結婚一年生』は、結婚予定の方にとって、必須の本だと思いました。

 

以上、『結婚一年生』(入江久絵)の感想でした。

 

『結婚一年生』はAmazonにて、中古本が安く買えますよ。

 

『結婚一年生』には電子書籍であるKindle版もあるので、Amazonがオススメです。