『私のウチにはなんにもない。2 なくても暮していけるんです』(ゆるりまい 著)の感想です。

 

『私のウチにはなんにもない。2』とは

『私のウチにはなんにもない。2』とは、「なんにもないぶろぐ」まいさんの片づけ整理術 で有名なゆるりまい氏が書かれたマンガです。

 

ゆるりまい氏の本として、前回『わたしのウチには、なんにもない。』を紹介しました。

 

わたしのウチには、なんにもない。』は、捨てるノウハウが書かれています。

 

その続編の『私のウチにはなんにもない。2』は、整理術が書かれています。

 

片づけのカリスマの、こんまりさんは著書『人生がときめく片づけの魔法』で、片づけの手順は「捨てる→整理」が鉄則だと仰っています。

 

もしあなたが、まだ「捨て」のフェーズを終えていないなら、先にそちらをやってください。

 

人生がときめく片づけの魔法』と『わたしのウチには、なんにもない。』に、捨てるテクニックが書かれています。

 

では、私が『私のウチにはなんにもない。2』を読んで、とくに刺さった内容を3つほど紹介します。

 

スポンサーリンク



『私のウチにはなんにもない。2』で刺さった3つの内容

私が『私のウチにはなんにもない。2』を読んで、とくに刺さった内容は、以下の3つです。

<『私のウチにはなんにもない。2』で刺さった内容>

・代用品を考える

・卒アルを捨てよう

・掃除=禅。負の感情を和らげる効果あり

 

それぞれについて、『私のウチにはなんにもない。2』の画像を紹介し、合わせて私の感想を簡単に書いていきます。

代用品を考える

 

『私のウチにはなんにもない。2』 P20〜21より

 

代用品を考えることで、モノを減らすことができます。

 

私は、愛車レガシィツーリングワゴンを処分して、現在はワゴンR を家族でシェアして乗っています。

 

著書『となりの億万長者』を読んで、倹約生活に目覚め、金のかかる愛車を処分しました。

 

軽自動車のワゴンRをレガシィツーリングワゴンの代用品にして、用を足しています。

 

ワゴンR でまったく不自由していません。

 

代用品を考えると、モノを減らすことができ、お金も節約できます。

 

あなたもお試しあれ。

卒アルを捨てよう

 

『私のウチにはなんにもない。2』 P37より

 

多くの断捨離本で、卒アルを処分しようと書かれています。

 

例えば、中崎タツヤ氏の『もたない男』の本がそれです。

 

卒アルなんて、滅多に見るものじゃありません。

 

それに卒アルは、嫌いな人間も一緒に載っており、過去にあった嫌な出来事がフラッシュバックして精神を蝕みます。

 

卒アルはノスタルジーに浸れますが、負の側面も多いと思います。

 

なので、卒アルは捨てちゃいましょう。

 

私も、小・中・大のアルバムは全て処分しました。

(私は高校を中退しているので、高校の卒アルはない)

 

卒アルを処分して困ったことは何一つ起こっていません。

 

が、どうしても見たくなったら、友達を頼ればよいでしょう。

掃除=禅。負の感情を和らげる効果あり

 

『私のウチにはなんにもない。2』 P104〜106より

 

私が『私のウチにはなんにもない。2』を読んで、最も刺さった内容です。

 

片づけは「禅」の精神を実行していることになります。

 

片づけは単なる掃除を超えた、神がかった凄いことなのです。

 

片づけをすると、たしかに心が穏やかになります。

断捨離を始めてから、激しく怒るということがなくなりました。

 

モノに支配され、モノが思考のノイズをかき乱すことが、怒りの原因の一つなのかもしれません。

 

もう長いことモノが少ない生活を続けており、これが当たり前の状態になっています。

怒る、キレるという精神状態がどんなものか忘れてしまいました。

 

モノが少ない生活は、非常に快適です。

 

あなたも、ネガティブ思考に支配されているなら、まずは断捨離してみましょう。

お金も貯まりますよ。

 

以上、『私のウチにはなんにもない。2 なくても暮していけるんです』(ゆるりまい 著)の感想でした。

 

『私のウチにはなんにもない。2』はAmazonにて、中古本が安く買えます。

 

『私のウチにはなんにもない。2』には電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『私のウチにはなんにもない。2』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク