『史上最強の人生戦略マニュアル』(フィリップ・マグロー 著、勝間和代 訳)(きこ書房)の書評です。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』の目次

まず、『史上最強の人生戦略マニュアル』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『史上最強の人生戦略マニュアル』の目次>

・問題がひとりでに解決することは、絶対にない
・本当に生きるということ
・自分の選択と態度に焦点をあてる
・「見返り」が行動を支配している
・問題は、あなたが認めるまで悪化していく
・違うことを「する」
・過去の出来事を言い訳にしない
・今すぐに人生計画を立てる
・見返りを断つ
・憎しみはあなたの心を変えてしまう
・あなたのゴールラインはどこか?
・ガイドつき人生の旅
・目標設定の七つのステップ
・自分の公式を見つけよう

 

スポンサーリンク



『史上最強の人生戦略マニュアル』の要約

『史上最強の人生戦略マニュアル』とは、戦略的人生設計の分野の研究の第一人者である、フィリップ・マグロー氏が書かれた本です。

 

フィリップ・マグロー氏は、オプラ・ウィンフリー訴訟で勝利したことで有名な方です。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』は、タイトルのとおり、人生を戦略的に生きるためのテクニックが書かれている本です。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』の翻訳者は、経済評論家として非常に有名である、勝間和代氏です。

 

勝間和代氏は、人生で大きな影響を受けた1冊として、この『史上最強の人生戦略マニュアル』を上げています。

 

以下に、私が『史上最強の人生戦略マニュアル』を読んで、特に刺さった内容を紹介します。

『史上最強の人生戦略マニュアル』で刺さった3つの内容

私が『史上最強の人生戦略マニュアル』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『史上最強の人生戦略マニュアル』で刺さった3つの内容>

・マイナス思考をプラス思考に置き換える知識を身につける

・自分に起こることはすべて自分の責任であると自覚せよ

・知覚フィルターがあることを自覚しよう

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



マイナス思考をプラス思考に置き換える知識を身につける

あなたが影響力を及ぼし、コントロールする必要があるいちばんの相手は、あなただ。

マイナス思考の特徴や行動パターンを最小限にとどめたり、取り除いたりしてやらなければならないいちばんの相手は、あなただ。

逆に、プラス思考の特徴や行動パターンを最大限に引き出してやらなければならないいちばんの相手も、あなただ。

(中略)

そのためには知識が必要になる。

どういうときにマイナス思考の特徴が現れるのか、なぜそんな特徴をいつまでも持っているのか。

そしてもっと大切なのは、どうすればそれを前向きなプラス思考の特徴に置き換えることができるか、知る必要がある。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』 P79より

 

どういうときにマイナス思考になるのかを知ること。

そして、マイナス思考をプラス思考に置き換える知識を身につけよう。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』には、「課題」の項にて、マイナス思考をプラス思考に置き換える知識が書かれています。

 

その知識については、『史上最強の人生戦略マニュアル』をお読みください。

 

マイナス思考になる原因として、『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』に書かれている内容が使えます。

 

私もそうですが、マイナス思考になる原因の多くは、疲れからでしょう。

 

私は疲れてくると、会社や北大の研究室時代にいた人間どもらのことを思い出して、それに興奮するところがあります。

 

昔あった嫌な出来事を思い出してマイナス思考に陥ったら、疲れているサインです。

 

こういうときは、どう頑張ってもプラス思考に変えられません。

 

対処法はただ一つ、休むだけです。

これしかありません。

 

私がマイナス思考に陥る場合のほとんどが、疲れたときです。

 

あなたがマイナス思考に陥るのはどういうときは分かりませんが、疲れからくると自覚されたら、休むことを推奨します。

 

ここでムリにプラス思考になろうとしても無駄ですから。

 

マイナス思考に陥ったら、ムリにプラス思考になる必要はなく、身体を休めながら、その思考を第三者目線で観察するメタ認知を養うようにするとよいのかと。

自分に起こることはすべて自分の責任であると自覚せよ

仕事が気に入らないなら、それはあなたの責任だ。

関係が行き詰まったなら、それもあなたの責任だ。

太りすぎているのも、異性を信じられないのも、幸せでないのも、すべてあなたの責任だ。

どんな境遇にあろうと、この法則を受け入れるということは、どうして今のような人生になったのか、その責任をあなたはもはや回避できなくなるということである。

(中略)

この法則は一〇〇パーセント真実なので—好むと好まざるとにかかわらず、これが世の中の仕組みなので—この法則に抵抗したり否定したりすれば、空想の世界に住み続けることになる。

自分は犠牲者だと思いこめば、進歩することも傷を癒やすことも勝つことも、絶対にない。

責任を回避すれば、敢然と事に当たって人生を意のままに操ろうとしなくなる。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』 P84〜85より

 

自分に起こることは、すべて自分の責任であると自覚すること。

 

厳しいことをいっていますね。

 

私は、仕事を1年近く与えられず放置され、最低評価の人事評価を一方的に付けられるパワハラを受けました。

それを人事部に訴えたら、逆に圧力をかけられ、会社を追い出されました。

 

東証一部上場のIT企業でのはなしです。

 

この出来事は、100%私が悪いのでしょうか。

そうではないですよね。

 

でも、仕事を与えられなくなっても、給料欲しさに1年近く会社にしがみついたのは、私です。

さっさと会社を辞めて、転職するなり独立するなりできたはずです。

 

会社を見捨てなかったのは、私の責任であるといえます。

 

このように、「〇〇のせいだ」「〇〇が悪い」と腐るのではなく、自分の責任で次の手段を考える前向きを持つことが重要だということです。

 

会社でパワハラを受けたのは自分の責任だから、なんとかしなくてはならない、というわけではありません。

 

パワハラは、やった人間が100%悪いです。

 

しかし、パワハラされたことに対して被害者意識を持つのは止めましょうと、『史上最強の人生戦略マニュアル』は言いたいのでしょう。

 

パワハラされたら、さっさと会社を辞める、辞めるのが難しいなら上位者に相談する。

 

こうやって、自分に起こった出来事に対して、自分の責任で前向きに対処する勇気を持ちましょう。

 

あなたは、かつての私のように、目先の給料欲しさに、パワハラに耐え忍ぶような愚かな真似だけはしないでくださいね。

知覚フィルターがあることを自覚しよう

私たちはみな、個々のフィルターを通して世の中を見ている。

こうしたフィルター—性格や態度、視点や「スタイル」—は、人生の出来事に対する私たちの解釈に強い影響を与える。

そして、この解釈が私たちの反応を決定し、私たちが最終的に受け取る反応を決定する。

こうしたフィルターが存在すること自体は、良いことでも悪いことでもない。

ただ存在するというだけのことだ。

健全で建設的なフィルターもあれば、歪んだ有害なものもあるだろう。

だが有意義な人生を送りたければ、自分にもフィルターがあることを認め、このフィルターが自分の認識を歪めて、間違った決定にあなたを導くことがないよう、気をつけなければならない。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』 P231より

 

人間は、自分の知覚フィルターを通して、世の中を見ている。

 

人間は、起こった出来事をありのままに見ていないということです。

 

私の場合は、仕事を1年近く与えられず放置されるパワハラを受けたという事実に対して、給料が惜しいという知覚フィルターが作用していました。

 

が、人によっては、パワハラが許せないから労働組合や地元のユニオン訴えたりする人もいるでしょう。

 

パワハラを受けたことを転職や独立のチャンスだと受け止める人もいます。

 

このように、起こった出来事に対して、人は自分の知覚フィルターを通して解釈します。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』では、正しい知覚フィルターを持って、人生を有意義に生きようと書かれています。

 

まずは、自分にも知覚フィルターがあると自覚することです。

 

起こった出来事に対して、ネガティブな感情になったら、それは知覚フィルターのせいだと自覚することです。

 

気づくことができれば、知覚フィルターがより良いものに磨かれていきます。

 

もっとも大切なのは気づくことです。

これがなかなか出来ないから、私を含めて、多くの人が人生に悩むのでしょう。

 

まずは気づくトレーニングを。

 

共に頑張りましょう。

 

以上、『史上最強の人生戦略マニュアル』(フィリップ・マグロー 著、勝間和代 訳)(きこ書房)の書評でした。

 

『史上最強の人生戦略マニュアル』は、Amazon評価数・レビュー数が100近くある、注目されている本です。

 

楽天などの通販サイトでも、『史上最強の人生戦略マニュアル』の在庫が多数あります。

 

しかし、『史上最強の人生戦略マニュアル』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『史上最強の人生戦略マニュアル』のAmazonの販売ページです。