『生き方―人間として一番大切なこと』(稲盛和夫 著)の書評です。

 

稲盛氏の『生き方―人間として一番大切なこと』のあらすじ・内容

『生き方―人間として一番大切なこと』は、京セラ創業者の稲盛和夫氏が書かれた本です。

 

稲盛氏の『生き方―人間として一番大切なこと』(以下『生き方』)のあらすじについて、「BOOK」データベースの内容を引用します。

刊行10年目にして100万部を突破した、不朽のロング・ミリオンセラー!

二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊。

夢をどう描き、どう実現していくか?

人間としてもっとも大切なこととは何か?

――サッカー日本代表の長友佑都選手、野球日本代表監督の小久保祐紀氏などトップアスリートも座右の書としてその名を挙げる、「究極の人生論」。

 

「BOOK」データベースより

 

稲盛氏の『生き方』は、サッカー日本代表の長友佑都選手も、座右の銘としているそうです。

 

それだけ、稲盛氏の『生き方』は、影響力の強い本なのでしょう。

(後述するように、私は、稲盛氏の『生き方』の名言は受け入れられませんが)

 

稲盛氏の『生き方』は、発行部数100万部の大ベストセラー本です。

口コミサイトでも評判がかなり良いです。

 

海外でも売れまくっており、英語や中国語での翻訳版もあるそうです。

稲盛氏の『生き方―人間として一番大切なこと』の目次

ここで、稲盛氏の『生き方』の目次を紹介します。

<稲盛氏の『生き方』 目次>

第1章 思いを実現させる
第2章 原理原則から考える
第3章 心を磨き、高める
第4章 利他の心で生きる
第5章 宇宙の流れと調和する

稲盛氏の『生き方』の方程式

稲盛氏の『生き方』では、人生・仕事の結果の方程式があります。

<人生・仕事の結果の方程式>

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

 

人生・仕事の結果は、考え方、熱意、能力、この3つのかけ算で決まるそうです。

 

しかし、東大卒の方のように、熱意、能力が人一倍高いエリートでも、考え方が悪い方向(マイナス)だと、

人生・仕事の結果は、大きくマイナスになってしまうとか。

 

では、正しい考え方とは何か?

以下、紹介します(到底受け入れられません!)。

稲盛氏の『生き方』の考え方は受け入れられない

稲盛氏の『生き方』は、発行部数100万部の大ベストセラー本です。

 

サッカー日本代表の長友佑都選手が座右の銘としているなど、多くの人に影響を与える名著です。

 

しかし、私は稲盛氏の『生き方』に書かれている、考え方および働き方は、受け入れられませんでした。

 

例えば、以下のような名言です。

それを私は「神のささやく啓示」と表現しています。

あたかもそれが、必死に努力を重ねて苦しみもだえている人に神さえも同情し、そんなに一生懸命やっているなら助けてあげたいと、答えを与えてくれるように感じるからです。

ですから、私はよく、「神が手を差し伸べたくなるぐらいにまでがんばれ」と社員に檄を飛ばしたものです。

 

『生き方―人間として一番大切なこと』 P100より

 

いかがでしょう。

ちょっとドン引きするような発言だと、私は思います。

 

もうひとつ、稲盛氏の『生き方』の名言を紹介します。

だからこそ、働くことで得られる喜びは格別であり、遊びや趣味ではけっして代替えできません。

まじめに一生懸命仕事に打ち込み、つらさや苦しさを超えて何かを成し遂げたときの達成感。

それに代わる喜びはこの世にはないのです。

(中略)

また、仕事に懸命に打ち込むことがもたらす果実は、達成感ばかりではありません。

それは私たちの人間としての基礎をつくり、人格を磨いていく修行の役目も果たすのです。

禅宗では、お寺の雲水は食事の用意から庭掃除まで、日常のあらゆる作業を行いますが、それは座禅を組むことと同等のレベルに位置づけられています。

つまり日常生活の労働に懸命に取り組むことと、座禅を組んで精神統一を図ることの間に、本質的な差はないと考えられているのです。

日常の労働がすなわち修行であり、一生懸命に取り組むことが、そのまま悟りにつながる道だと教えられているわけです。

 

『生き方―人間として一番大切なこと』 P159より

 

熱い、熱いですね。

しかし、こんな経営者のもとで働くことが、果たして幸せなのでしょうか。

私は、死んでも嫌です。

 

学部時代の研究室の先輩は、稲盛氏が経営する京セラに入社しましたが、耐えられず3年で辞めました。

 

「京セラは”ド”ブラック企業」だと、先輩は仰っていました。

京セラは、優秀な社員がどんどん辞めていく会社なんだとか。

 

稲盛氏も、この事実を分かっているのでしょう。

 

『生き方』に、このように書かれています。

京セラにもこれまで、優秀で利発な人間がたくさん入社してきましたが、そういう人に限って、この会社には将来がないと辞めていきました。

したがって残ったのは、あまり気の利かない、平凡で、転職する才覚もない鈍な人材ということになる。

 

『生き方―人間として一番大切なこと』 P66より

 

京セラは、優秀な人ほどさっさと辞めていく。当然だと思います。

 

私が辞めた会社も、こんな感じでした。

転職した同期は、みんな楽しそうにやっています。

あの会社にいたら、働くことに意味を見いだせず、死んでいたとまで言う同期もいました。

 

当たっています。

 

現在は、働き方改革を国が推進している時代です。

パナソニックやNHKのような超一流企業ですら、ブラック企業として認定される時代です。

 

稲盛氏の『生き方』にある、働き方や考え方を推し進めたら、大変なことになるのではないでしょうか。

 

以上、『生き方―人間として一番大切なこと』(稲盛和夫 著)の書評でした。

 

稲盛氏の『生き方』は、オーディオブックもあります。

しかし、内容をしっかり吸収したいなら、本を読むのが一番でしょう。

 

稲盛氏の『生き方』はベストセラー本ですので、単行本や文庫本の中古本が、楽天やオークションなどで売られています。

 

ですので、わざわざ定価で買う必要はないでしょう。

 

しかし、稲盛氏の『生き方』の中古本は、Amazonのほうが数が多いので、そちらでの購入をオススメします。

Amazonでは、電子書籍であるKindle版もありますので。

 

以下、Amazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク