『お金のIQお金のEQ― 世界の幸せな小金持ちが知っているお金の法則』(本田健 著)(サンマーク出版)の書評です。

 

『お金のIQお金のEQ』で刺さった3つの内容

私が『お金のIQお金のEQ』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『お金のIQお金のEQ』で刺さった3つの内容>

・金持ちは自分を豊かにしてくれる物を買い、貧乏人は豊かな気分にしてくれる物を買う

・詐欺師が人を見るときの2つのポイント

・ビジネスは農業と同じもの

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



金持ちは自分を豊かにしてくれる物を買い、貧乏人は豊かな気分にしてくれる物を買う

「金持ちは自分を豊かにしてくれる物を買い、貧乏人は豊かな気分にしてくれる物を買う」

(中略)

金持ちになっていく人は、ブランド品を買ったり、高級車を買う余裕があれば、まず先にそのお金で不動産を買ったり、株を買ったり、自己投資するのです。

ブランド品や高級車は、あなたを豊かな気分にしてくれますが、実際は、あなたを貧しくしています。

それは、ブランド品や高級車は、お金を生み出さないからです。

それどころか、高い維持費がかかりますし、売ろうと思っても、買った値段以上ではめったに売れません。

金持ちになっていく人は、物事の本質を見抜きます。

誰でも買っているというような、社会的な「ノリ」にだまされないことです。

おもしろいのは、金持ちになっていく人は、自分を律する習慣ができるので、いくらでも買える状況になっても、そんなもったいないことができない人間になってしまうことです。

 

『お金のIQお金のEQ』 P136〜137より

 

金持ちは自分を豊かにしてくれる物を買い、貧乏人は豊かな気分にしてくれる物を買う。

 

消・浪・投(しょう・ろう・とう)という言葉があります。

 

これは、ものを買うとき、消費なのか浪費なのか、それとも投資なのかを判断して買いなさいということです。

 

消費は、日用品など、日々の生活を維持するために必要なものを買うことです。

これは生きていくために必要な活動ですので、仕方がありません。

でも、食費を節約したりして、減らしていきたいものです。

 

浪費は、ブランド品のバッグや高級車など、虚栄心を満たすためだけに買う活動です。

これは、お金持ちになりたいのなら、絶対に避けなければならないことです。

私も会社を辞めてからは、浪費は1円もしていません。

 

投資は、将来お金を得るために、本を買ったり、パソコンを買ったりなどする活動です。

お金持ちになりたいのなら、出費のなかで、投資の割合を増やすことです。

 

私も、毎月の出費のほとんど全てが本代です。

 

このほか、ブログ記事執筆のために、iPhoneやMacBookProを買いました。

iPhoneは、記事をスマホ表示させて、快適に読めるかをチェックするのに使っています。

 

私はブログで生計を立てていくと決めているので、こうした出費は痛くありません。

デバイス類はすべて揃いました。

あとは、本代にじゃんじゃん投資していくつもりです。

 

目指せ、毎月50冊読破!

詐欺師が人を見るときの2つのポイント

詐欺師は人を見るときに二つの要素を見ます。

一つ目は、相手が小金を持っているかどうかです。

まったくお金がない人は、お客さんになりません。

二つ目は、儲けてやりたいと思っているかどうかです。

この二つの要素がそろわないと、だますことができません。

もうお金は十分持っていると思っている金持ちは、そういう話に乗ってこないものです。

 

『お金のIQお金のEQ』 P147より

 

私はかつて、ニュースキンというマルチ商法(犯罪)に手を染めていました。

 

ニュースキンビジネスをやっている詐欺師の餌食になり、100万円以上のお金を失いました。

 

詐欺師がカモを選定するときのポイントは、二つあるみたいですね。

 

一つは、小金を持っていること。

もう一つは、儲けてやりたいとギラギラしていることです。

 

私は当時、腐っても東証一部上場企業に勤めていました。

小金を持っていると、詐欺師は思ったのでしょう。

 

また、当時から会社嫌でしょうがありませんでした。

会社を辞めても生きていける収入源を探して、焦っていました。

 

まさに、詐欺師にとっては、格好の獲物ですね。

 

そして、まんまとニュースキンビジネスにハマって、セミナーで洗脳され、製品を大量買い込みして、100万円近くのお金を失いました。

 

母にも、50万円近く使わせてしまいました。

このお金は、母の老後の大切な蓄えです。

 

私がニュースキンの詐欺師に騙されたばかりに、色々な人に迷惑をかけてしまいました。

 

あなたも、詐欺師に引っ掛からないように気をつけましょう。

 

お金が欲しくて焦っているのでしたら、ブログをやりましょう。

毎日コツコツ記事を書き続ければ、お小遣い程度にはなるはずです。

 

お小遣い程度のお金でも、手に入ると楽な気持ちになれるでしょう。

焦りがなくなれば、詐欺師に騙されることはなくなるはずですから。

 

スポンサーリンク



ビジネスは農業と同じもの

お金のEQ四原則で、いちばんむずかしいのが、三番目の「信頼すること」です。

(中略)

農家の人たちを想像してください。

彼らは、春に種をまいたら、秋には確実に収穫できることを信頼しています。

つい数日前に種を植えたばかりなのに、芽が出ないといって畑を掘り返したり、芽が伸びるのが遅いといって、出たばかりの芽を引っ張っていたら、あなたは吹き出すでしょう。

この例なら誰でも笑いますが、同じようなことをビジネスや投資の世界では、みんながやっているのです。

 

『お金のIQお金のEQ』 P200より

 

お金のIQとは、お金を稼ぐ能力・お金を守る能力のことです。

 

お金のEQとは、お金を人の役に立てるよう、気持ちよく使う能力のことです。

お金のEQにはこのほかにも、4つの原則があります。

 

上の引用文は、4つの原則のうちの1つについて語られています。

 

ブログなどストック型のビジネスを始めたら、信頼することが大切です。

 

記事を書いて種をまき、収穫のときがやってくるまで、辛抱強く待てる能力が重要です。

 

この「信頼すること」ができなくて、つまりお金のEQが低いせいで、多くのブロガーが消えていくのでしょう。

 

焦りは禁物です。

すぐにお金が欲しいのなら、私のように家庭教師のアルバイトでもやるべきです。

 

私も家庭教師のアルバイトをやって、生活を維持しながら、ブログで稼げる日がくるのを待っています。

 

家庭教師のアルバイトは純粋に楽しいので、今の生活は全然苦じゃないです。

 

多分ブログで稼げるようになっても、家庭教師のアルバイトは続けるでしょうね。

 

活動をマルチにしたほうが、脳の基本回転数が高まり、記事のクオリティが上がりますから。

 

以上、『お金のIQお金のEQ― 世界の幸せな小金持ちが知っているお金の法則』(本田健 著)(サンマーク出版)の書評でした。

 

『お金のIQお金のEQ』は、Amazonにて、中古本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『お金のIQお金のEQ』のAmazonの販売ページです。