『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』(茂木健一郎 著)を読了したので、書評を書きます。

 

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』とは

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』とは、脳科学者である茂木健一郎先生が提唱する、「瞬間集中法」が詳しく書かれた本です。

 

「瞬間集中法」とは、思い立ったらすぐに仕事に取りかかり、隙間時間を有効活用するやり方です。

 

通勤時間中は、隙間時間は生まれるはずです。

私も電車で移動中は、読書をする時間が20分ほど確保できました。

 

隙間時間ができたらすぐに仕事。

読書、記事執筆、SNSへの投稿などを、すぐに集中してやる。

 

これが瞬間集中法です。

 

瞬間集中法を何度も繰り返すと、脳の集中回路が鍛えられます。

すると、「さぁやるか!」と思ったら、すぐに集中力MAXな状態で仕事に取りかかれます。

 

隙間時間をフル活用した結果、かなりの量の仕事がこなせてしまうのです。

 

サラリーマンを例に出しましたが、この本にはブログをやり続けるヒントもたくさん書かれていました。

 

スポンサーリンク



『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』で得た3つの気づき

私が『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』を読んで、特に感銘を受けたのは、以下の3つです。

<『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』で得た3つの気づき>

・深く考えないことを習慣化する

・「おっちょこちょい」がうまくいく

・普段は仕事について深く考えないようにする

 

それぞれについて、説明していきます。

深く考えないことを習慣化する

「さぁ、ジョギングするぞ!」と特別なことをやろうと身構えてしまうと、その時点で脳に抑制がかかり、なかなか続きません。

それよりも、あくまで自然体で何も考えずに、「散歩でもしに行こうか」くらいの感覚で続けることが望ましいのです。

 

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』 P22

 

勉強や仕事を始めるときは、気合いを入れて始めないほうが良いそうです。

 

毎日「頑張るんだ!」と意識し続ける人は、脳に相当な負担がかかっています。

 

毎日精力的に記事をアップしてたブロガーが、ある日突然止めてしまうのも、こういう理屈からなのでしょう。

 

「とりあえず適当にやってやろうか」と気楽にやり始めても、エンジンがかかってきまて、同じように仕事をこなせます。

 

ブログも仕事も勉強も、気合いを入れてやる必要はないのです。

 

精神科医で作家の樺沢紫苑先生は、「30点の出来で、とりあえず最後まで仕上げる」スタンスで、本を書かれています。

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」を読んだらユルく生きられますよ!

 

最初から100点を目指しても100点にはなりませんし、このやり方では疲れてしまい続きません。

 

気合いを入れない、気楽な気持ちでやることが、続けるコツなのでしょうね。

 

私も力むクセがあります。

ブログで生計を立てるのだから、完璧な記事を書かなきゃならない!という感じで。

 

ブログやアフィリエイトで成功するコツは、やり続けることです。

記事のクオリティも重要でしょうが、それ以上に、毎日続けることが重要になってきます。

 

完璧主義では成功が遠のく恐れがあるので、気をつけます。

「おっちょこちょい」がうまくいく

「おっちょこちょいで、何でもとりあえずやってしまうような人のほうが、案外うまくいくことが多い」

 

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』 P51

 

ここでいう「おっちょこちょい」とは、『成功するかどうかは分からないけど、とりあえずやってみる人』です。

 

何でもとりあえずやってみる人は、うまくいくことが多いそうです。

 

その成功の背景には、「セレンディピティ」があるそうです。

「セレンディピティ」とは、『偶然の巡り合いを引き寄せる力』です。

 

行動し続けると、いつかは成功のチャンスが巡ってくるのでしょう。

 

私も副業で商売をやった経験があるので、「セレンディピティ」がなんとなく実感できます。

 

私は、会社でパワハラを受けて追い詰められ、ニュースキンビジネスに手を染めて、素寒貧になりました。

 

しかし、その後ある副業で商売を始めて成功し、人並みの貯金ができました。

実家の家のローンを完済してあげ、親孝行もできました。

 

副業を始めたとき、成功する保証は全くありませんでした。

それでもやりました。もう後がない状態だったので。

 

最初は、ほとんど売上がありませんでした。

 

でもやり続けるうちに、次々とチャンスが巡ってきました。

どんどん売上が伸びていき、人並みの貯金ができるまでになりました。

 

「おっちょこちょい」のほうが成功しやすい。

私が商売をやってそこそこ上手くいった経験から、これは正しいと思います。

普段は仕事について深く考えないようにする

仕事をバリバリやっている人や勉強を頑張っている人は、実は普段から仕事や勉強について深く考えていませんし、また考えないようにしています。

 

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』 P151

 

多くの人は、休んでいるときも仕事のことを考えてしまった経験があることでしょう。

 

私もその中の一人です。

というか、私は気をもむところが大いにあり、仕事にハマると四六時中そればかり考えてしまいます。

 

このときの思考状態は、ネガティブ思考です。

「失敗したらどうしよう」「この先どうなっちゃうんだろう」とか、そんなことばかり考えてしまいます。

 

これ、ダメですよね。

脳を疲れさせてしまい、続きません。

 

先述のとおり、ブログで成功するコツは「続けること」です。

続けるために、できるかぎり脳に負担をかけないようにした方がよいでしょう。

 

だから、仕事をしていないときは仕事を忘れるよう、努力しなくてはなりません。

気をもんでも何一つ良いことはありませんから。

 

分かっちゃいるけど、なかなかできないものです。

 

でも、ブログを続けないと成功出来ません。

失敗したらまたサラリーマンに逆戻りです。

それは絶対に避けたいです。

 

だから、茂木健一郎の教えに従い、休んでいるときは仕事のことを考えないよう努力します。

 

以上、『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』(茂木健一郎 著)を簡単に紹介しました。

 

Amazonに中古で安く売られていますので、そちらがオススメです。

 

興味がある方は、是非ご一読を!

 

 

スポンサーリンク