『お風呂の愉しみ』(前田京子 著)(飛鳥新社)の書評です。

 

『お風呂の愉しみ』で刺さった内容

私が『お風呂の愉しみ』を読んで、特に刺さった内容は、以下のとおりです。

<『お風呂の愉しみ』で刺さった内容>

・石けん、シャンプー、歯磨きなどは自作できる

・自作石けんはグリセリンがたっぷり(市販のはダイナマイトに)

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



石けん、シャンプー、歯磨きなどは自作できる(レシピ公開)

ですから私は、石けん、シャンプー、リンス、入浴剤その他、湯あがりの化粧水やコロン、歯磨きまで、バス用品はすべて、からだによい安全な材料を選び、好みに合わせて手作りしたものを、その日の気分や体調に応じて選んで使っています。

「えっ、そんなもの、自分で作れるの?」と驚く方が多いのですが、そう、こうしたものは、ちゃんと自分で作れるんです。

(中略)

(中略)

自分で作れば、そんなお金をかける必要はありません。

どんなに上等の材料を使うといったって、基本的にそれは「油」と「苛性ソーダ」と「水」なんですから。

(中略)

一番シンプルな、オリーブオイルだけで作る無香料の石けんなら、1個100グラムぐらいのものが原価100円ちょっとでできますし、エッセンシャルオイルで香りをつけて遊んだり、オリーブオイルよりさらによい油をいろいろと混ぜて、「売りものでは絶対にありえない」ランクの石けんを作って最高に贅沢したところで、原価250円ほどでおさまります。

 

『お風呂の愉しみ』 P27〜58より

 

なんと、石けん、シャンプー、歯磨きなどは、自分で作ることができるそうです。

 

私が普段読むのは、主にビジネス書です。

 

今回初めて『お風呂の愉しみ』などという、ジャンル外の本を読んでみました。

 

読んだ理由は、著書『本は10冊同時に読め!』で、ジャンルの異なる本を平行して読むと、視野が広がると書かれていたからです。

 

できれば、全くジャンルの異なる「ぶっ飛んだ本」を選ぶのが良いと。

 

そこで試しに、『お風呂の愉しみ』を選んでみました。

 

たしかに、ぶっ飛んでいる本でしたが、違う世界を見ることができて、楽しめました。

 

これからも、ビジネス書に飽きたら、気分転換にこういう本を読んでみようと思います。

 

あと、機会があれば石けん作りにも挑戦してみたいですね。

 

後述するとおり、自作石けんはグリセリンがたっぷり含まれており、市販品よりはるかに優れているらしいですから。

自作石けんはグリセリンがたっぷり(市販のはダイナマイトに)

油と苛性ソーダを合わせると、石けんとグリセリンができます。

(中略)

ここで今まず、お話ししたいのは、石けんといっしょにできてくるグリセリンというもののことです。

グリセリンは透明のとろりとした甘い液体で、薬局でも、ひび、あかぎれの薬や下剤として売られています。

このグリセリンには、空気中の水分を引き寄せてくる性質がありますから、すばらしい保湿成分です。

ですから、肌にとっては、それはそれはいいものなんですが、一般に売られている大量生産石けんにはまず、ほとんど含まれていません。

(中略)

グリセリンは、他にも合成樹脂やダイナマイトの材料になったり、化粧品や薬品の原料にもなるものなので、工場ではこれを石けんから別に取り分けて売ってしまうのです。

(中略)

手作りの石けんの場合は、油と苛性ソーダを混ぜたタネの中に、自然にたっぷりとできあがって含まれているグリセリンを、まるごといっしょに型に流して、そのまま固めます。

肌荒れのためにわざわざ塗るようなものが、そのままごっそり入っているのですから、その石けんを使っただけで、ひび割れが治ったとしても、不思議ではありません。

 

『お風呂の愉しみ』 P65〜67より

 

自作石けんには、肌荒れに効果の高いと言われている、グリセリンがたっぷり含まれているそうです。

 

逆に、市販の石けんには、グリセリンはほとんど含まれていないことが多いそうです。

 

製造過程で分離されたグリセリンは、ダイナマイトの原料などに回されるとか。

 

私が普段使っている石けん(ボディソープ)は、Coopのプライベート商品の液体石けんです。

 

安物ですので、グリセリンはほとんど含まれていないのでしょう。

それでも、肌がガサガサに荒れたりはしません。すべすべにもなりませんが。

 

もしグリセリンたっぷりの自作石けんを使ったら、肌にどんな変化があるのでしょうかね。

もう市販の液体石けんには戻れなくなるのでしょうか。

 

一度試してみたいものです。

 

以上、『お風呂の愉しみ』(前田京子 著)(飛鳥新社)の書評でした。

 

『お風呂の愉しみ』は、Amazon評価数・レビュー数が100を超える、注目されている本です。

 

楽天などの通販サイトでも、『お風呂の愉しみ』の在庫が多数あります。

 

しかし、『お風呂の愉しみ』は、Amazonにて、中古本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『お風呂の愉しみ』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク