『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』(上野啓樹、俣野成敏 著)(インプレス)の感想です。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』とは

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』とは、上野啓樹氏と俣野成敏氏の2名での共著です。

 

上野啓樹氏は「ダイエットアカデミー」の創設者で、これまで1,500人以上のダイエットを指導されてきた方です。

 

俣野成敏氏は、私塾『プロ研』を設立し、サラリーマンの自立を支援されている方です。

このほか、俣野成敏氏は『プロフェッショナルサラリーマン』シリーズで有名です。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』のうたい文句は、「忙しくて運動する時間がなくても大丈夫!」です。

 

2ヶ月で10キロ痩せてスリムになり、スーツをカッコよく着こなせるようになれる。

 

フルーツダイエットにより、集中力アップ、ミスが減少して残業が減る、疲れにくくなる、ストレスが減るなど、ハイパフォーマーに変わることができるそうです。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』の概要でした。

 

次に、私が『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』を読んで、とくに刺さった内容を3つほど紹介します。

 

スポンサーリンク



『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』で刺さった内容

私が『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』を読んで、とくに刺さった内容は、以下の3つです。

<『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』で刺さった内容>

・「栄養をもっと取る=足す」でなく「デトックスする=引く」

・フルーツでデトックスできる4つの理由

・フルーツ・デトックスのスケジュールと食べるフルーツ

 

それぞれについて、『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』の引用文を紹介していきます。

「栄養をもっと取る=足す」でなく「デトックスする=引く」

栄養士さんは太っている方が多いと思いませんか?

もともと食べることが好きな人が多いのかもしれませんが、きちんと栄養を管理しているプロの栄養士さんが、なぜ太ってしまうのでしょう?

極論になってしまいますが、栄養学自体、絶対に正しいとは言えないのです。

なぜなら、栄養学が「栄養が足りないので足していきましょう」を前提として考えられたものだからです。

もちろん、戦中・戦後、栄養が極端に不足していた時代は必要であったかもしれませんが、栄養が足りなすぎて、それが原因で病気になってしまう現代において、さらに栄養をとる必要はありません。

今の日本人に必要なのは、「栄養をもっと取る=足す」のではなく「デトックスする=引く」方なのです。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』 P40より

 

人はさほど食べなくても生きていけます。

 

著書『長生きしたければ朝食は抜きなさい』に書かれているとおり、断食するくらいのほうが身体に良いのです。

 

日本は飽食の国であると言われています。

我々は食べ過ぎなのです。

 

1日1食の糖質制限ダイエットでもやって、痩せましょう。

私は糖質制限ダイエットを2ヵ月やって、体重が69㎏から60㎏(身長173㎝)に減りました。

 

糖質制限ダイエットに興味がある方は、こちらの著書がオススメです。

参考)『腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」

 

マニアックな食事が載っている本もあります。

こちらです。

参考)『シリコンバレー式自分を変える最強の食事

 

参考までに。

フルーツでデトックスできる4つの理由

それでは、ここでいよいよデトックスの”秘密兵器”をご紹介します。

(中略)

「フルーツ」です。

朝から晩まで申請でおいしいフルーツをひたすら食べてください。

フルーツでデトックスできる理由として、

①糖質や脂肪を分解・燃焼する酵素が豊富

②抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれ、細胞の活性化と代謝を促す

③食欲を抑えるアミノ酸が含まれる

④便通をよくする食物繊維が豊富

 

フルーツを沢山食べる事で得られる恩恵はさまざまありますが、もっとも注目したいのがフルーツの「酵素」です。

酵素は体内で生産される唯一のタンパク質で、さまざまな生命活動をスムーズに行わせるための大切な働きを担っています。

代謝を高めて脂肪燃焼を活発にして、ダイエットや健康に関する役割も含まれます。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』 P67〜68より

 

糖質制限ダイエットでは、フルーツはNG食品とされています。

 

とくにバナナは、1本で糖質が30グラム以上も含まれており、食べ過ぎると太ります。

参考)『京都の名医がおしえる「やせる食べ方」

 

医者によって見解が分かれますが、本書はフルーツでダイエットをしようと主張しています。

 

フルーツが大好きな方は、こちらを試してみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク



フルーツ・デトックスのスケジュールと食べるフルーツ

 

 

フルーツダイエットのスケジュール表と、食べるべきフルーツの一覧になります。

 

美味しそうなフルーツがたくさん並んでいますね。

これを食べながらダイエットできるなら、ラクですね。

 

フルーツダイエットと並行して運動することも考えるかもしれません。

しかし、ランニングやウォーキングはほとんどカロリーを消費しないので止めましょう。

参考)『ダイエットは運動1割・食事9割

 

運動するくらいなら、食生活を徹底的に見直してください。

 

以上、『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』(上野啓樹、俣野成敏 著)(インプレス)の感想でした。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』はAmazonにて、中古本が安く買えます。

 

『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』には電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』のAmazonの販売ページです。