『フィリピンパブ嬢の社会学』(中島弘象 著)(新潮社)の感想です。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』あらすじ

『フィリピンパブ嬢の社会学』とは、比NGO組織「DAWN」の一員として活動されている、中島弘象氏が書かれた本です。

 

本書は、中島弘象氏が中部大学在学中に、フィリピンパブ嬢の実態を研究した内容が詳細に書かれています。

 

偽装結婚(犯罪)で日本にやってきたフィリピンパブ嬢は、月6万円、休みは月に2回という、ブラック企業顔負けの生活をされています。

 

仕事も厳しく、その日のノルマを達成できないと、1日5千円のペナルティが課せられます。

 

フィリピンパブ嬢の売上の多くは、暴力団に搾取されているそうです。

 

加えて、ゴギブリだらけの家に住まわせて、フィリピンパブ嬢が逃げないよう、暴力団が監視しているとか。

 

中島弘象氏は、「ミカ」というフィリピンパブ嬢をインタビューして実態調査をしています。

 

しかし中島弘象氏は「ミカ」と恋に落ち、やがて結婚します。

中島弘象氏は中部大学大学院を卒業後、就活に失敗して、しばらくの間「ミカ」のヒモとなっていたそです。

 

現在中島弘象氏は、比NGO組織「DAWN」の一員として活動されています。

 

以上、『フィリピンパブ嬢の社会学』のあらすじでした。

 

次に、私が『フィリピンパブ嬢の社会学』を読んで驚いた内容を3つほど紹介します。

 

スポンサーリンク



『フィリピンパブ嬢の社会学』を読んで驚いた内容

私が『フィリピンパブ嬢の社会学』を読んで驚いた内容は、以下の3つです。

<『フィリピンパブ嬢の社会学』で驚いた内容>

・フィリピンパブ嬢は「搾取労働」

・フィリピンパブ嬢は客にたかる悪党

・フィリピンパブ嬢は家族からたかられている

 

それぞれについて、『フィリピンパブ嬢の社会学』の引用文を紹介していきます。

フィリピンパブ嬢は「搾取労働」

ノルマを達成できなければドリンクのバックがもらえない。

客にたくさん飲み物を注文させたホステスに対する報奨金だ。

(中略)

ミカに課せられているのはノルマだけではない。

日曜日やイベントが開催される日など店が定めた日に指名の客がこなければ、ペナルティが課せられる。

金額は1日5千円。

6万円しか給料がないのに、翌月の給料から罰金を差し引かれる。

そんなときにはマネージャーから借金してしのがなければならない。

借金ばかりがふくらむ場合もある。

大学で、フィリピン女性の人身売買のケースを学んだ。

フィリピンの現地調査で、元ホステス女性たちの社会復帰を支援しているNGOから「搾取労働」という言葉を聞いた。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』 P73〜74より

 

あらすじの項でも紹介しましたが、フィリピンパブ嬢は搾取されています。

 

上の『フィリピンパブ嬢の社会学』の引用文は、その搾取内容の一部です。

 

ノルマを達成できないと1日5千円のペナルティが課せられ、月6万円の給料から差し引かれます。

給料で足りなかったらパブのマネージャーから借金をすることになります。

 

売れないフィリピンパブ嬢は、借金返済のためにタダ働きをさせられているのでしょう。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』の舞台は名古屋市中央区栄4丁目の繁華街です。

ここでは、こうした「搾取労働」が日々行われているのです。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』には、フィリピンパブ嬢が搾取されている実態が克明に記されています。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』の著者の中島弘象氏は、この本を出版して大丈夫だったのでしょうか。

暴力団に目を付けられる危険があるような気がします。

 

ここまで明かしちゃって大丈夫?というくらい、フィリピンパブ嬢の実態がハッキリと書かれていますから。

フィリピンパブ嬢は客にたかる悪党

ミカにはシバタさんという客がいた。

年齢は65歳。大きなお腹にぽっちゃりとした顔立ち。

(中略)

ミカは、そのシバタさんに、資金が足りない分のお土産のおねだりをした。

(中略)

6万円の18金ネックレス、2万円のGショック時計、6万円のグッチのバッグ、1万円のナイキのスニーカー、5万円のipadに2万円のゲーム機、他にも香水や財布など。

(中略)

