『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』(戸塚隆将 著)(朝日新聞出版)の書評です。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』の目次

まず、『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』の目次>

プロローグ―就職世界ランキング1位2位で学んだこと

【Chapter1】人との「つながり」に投資する
1.利害関係を越えた「つながり」を信じる
2.貴重な時間とお金を「つながり」に投資する
3.学生一人ひとりの名前を覚えるハーバードの教授
4.相手への興味を真摯に持ち、質問する
5.相手との時間を印象的に共有する
6.先輩・上司との飲み会を避けない
7.どんなに多忙でも、週1回仕事と関係ない人に会う

【Chapter2】自分の内面と外見を磨く
8.エレベーターで他人を先に降ろす余裕を持つ
9.「すみません」よりも「ありがとう」と伝える
10.正解のない問題を考えるクセをつける
11.読んだら3倍考える、マッキンゼー流読書術
12.新聞は「世間の反応」を考えながら読む
13.斬新な「思いつき」よりも、骨太な「意見」を重視する
14.ネットでカンニングせず、自分の頭で答えを出す
15.紙とペンを手にオフィスを離れよう
16.「ポイントは3つ」で思考の瞬発力を鍛える
17.無遅刻・無欠席を続けられる健康管理をする
18.身体を動かすことで心にアンチ・エイジングを施す
19.服装は個性よりも清潔感を大事にする
20.2週間に1度は靴を手入れする

【Chapter3】時間に支配されずに働く
21.どんな理由があろうと、10分前には現地到着
22.ハーバード卒業生が教える週末自己投資術
23.ゴールドマンの上司が始業1時間前にしていること
24.明日の朝一ダッシュをかけるための儀式
25.1週間が始まる前にオフからオンに切り換える
26.ゴールドマン流優先順位設定法

【Chapter4】決定的なコミュニケーションで成果を出す
27.3秒で開ける場所に常にノートを置いておく
28.仕事を頼まれたら、その場で完成イメージを共有
29.引き受けた仕事は5分間設定ですぐやる
30.メールの返信スピード=あなたの評価
31.上司へのホウレンソウは先手必勝
32.ホウレンソウは仮説を入れて、念押し型でやる
33.忙しい上司のスケジュールに割り込む
34.上司への経過報告は翌朝を狙う

【Chapter5】利益を生む資料と会議で貢献する
35.作った資料は「自分の商品」だと心得る
36.マッキンゼーがプレゼン資料に1色しか使わない理由
37.資料は「紙芝居」と「3W」を意識する
38.「マッキンゼーノート」で伝わる資料を作る
39.「1チャート、1メッセージ」にこだわらない
40.attention to detailを徹底する
41.会議で発言しないのは「欠席」と同じ
42.会議ではホワイトボードの前に座る

【Chapter6】世界に打って出るキャリアを高める
43.愛国心をパワーの源に変える
44.英語は「ペラペラ」よりも論理コミュニケーション
45.英語上達は目標を明確に短時間で成果を出す
46.今より一つ上のポジションを意識して仕事する
47.会社は「退学」せずに「卒業」する
48.「自分ノート」を肌身離さず目標管理する

 

スポンサーリンク



『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』の要約

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』とは、シーネクスト・パートナーズ株式会社代表の戸塚隆将氏が書かれた本です。

 

戸塚隆将氏は、慶應義塾大学経済学部卒業後、ゴールドマンサックスで5年間勤務し、ハーバード経営大学院(HBS)に進学してMBAを取得後、マッキンゼー&カンパニーで勤務されました。

 

世界最強の投資銀行で働き、世界最上のビジネスの士官学校で学び、世界最高のコンサルティングファームで働いた、超エリートです。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』には、戸塚隆将氏がこれら3つの最高機関での経験がまとめられています。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』は、高度な内容が書かれています。

そのため、理解が難しい、実践で使えないと、評判があまり良くありません。

 

しかし、じっくり読むと、我々凡人でも使えるテクニックが書かれています。

次の項にて、そのテクニックの一部を紹介します。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』には、続編として、

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】』が出版されています。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』が気に入ったら、合わせてこちらも読むとよいでしょう。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』で刺さった3つの内容

以下、私が『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』を読んで、使えると感じたテクニックを3つ紹介します。

<『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』で使える3つのテクニック>

・紙とペンで思考を整理する

・ポイントを3つにまとめることの利点

・退社時に机を整理整頓しTo-Doリストを用意しておく

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



紙とペンで思考を整理する

紙とペンで思考を整理するポイントは以下の3つです。

 

①まずは頭に浮かぶことを書き出す

清書をするのではなく、落書きをするイメージです。

パワーポイントを開くと下書きよりも、最終形の文章を作ろうと意識しがちです。

紙とペンは気軽に消して書き写せます。

綺麗な文書や図表を作ろうとせず、頭に浮かんだことをまず書き出してみることです。

 

②論理構成・因果関係・優先順位・言葉の表現を気にしない

頭の中で論理構成を組み立てるのは簡単ではありません。

優先順位付けを行うのも容易ではありません。

適切な表現を見つけ出すことにも時間がかかります。

まずは、書き出してから整理するという発想でペンを走らせます。

 

