『人生計画の立て方』(本多静六 著)の書評です。

 

『人生計画の立て方』とは

『人生計画の立て方』とは、東大教授で、“伝説の億万長者”で、「日本の公園の父」でもある、本多静六先生が書かれた本です。

 

本書では、本多静六先生直伝の「人生の計画の立て方」が書かれています。

 

本書が刊行されたのは、昭和27年(1952年)と、60年以上前の本です。

かなり古い本ですが、現在でも充分使える情報が満載です。

 

『人生計画の立て方』を読むと、本多静六先生は、非常にストイックな方だと分かります。

 

そのストイックさ、男らしさ、かっこよさに引き込まれて、あっという間に読めてしまいました。

 

スポンサーリンク



『人生計画の立て方』で得た3つの気づき

私が『人生計画の立て方』を読んで、特に感銘を受けたのは以下の3つです。

<『人生計画の立て方』で得た3つの気づき>

・人生計画を立てるための5つの心構え

・9つの生活態度が人生計画を立てるのに重要

・人生計画で得られる5つの効果

 

それぞれについて、説明していきます。

人生計画を立てるための5つの心構え

『人生計画の立て方』で、本多静六先生は、5つの心構えを述べています。

<人生計画を立てるための5つの心構え>

(3つに厳選します)

2.どこまでも明るい希望を持つこと。

4.人生計画は、焦らず、休まず、怠らず、日に新たなる努力精進をもって、終局において必ず大成するよう、拙速、場当たり、投機等の危険をいささかも含めぬこと。

5.人間は所詮「時代の児」であるから、計画も含めて科学的の進歩と社会発展の線に沿わしめること。

 

『人生計画の立て方』 P61より

 

人生計画を立てる上での、3つの心構えを紹介しました。

 

これらの心構えを一言で言うと、長く続けることであると思います。

 

私は、ブログで生計を立てるべく、毎日記事を書いています。

 

ブログで稼ぐコツは、毎日続けることです。

 

本多先生の仰るとおり、「焦らず、休まず、怠らず」取り組むことです。

 

外注ライターを雇ったり、ブラックハットSEOをやって、莫大な額の経費をかけているアフィリエイターがたくさんいます。

 

すぐに稼ぎたいから、このようなことをやるのです。

でも、赤字のまま終わる人がほとんどです。

 

これは、本多先生が仰る「拙速、場当たり、投機等の危険をいささかも含めぬこと。」に反することでしょう。

 

ブログで稼げるようになるには、数年かかります。

何年間も赤字のまま続けるなんて、私は出来ません。

たぶん発狂します。

 

焦っちゃダメです。

 

すぐにお金が欲しいなら、サラリーマンや、アルバイトをするのがよいでしょう。

 

私はサラリーマンはもう二度とやりたくないので、家庭教師のアルバイトをやるつもりです。

 

もう一つ、本多先生の教えのなかに、「計画も含めて科学的の進歩と社会発展の線に沿わしめること。」とありますね。

 

時代の流れに乗って、行動しようということです。

 

頭は「本の読み方」で磨かれる』にも書かれているとおり、時代の流れを知るためには、読書が一番かと思います。

 

自分の考えに固執しても、上手くいく確率は高くないと思いますので、先人の知恵を借りましょう。

 

スポンサーリンク



9つの生活態度が人生計画を立てるのに重要

『人生計画の立て方』で、本多静六先生は、以下の9つの生活態度が重要だと仰っています。

<人生計画を立てるための9つの生活態度>

1.常に心を快活に持すること。

2.専心その業に励むこと。

3.功は人に譲り、責は自ら負うこと。

4.善を称し悪を問わないこと。

5.本業に妨げなき好機はいやしくも逸しないこと。

6.常に普通収入の四分の一と臨時収入の全部を貯えること。

7.人から受けた恩は必ず返すこと。

8.人事を尽くして時節を待つこと。

9.原則として個人間に金銭貸借を行わぬこと。

 

『人生計画の立て方』 P67〜86より

 

これらの9つの心構えに共通するのは、「心の平穏を保つこと」でしょうか。

 

9つの心構えの中で、とくに刺さったのは、「4.善を称し悪を問わないこと。」です。

 

人の欠点や短所が分かっても、それをハッキリと指摘しないことが重要です。

 

指摘すると、最初は「教えてくれてありがとう」と感謝されるでしょう。

しかし、これをやると間違えなく嫌われます。

 

人の欠点や短所が分かっても、見て見ぬふりをすることがポイントです。

 

人の良い部分のみを見て、悪い部分はまったく存在しないかのように完全無視しましょう。

 

他人は変えられませんから。

変えられるのは、自分の受け止めかただけです。

 

心の平穏を保ち、人生計画を着々と進めていきましょう。

人生計画で得られる5つの効果

人生計画を立てる上での心構えと、生活態度を紹介しました。

 

これらを守って人生計画を実行していくと、以下の5つの効果が得られるそうです。

<人生計画で得られる5つの効果>

1.仕事の順序を誤らず、おのおのの仕事の段階を秩序整然たらしめること。

2.無駄がなく、無理がなく、仕事のでき高が殖え、質もよくなること。

3.仕事の結果があらかじめ推測できるので、仕事の進行を思うままに制御でき、時間と労力が著しく節約できること。

4.常に前途に希望を持ち、かつ現在に安堵し得て、よく焦慮と苦悩と疲労から免れられ、余裕のある生活を送り得ること。

5.可及的速やかに成功し、健康長寿、福徳円満に一生を過ごし得られること。

 

『人生計画の立て方』 P26〜27より

 

人生計画で得られる5つの効果でした。

 

ここまで凄い効果が得られるのかは分かりません。

 

しかし、自分に出来ることを毎日続けると、いつか凄いところに到達できるのでしょう。

 

村上春樹さんなどの偉人は、誰もが出来ることを、毎日ひたすら継続した結果、素晴らしい地位や名誉を手にされています。

参考)『脳を最高に活かせる人の朝時間

 

私の目標は、ブログで生活できるようになることです。

 

「焦らず、休まず、怠らず」、投機に走らず、心の平穏を保ちながら、毎日記事を書いていきます。

 

あなたも、人生の目標があるのなら、自分に出来ることを毎日継続していきましょう。

 

以上、『人生計画の立て方』(本多静六 著)を簡単に紹介しました。

 

興味がある方は、是非ご一読を!