シバタさんが払った金は、どう見ても30万円を超している。

(中略)

「シバタさんは、私が『好きだよ』っていうとすぐ信じる。それでお土産も買ってくれる」

そう話すミカは逞しく見えた。

しかし、こんなことをしているから、フィリピン人に対する悪いイメージができてしまうのではないだろうか。

彼女たちはウソばかりつき、目先の金のことしか考えていないという評価。

そして僕はそのフィリピン人の側にいるのだ。

それを思うと、少しげんなりした。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』 P139〜141より

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』は、「フィリピンパブ嬢かわいそう〜」の論調で書かれています。

 

しかし上の引用文を読めば明らかなとおり、フィリピンパブ嬢はたかりをやっており、立派なクズだと言えます。

 

私は水商売をやっている女が死ぬほど嫌いです。

 

私の父親がホステス狂いをして借金を重ね、自己破産寸前にまで何度も追い込まれた経験があるからです。

 

父親が借金を重ねたせいで、私は危うく信州大学に行けなくなるところでした。

私が信州大学に現役合格できたのは、母が職場から借金をして、予備校代と入学費用を工面したからです。

母の死ぬような苦労があって、現在私は平和な暮らしができていると思います。

 

こういう経験があるので、私は水商売をやる女が死ぬほど嫌いです。

 

もちろん、ホステス狂いをする父親がいちばん悪いのです。

が、ホステスも体の関係を匂わせるようなことを言って金を出させたのでしょう。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』で登場するフィリピンパブ嬢の「ミカ」は、店や暴力団に搾取されており、確かに可哀想な人だと思います。

 

しかし、当の「ミカ」も客にたかって、高価な品物を買わせています。

「シバタさんは、私が『好きだよ』」とウソをついて。

中島弘象氏には申し訳ありませんが、「ミカ」は立派なクズだと思います。

 

それなのに搾取されていると被害者面するのは、ちょっと違うと私は思います。

フィリピンパブ嬢は家族からたかられている

外国で働き口を見つけ、家族に送金できれば、フィリピンではそれが勝者なのだ。

送金があれば、メイドとして働く身分から、メイドを持つ身分に変わるのだ。

送金を受ける側の生活は次第にぜいたくになる。

昔は電球一つだったのが、やがてテレビ、冷蔵庫、エアコン。

電気代は増える。水道代も増えるし、ガス代もかかるようになる。

食事は3回、豪華に。さらにしょっちゅう外食になる。

となると金が必要だ。

金を稼ぐのは日本で働く娘の役目である。

彼女たちの送金が止まれば、家族は再び掘っ立て小屋の暮らしに戻ってしまう。

シンデレラの魔法が12時で解けるように。

ただし魔法をかけているのはシンデレラよろしく働く当の娘たちだが。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』 P160〜161より

 

フィリピンパブ嬢の「ミカ」は客にたかっていますが、家族にたかられています。

 

たかるたかられるの人生を、「ミカ」は送っているのです。

 

私ならこんな物乞いみたいな家族は切り捨てますが、フィリピン人は家族を大切にする人が多いのでしょう。

 

しかし、いかに大切な家族とはいえ、線引きは必要です。

たかってくる家族はいりません。

 

というかこの家族のせいで、日本人がフィリピンパブ嬢にたかられ、借金をするほど金を取られているのです。

フィリピン人の家族は、日本人にとって害悪ともいえる存在です。

 

フィリピンパブの何が良いのか私にはさっぱり分かりません。

一刻も早く、フィリピンパブを日本から駆逐して頂きたいです。

 

以上、『フィリピンパブ嬢の社会学』(中島弘象 著)(新潮社)の感想でした。

 

フィリピンパブ嬢のことを色々悪く言いましたが、この本は裏社会の実態が克明に書かれており、大変面白い本でした。

 

著者の中島弘象氏は、『フィリピンパブ嬢の社会学』を20代前半の若さで執筆されていますが、その文章力には驚くばかりです。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』に興味を持たれたら、一度読んでみましょう。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』はAmazonにて、中古本が安く買えます。

 

『フィリピンパブ嬢の社会学』には電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『フィリピンパブ嬢の社会学』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク