『年収150万円一家』(森川弘子 著)の感想です。

 

『年収150万円一家』とは

『年収150万円一家』とは、イラストレーターの森川弘子氏が書かれた本です。

 

『年収150万円一家』は、コミック本です。

 

森川弘子氏の家庭は、夫はSF作家で、妻はイラストレーターです。

仕事は不定期、収入が不安定な状況です。

 

しかし、森川弘子氏は、そんな貧乏で惨めな状況を楽しんでいることが、『年収150万円一家』を読んで感じました。

 

『年収150万円一家』には、少ない収入でも豊かに暮らせるテクニックがたくさん書かれています。

 

会社を辞めたい人、節約したい人は、『年収150万円一家』を読んでみましょう。

合わせて、節約のマインド本のバイブル『となりの億万長者』もお忘れなく。

 

以下、私が『年収150万円一家』を読んで、とくに刺さった内容を紹介します。

『年収150万円一家』で刺さった内容

私が『年収150万円一家』を読んで、とくに刺さった内容を紹介します。

 

以下、『年収150万円一家』の画像です。

 

スポンサーリンク



 

 

『年収150万円一家』 P10〜11より

『年収150万円一家』の感想

『年収150万円一家』を読むと、しみったれた貧乏生活をしているなと感じます。

 

これを「惨めな生活」と感じるなら、マネしないほうがよいです。

 

重要なのは、収入が少ない状況を楽しむことです。

 

森川弘子氏のように、収入が少ない家庭でも、工夫次第で豊かな生活ができます。

 

思いっきり節約したいなら、しみったれた貧乏生活は避けて通れないでしょう。

 

となりの億万長者』を読むと、億万長者はかなり質素な暮らしをしていることが分かります。

 

『年収150万円一家』は、ハイレベルな質素な暮らしのテクニックが書かれています。

 

会社を辞めたい人、お金を貯めたい人は、『年収150万円一家』を読む価値ありです。

 

ぜひ一度、『年収150万円一家』を読んでみましょう。

 

以上、『年収150万円一家』(森川弘子 著)の感想でした。

 

『年収150万円一家』はAmazonにて、中古本が安く買えます。

 

『年収150万円一家』には電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『年収150万円一家』のAmazonの販売ページです。