『チーズはどこへ消えた?』(スペンサー ジョンソン 著、 門田 美鈴 訳)の書評です。

 

『チーズはどこへ消えた?』のあらすじ

『チーズはどこへ消えた?』のジャンルは、ビジネス書または自己啓発に分類される本です。

 

ストーリー形式で、ビジネスの本質が分かりやすく書かれています。

 

『チーズはどこへ消えた?』では、

二匹のネズミ「スニッフ」と「スカリー」と、二人の小人「ヘム」と「ホー」という、

それぞれ性格の異なるキャラクターが、登場人物として登場します。

 

「スニッフ」と「スカリー」はネズミですので、ただ単に試行錯誤を繰り返すだけの、単純な脳みそしかありません。

 

「ヘム」と「ホー」は人間なので、より高度な思考をすることができます。

しかし、そのせいで失敗を恐れて行動できなくなり、新たなチーズを見つけられず悲惨な目に遭います。

 

『チーズはどこへ消えた?』では、小人の「ホー」の成長過程がパロディ形式で書かれています。

 

ここでいう「チーズ」の内容は、『チーズはどこへ消えた?』の冒頭に書かれています。

 

このチーズは、私たちが人生で求めるもの、つまり、仕事、お金、大きな家、自由、人に認められること、などを意味します。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、外国で出版された本です。

 

『チーズはどこへ消えた?』の原書は、『Who Moved My Cheese?: An A-Mazing Way to Deal with Change in Your Work and in Your Life』という英語で書かれた洋書です。

 

『チーズはどこへ消えた?』には、英語CDが同封されたものもあります。

Who Moved My Cheese: An Amazing Way To Deal With Change In Your Work And In Your Life』です。

 

語学学習に活用してみてはいかがでしょうか。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、累計発行部数が360万部もある、大ベストセラー本です。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、Amazonでも評価・レビュー数が350近くあります。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、日経新聞に掲載されたり、テレビ番組「世界一受けたい授業」でも紹介されたことがあります。

 

プロ野球選手の大谷翔平選手や、声優の阿澄佳奈さんも『チーズはどこへ消えた?』を愛読されているとか。

 

『チーズはどこへ消えた?』には、ビジネスをする上でのヒントがたくさん書かれています。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、多くの企業の社員教育研修に使われているそうです。

 

『チーズはどこへ消えた?』は有名な本であるため、読書感想文や、「学んだこと」と称したブログ記事がたくさんあります。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、全国高等学校ビブリオバトルという書評合戦でも使用されたことがあります。

その動画は、YouTubeにて視聴することができます。

 

また、『チーズはどこへ消えた?』には、子供向けのアニメ映像があります。

【動く絵本】チーズはどこへ消えた?[Who Moved My Cheese?]』という、YouTubeの動画です。

 

『チーズはどこへ消えた?』の概要を知りたい方は、この動画を見るとよいかと。

 

まあ、『チーズはどこへ消えた?』は、ページ数が94ページと薄いので、1時間程度で読めてしまいますが。

 

『チーズはどこへ消えた?』には、イラストも含まれていますので、実質的なページ数はもっと少なくなります。

 

『チーズはどこへ消えた?』には、オーディオブック版もあります。

活字がどうも苦手だという方は、こちらを利用するとよいかと。

 

スポンサーリンク



『チーズはどこへ消えた?』事件(チーズ本対バター本事件)

『チーズはどこへ消えた?』には、続編(類似本)として、『バターはどこへ溶けた?』という本があります。

 

『チーズはどこへ消えた?』の出版社は「扶桑社」で、『バターはどこへ溶けた?』の出版社は「道出版」と異なります。

 

「扶桑社」は、『チーズはどこへ消えた?』のパクりであると、著作権違反を訴えて裁判を起こしました。

 

『チーズはどこへ消えた?』事件の判例が、こちらに掲載されています。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、いろいろ物議を醸している本なのです。

『チーズはどこへ消えた?』はアムウェイの勧誘手段に使われているらしい

あなたは、アムウェイをご存じでしょうか?

 

これは、マルチ商法(ネットワークビジネス)という、悪徳商法をやっている会社です。

 

要は、ネズミ講と同じだと思って結構です。

 

私もその昔、アムウェイをやっているバカ女に勧誘されて、セミナーに参加した経験があります。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、アムウェイの人間が勧誘手段として悪用しているそうです。

 

というか、ネットワークビジネスをやっている人間全般が、『チーズはどこへ消えた?』と『金持ち父さん』をやたら勧めてくるのだとか。

 

『チーズはどこへ消えた?』はマルチ商法のダシに使われているため、内容がつまらないと、批判する人も多いです。

 

『チーズはどこへ消えた?』は寓話であり、寓話を教育に使うなと反論する評論家すらいます。

 

スポンサーリンク



『チーズはどこへ消えた?』の要点・要約

ここで、『チーズはどこへ消えた?』の要点をまとめます。

※ネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

『チーズはどこへ消えた?』の登場人物である、小人の「ホー」の心理状態の変化に着目です。

 

まず、『チーズはどこへ消えた?』にある、「恐怖」を克服する方法について。

 

『チーズはどこへ消えた?』の本文を引用して、「恐怖」を克服する方法を紹介します。

恐怖のせいで悪いほうに考えるのだと思った。

そこで、もし恐怖がなければすることをした。

新しい方向に進んだのである。

 

『チーズはどこへ消えた?』 P49より

 

ホーは恐怖に捕らわれていたのを悟った。

新しい方向に踏み出したことで、解放されたのだ。

(中略)

恐怖がなくなると、想像以上に楽しくなるのがわかる。

 

『チーズはどこへ消えた?』 P51より

 

ホーはあらためて思った。

人が恐れている事態は、実際は想像するほど悪くないのだ。

自分の心の中につくりあげている恐怖のほうが、現実よりずっとひどいのだ。

 

『チーズはどこへ消えた?』 P57より

 

次に、『チーズはどこへ消えた?』に書かれている、変化への心構えを紹介します。

いまになってわかるのは、何が起きているのか注意して見ていたら、変化に備えていたら、あんなに驚くことはなかっただろうということだ。

(中略)

これからはもっと注意しよう、と彼は思った。

変化が起こるのを予想し、変化を求めるのだ。

いつ変化が起きるか本能的に感じ取り、それに適応する準備をするのだ。

 

『チーズはどこへ消えた?』 P45より

 

物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと。

問題を複雑にしすぎないこと。

恐ろしいことばかり考えて我を失ってはいけない。

小さな変化に気づくこと。

遅れれば、適応できなくなるかもしれない。

最大の障害は自分自身の中にある。

自分が変わらなければ好転しない−そう思い知らされた。

 

『チーズはどこへ消えた?』 P65より

 

『チーズはどこへ消えた?』の結末は、そして「ホー」がチーズの宝庫を発見してハッピーエンドという感じです。

 

『チーズはどこへ消えた?』には、ホーが得た教訓がまとめられています。

 

以下のとおりです。

 

『チーズはどこへ消えた?』の内容を、ザックリと紹介しました。

 

『チーズはどこへ消えた?』のは、次の章で、ディスカッション形式で、内容の解説と考察・まとめが書かれています。

 

しかし、『チーズはどこへ消えた?』のストーリーを読めば充分なので、ここは読む必要はないかと。

 

以上、『チーズはどこへ消えた?』の書評でした。

 

『チーズはどこへ消えた?』は、累計発行部数が360万部もあり、大ベストセラー本です。

 

それゆえ、楽天などの通販サイトでも、『チーズはどこへ消えた?』の在庫が豊富にあります。

 

ブックオフに行けば、『チーズはどこへ消えた?』の中古の文庫本を安く買える可能性が高いでしょう。

ヤフーオークションでも、入手できるかもしれません。

 

しかし、『チーズはどこへ消えた?』は、Amazonにて、中古本が大量に出版されており、値段も一番安いです。

 

何も、定価(価格 838円+税)で買う必要はありません。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『チーズはどこへ消えた?』のAmazonの販売ページです。