③何度も書き直しながら整理をしていく

一度書き出したアイデアや考えを見直し、「ピラミッドストラクチャー」にしてみたり、図、表を書いてみたりします。

その繰り返しの仮定から、論理が通り、適切な表現を見つけることができるようになります。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』 P70〜71より

 

紙とペンで思考を整理するポイントについて、紹介しました。

 

要は、思いついたことをペンを使って紙に殴り書きせよ、ということです。

 

精神科医で作家の樺沢紫苑先生も、紙に殴り書きすることで、アイデアを書き留めているそうです。

 

著書『精神科医が教える ムダにならない勉強法』に書かれていました。

 

アナログチックなやり方かもしれませんが、効果が高いのでしょう。

 

私は、iPhoneのメモ帳にメモしています。

 

いまのところそれで不自由はしていません。

しかし、ブログ運営を続けていくなかで、アイデアがたくさん要求されるようになったら、紙とペンを使って仕事をするようにしたいです。

ポイントを3つにまとめることの利点

「ポイントを3つにまとめる」ことの利点を、「3つのポイントにまとめる」と、以下のように整理できます。

 

①論点を分解またはまとめる→論理力

目に見える表象的な課題を分解し、本質的な課題に掘り下げる効果があります。

表象課題を分解することで、より具体的な課題解決につながります。

あるいは、分散する議論を、いくるかのポイントにまとめることで、議論を集約させることができます。

いずれの場合も、3つのポイントは、分解またはまとめる上で、適度な数です。

 

②優先度をつける→時間管理力

目の前で注力すべき課題や論点を絞り込むことで、限られた時間を有効に活用することができます。

優先度の高いポイントを絞り込む数としては、3つが適当です。

 

③説得力を増す→コミュニケーション力

主張点をバックアップする根拠や理由は、少なすぎても、多すぎても、効果は半減します。

1つでは少なすぎる、5つでは多すぎます。

結論メッセージを支えるポイントは3つが適当です。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』 P74〜75より

 

ポイントを3つにまとめることの重要性についてでした。

 

私も書評を書くとき、本の内容を3つ紹介しています。

 

なぜ3つなのかというと、人間は3つまでしか記憶できないからです。

 

精神科医で作家の樺沢紫苑先生の著書『精神科医が教える 読んだら忘れない読書術』に、そのように書かれていました。

 

私は本を1日に2〜3冊読んでいます。

最初は重要だと思った箇所にマーカーでラインを引きまくり、書評を書くときに3つにまとめています。

 

本は、ただ読むだけではダメです。

内容を記憶しないと、読んだことになりません。

 

だから、ポイントを3つに絞ることが重要なのです。

繰り返しますが、人間が記憶できる限界が3つだからです。

 

それ以外は忘れると割りきって、私は本を読んでいます。

 

本代がもったいないかもしれません。

 

しかし、『精神科医が教える 読んだら忘れない読書術』によると、重要箇所3つ拾うことができれば、それで充分元が取れているそうです。

退社時に机を整理整頓しTo-Doリストを用意しておく

それは、Aさんが帰宅前に自分の机を綺麗に整理整頓していることでした。

雑巾がけをして、綺麗にテーブルを磨くということではありません。

複数のプロジェクトをかけもちする中で、資料をプロジェクトごとに整理整頓し、机の作業スペースからファイルに整理する。

そして、一枚のペーパーにTo Doを書きあげ、翌朝出社時から全力で仕事に取り掛かれるように、優先順位付けをしてから席を立っていたのです。

(中略)

朝一の頭の冴えている効率的時間を、タスク整理に使わずに優先作業に一気に取り掛かれることで、アウトプットのレベルも劇的に上がりました。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』 P103〜104より

 

仕事を終えたら、机の上を整理整頓して、翌日のTo-Doリストを作ることが重要みたいです。

 

多くのビジネス書に書かれていますが、仕事ができる人は、机の上が整理整頓されている場合が多いそうです。

 

机の上がキレイだということは、頭の中も整理整頓されているからです。

 

私も机の上には極力モノを置かないようにしています。

 

机の上には、MacBookとiPhoneとストップウォッチのみ置いています。

 

ストップウォッチを使うと、ノルアドレナリンが分泌されて作業が捗るので、これは絶対に必要です。

 

To-Doリストですが、私は当日にMacBookのカレンダーに作成しています。

 

今は、1日に作業量がそこまで多くないので、これで問題なくやれています。

 

しかし、今後ブログを運営していくなかで、作業量が増えたら、前日にTo-Doリストを作るようになるかもしれません。

 

本記事で紹介した『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』のテクニックは、覚えておいて損はないでしょう。

 

以上、『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』(戸塚隆将 著)(朝日新聞出版)の書評でした。

 

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』は、Amazon評価数・レビュー数が100を超える、注目されている本です。

 

楽天などの通販サイトでも、『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』の在庫が多数あります。

 

しかし、『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』は、Amazonにて、中古本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです

 

以下、『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』のAmazonの販売ページです。