『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』(堀江貴文 著)の書評です。

 

「バカは最強の法則」とは

「バカは最強の法則」は、ビジネス書です。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんのビジネスマインドが、マンガ形式でわかりやすく書かれています。

私は1時間程度で読了しました。

 

堀江貴文さんの本にご興味がある方は、まずは『バカは最強の法則』を読むと良いでしょう。

 

その後、『多動力』や『すべての教育は洗脳である』などのビジネス書を読むと、理解が進みます。

 

なお、残念ながら『バカは最強の法則』は、漫画村などで無料で読めません。

 

ここは、Amazonで中古本を買ってくださいね。

 

スポンサーリンク



『バカは最強の法則』で得た3つの気づき

『バカは最強の法則』で私が特に感銘を受けたのは、以下の3つです。

<「バカは最強の法則」で得た3つの気づき>

・バカは打席に立つ回数が多い

・商売は「ギブ&ギブ&ギブ」の精神が重要!

・外の世界は広いんだよ会社辞めちゃおうよ

 

それぞれ説明していきます。

バカは打席に立つ回数が多い

 

「バカは打席に立つ回数が多い」

起業するなら、この精神が重要だと堀江貴文さんは仰っています。

 

私はかつて、副業で商売をやってそれなりに成功して、人並みの貯金を手に入れました。

 

この商売で稼ぐコツは、圧倒的な物量をこなすことです。

 

私は、CDを販売してお金を稼いでいました。

 

人には知られていない、特殊な仕入れ先を発掘しました。

(この仕入れ先が枯渇してしまい、今私は商売をやっていません)

 

仕入れたCDの枚数は、5万枚を超えます。

サーチしたCDは、優に100万枚を超えます。

 

ものすごい物量のCDに当たっているのが分かるかと思います。

 

車で多くの仕入れ先を回り、経営者に頭を下げて価格交渉しまくりました。

 

薄利多売の商売ではありましたが、人並みの貯金を手に入れることが出来ました。。

 

副業をしていたときは、本当にバカになってやりまくっていました。

やればやるだけ儲かる状態で、とても楽しかったです。

 

このように、堀江貴文さんが仰る「バカは打席に立つ回数が多い」は当たっています。

 

稼ぎたいなら、とにかくやりまくるしかありません。

 

やりまくる中で自分なりのやり方が見えてきます。

それを突き詰めていくことで、いずれ大きく稼げるようになるはずです。

 

私は現在、会社を辞めてブログで食べていく予定です。

そのために、毎日愚直に記事を書き続けています。

 

その中で何らかのひらめきが浮かんで、副業をやっていた時のように稼げると信じています。

商売は「ギブ&ギブ&ギブ」の精神が重要!

 

ビジネスでは、「ギブ&ギブ」おまけに「ギブ!」くらいの気構えが必要だと、堀江貴文さんは仰っています。

 

私が副業で稼げたのは、まさにこの気構えがあったからだと思います。

 

私が発掘したCDの仕入れ先には、不良在庫を抱えて頭を悩ます経営者ばかりいました。

 

経営者の多くは年配の方でした。

お年寄りですので、顔の見えない相手に長年連れ添った愛着のあるCDを売りたくないものです。

 

そこで私は、北海道からフェリーに乗って直接仕入れ先に出向きました。

そして、その場でお見積もりして、その場で現金払いしました。

 

このスタイルが経営者の方々に非常に好評で、価格交渉が面白いように上手くいきました。

 

しかし、ものすごくきつかったです。

 

こちらは、とある仕入れ先にて仕入れしたCDの画像です。

 

 

会計時に枚数を分かりやすくするために、CDを20枚ずつ重ねて並べています。

 

上の画像だけで、CDがおよそ600枚ほどあります。

 

この10倍以上の枚数のCDを、1枚1枚ていねいに価格調査をして、仕入れするかどうか判断します。

これだけでも、相当きついです。

 

価格調査が終わると、上の画像のようにCDを並べて経営者と一緒に枚数を正確に数え、会計します。

 

会計後、これらのCDを段ボール箱に詰めて、車に運びます。

CDを140サイズの段ボール箱に収めると、大体40㎏くらいになります。

1つの仕入れ先につき、段ボール箱5〜6箱になります。

 

この作業を1日に何度もこなしていました。

 

このように私は、経営者に負担をかけないよう最大限努力しました。

 

まさに、堀江貴文さんが仰る「ギブ&ギブおまけにギブ!」を実践したからこそ、人並みの貯金を手に入れられたのです。

 

私は現在、ブログに専念しています。

 

まずはお金を求めず、ユーザーに有益な情報を提供する努力が必要だと思っています。

外の世界は広いんだよ会社辞めちゃおうよ

 

私は、職場で仕事を1年近く与えられず放置され、ボーナスの査定で一方的に最低評価を付けられるというパワハラを受けました。

 

しかし、『死ぬくらいなら会社辞めればができない理由』に書かれているとおり、

私は「学習性無力感」状態で、会社を辞められずにいました。

 

このときに、「バカは最強の法則」が私の背中を押してくれました。

 

「人を精神的に追いこむような環境が、まともであるはずがない」と、「バカは最強の法則」に書かれています。

 

本当にその通りです。

 

あなたも会社がブラックだと感じるなら、一度関係を見直してみませんか?

 

給料だけがお金ではありません。

私は副業で稼いで、これを深く実感できています。

 

『バカは最強の法則』では、「何でもとにかく、大胆に挑戦してみることが大切なんだ」と書かれています。

 

私は現在、収入が不安定な状態でブログに専念しています。

30代からのチャレンジです。

 

目標は、副業以上の収入を毎年稼ぐことです。

 

そのために、毎日愚直に記事を書き続けます!

 

以上、『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』(堀江貴文 著)を簡単に紹介しました。

 

『バカは最強の法則』は、楽天などにも売られていますが、Amazonがオススメです。

 

Amazonの方が中古本が安く手に入りますし、電子書籍であるKindle版もありますので。

 

以下、Amazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク