『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』(近藤誠 著)(アスコム)の書評です。

 

『医者に殺されない47の心得』の目次

まず、『医者に殺されない47の心得』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します

<『医者に殺されない47の心得』の目次>

■第1章 どんなときに病院に行くべきか
心得1「とりあえず病院へ」。あなたは医者の”おいしい”お客様
心得2「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる
心得3 医者によく行く人ほど、早死にする
心得4「血圧130で病気」なんてありえない
心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
心得6 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下
心得7 がんほど誤診の多い病気はない ほか

■第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
心得15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
心得16「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない ほか

■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす
心得21「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」
心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと
心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0・05% ほか

■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得
心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ
心得28 ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から
心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」
心得30 ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする

■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
心得34 22時から2時にどっぷり眠る。「超」早寝早起き健康法のすすめ
心得35 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
心得36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者
心得37 「手当て」でストレスを癒す ほか

■第6章 死が恐くなくなる老い方
心得42 ポックリ逝く技術を身につける
心得43 いきなり進行がんが見つかったらどうするか
心得44 喜怒哀楽が強い人ほどボケない
心得45 100歳まで働き続ける人生設計をする ほか

 

スポンサーリンク



『医者に殺されない47の心得』のあらすじ

『医者に殺されない47の心得』とは、慶應義塾大学医学部放射線科講師をされている、近藤誠先生が書かれた本です。

 

かなり刺激的なタイトルですが、本書で医療の裏側が、ここまで言っちゃって大丈夫というくらい、明らかにしています。

 

糖尿病になったとき、血糖降下薬を服用すると、副作用で死ぬ確率が3倍になるというエビデンスがあります。

 

乳がんでも、「乳管内のがんは良性で、一種の乳腺症」であることもあり、切除するのはムダになる可能性があるとか。

 

高血圧も、高血圧の基準が意図的に下げられ、基準が曖昧であると言われているそうです。

高血圧の基準が下げられたのは、製薬会社が儲かるためなのだとか。

 

ワクチンやロキソニンも、ただ危険なだけで無意味であると『医者に殺されない47の心得』に書かれています。

 

私も毎年インフルエンザのワクチンを接種していますが、『医者に殺されない47の心得』を読んで止めたくなりました。

 

『医者に殺されない47の心得』は、発行部数が100万部を超えるベストセラー本です。

売上も相当なものなのでしょう。

 

反響が大きかったためか、テレビ番組「金スマ」でも『医者に殺されない47の心得』が紹介されたことがあります。

 

口コミサイトである読書メーターでも、『医者に殺されない47の心得』のレビューが多数投稿されています。

 

『医者に殺されない47の心得』は内容が過激であるためか、2chなどでトンデモだと、反論や批判がされています。

 

しかし、言っていることが間違えなさそうですし、医者の身分を危険にさらしてまでここまで本当のことを言った近藤誠先生に敬意を称したいです。

 

『医者に殺されない47の心得』には関連本として、『医者に殺されない47の心得 必携版 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』が出版されています。

 

『医者に殺されない47の心得』が気に入ったら、合わせてこちらも読むとよいでしょう。

 

 

『医者に殺されない47の心得』で学んだ3つの内容

私が『医者に殺されない47の心得』で学んだ内容を、3つに厳選して紹介します。

<『医者に殺されない47の心得』で学んだ3つの内容>

・高血圧の基準値は製薬業界が儲かるように「操作」されている

・がんは誤診率の高い病気である

・風邪薬は風邪を治さない。治るのを邪魔しているだけ

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



高血圧の基準値は製薬業界が儲かるように「操作」されている

高血圧やコレステロール血症の「基準値」と呼ばれるものがあります。

「これ以上になったら病気」と診断する数値です。

(中略)

この基準値がまったくあてにならない。

病気事の専門学会が作っていますが、談合体質で、根拠なく数値が決められています。

特に高血圧の基準値「操作」は目に余ります。

1998年の厚生省全国調査の基準値は160/95以上でした。

ところが2000年に、はっきりした理由もなく140/90に引き下げられました。

98年の基準値を当てはめると、高血圧の日本人は1600万人、それが新基準では、3700万人もが高血圧になってしましました。

高血圧の原因は、9割以上不明です。

また、日本人の血圧を下げることによって死亡率が下がる、心臓病や脳卒中などが減ると実証されたデータは見当たりません。

大人になると動脈も老化して硬くなり、血液を先に送る力が衰えます。

そこで、体は年をとるほど血圧を上げようとします。

脳や手足のすみずみまで血液を送り続けるため、それを薬で下げたら、ボケたりふらついたりします。

(中略)

その結果、製薬業界はホクホクです。

1988年の国内の降圧剤の売り上げはおよそ2千億円だったのが、2008年には1兆円を超えています。

基準値をササッといじって、薬の売り上げ6倍超、血圧商法、大成功です。

また基準作成委員の多くが、製薬会社から巨額の寄付金を受け取っているのも問題です。

たとえば2005年に作成された、高血圧の基準も含む日本版メタボ診断基準の作成メンバー。

そのうち国公立大の医師11人全員に、2002〜04年の3年間に、高血圧などの治療薬メーカーから合計14億円もの寄付金が渡っています。

 

『医者に殺されない47の心得』 P35〜37より

 

高血圧の基準値は、製薬会社が儲かるように意図的に「操作」されているみたいです。

高血圧の基準値スレスレの人は要注意です。

 

高血圧を予防するために、糖質制限ダイエットをやってみませんか?

 

白米や麺類などの炭水化物を断つのです。

これら炭水化物には、糖質が大量に含まれています。

 

糖質を摂取すると、ブドウ糖に分解され、血液中に放出され血糖値が上がります。

血糖値が上がると、赤血球と糖がくっついて(糖化)、血液がドロドロになります。

 

炭水化物は血糖値をドンッと上げるため、血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。

インスリンは動脈硬化の原因になると言われています。

 

こうして血液がドロドロになり、動脈硬化も進行して高血圧になっていきます。

 

ここで炭水化物を断つと、高血圧が改善される可能性が高いです。

糖質制限の第一人者である江部康二先生が仰っていました。

 

私も30代半ばで生活習慣病が怖いので、糖質制限ダイエットをやっています。

始めてからまだ1カ月程度ですが、体重が69㎏から65㎏(身長173㎝)に減りました。

 

糖質制限ダイエットは生活習慣病の予防だけでなくメタボの解消にも有効なので、あなたもぜひやってみましょう。

がんは誤診率の高い病気である

日本人の3分の1はがんで亡くなりますが、実は、がんほどまぎらわしく、誤診の多い病気はありません。

ただのおできや炎症を「がん」と決めつけて、胃や乳房を切り取られたり、命を落としたりしている人が山ほどいます。

(中略)

がんを診断するには、細胞を取って顕微鏡で顔つきを見る病理検査が欠かせません。

しかし、細胞の顔つきはがんであっても、粘膜の中にとどまって浸潤も転移もしない「潜在がん」「がんもどき」がとても多いので、きちんと検査しても誤診が起きる。

アメリカのがん関連医学誌『キャンサー』は2005年、がんの初期診断の誤診率はときに12%にもなる、と伝えています。

さらに、同じ病変が海外では「良性腫瘍」、日本では「がん」とされるなど、日本人医師の間でも診断がまったく異なることがあります。

 

『医者に殺されない47の心得』 P47〜48より

 

医者にガンと診断されたら、それを受け入れるしかありませんね。

ガン=死ですので、絶望感でいっぱいになるでしょう。

 

しかし、ガンは誤診率が高いらしいです。

海外で「良性腫瘍」と診断されたのが、日本ではガンと診断されることもあるらしいです。

 

私はガンの家系なので、この事実をよく覚えておきます。

 

ところで、先ほど糖質制限ダイエットの話をしましたが、ガンはブドウ糖を栄養源として繁殖していくそうです。

 

糖質制限をすると、ブドウ糖の摂取量が劇的に減ります。

つまり、ガンの増殖を抑えることができるのです。

 

加えて1日2食の半断食をすることで、白血球の働きを活発化できます。

 

糖質制限をしてガンの増殖を抑え、残ったガンを白血球でやっつけて、ガン細胞を減らすこともできるそうです。

 

日頃から糖質制限ダイエットをして少食を貫けば、ガンを予防することができるかもしれません。

 

ガンになったら人生が狂いますので、なんとしても予防せねばなりません。

 

なので、糖質制限ダイエットを是非ともやりましょう。

風邪薬は風邪を治さない。治るのを邪魔しているだけ

風邪とひくと、体は鼻水やウィルスやその死骸を追い出し、体温を上げて、外敵と闘う白血球を活発に働かせようとします。

せっかくのセキや熱を薬でおさえたら、病気との闘いに水をさすことになります。

ウィルスは体にいすわり、なかなか治りません。

(中略)

風邪をひいたら温かくして、のどが痛ければハチミツなどを塗って、ゆっくり休むのが、いちばん早く治す方法です、

インフルエンザも風邪ですから、ヨーロッパでは薬を出さず「1週間、家で安静に」と言うだけの医者が、少なくありません。

熱が40度まで上がったとしても、熱で脳をやられる心配はありません。

解熱剤の副作用による脳死や死のリスクを考えると、できるだけ解熱剤は避けたほうが賢明です。

(中略)

また抗生物質はウィルスにはまったく無効で、耐性菌などのやっかいな問題を起こします。

軽い風邪なのに、抗生物質を処方するような医者には近づかないことです。

 

『医者に殺されない47の心得』 P73〜75より

 

風邪薬や抗生物質は、風邪を治さないみたいです。

 

抗生物質はウィルスをやっつけないと、『医者に殺されない47の心得』に書かれています。

しかも、抗生物質は副作用があり、耐性菌を増やす原因にもなるとか。

 

ウィルスをやっつけるのは、白血球なのです。

白血球の働きを活発にさせるために、風邪を引くと熱が上がります。

 

そこで解熱剤を飲んでしまうと、白血球の働きが悪くなり、ウィルスをやっつけられません。

 

また、白血球は空腹になるとウィルスの貪食力が上がります。

風邪を引いて食欲がなくなるのは、ウィルスと闘うためです。

 

スポーツドリンクは砂糖が大量に含まれており、身体に良くないので飲まないほうがよいそうです。

血糖値が上がると、白血球の働きが悪くなるそうですから。

 

だから、風邪を引いたら何もしないで大人しく寝ているべきです。

それが風邪を治す、いちばんの有効策なのです。

 

私も風邪を引くと、すぐに耳鼻咽喉科に行き薬をもらってしまいますが、今後は自力で治すようにしたいです。

医療費ももったいないですからね。

 

以上、『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』(近藤誠 著)(アスコム)の書評でした。

 

『医者に殺されない47の心得』は売れている本ですので、楽天などの通販サイトでも購入可能です。

 

しかし、『医者に殺されない47の心得』はAmazonにて、中古本が安く買えます。

 

『医者に殺されない47の心得』には電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『医者に殺されない47の心得』のAmazonの販売ページです。