『道をひらく』(著者:松下幸之助)(出版社:PHP研究所)の書評です。

 

『道をひらく』の目次

まず、『道をひらく』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『道をひらく』の目次>

まえがき

運命を切りひらくために

道 10
素直に生きる 12
志を立てよう 14
手さぐりの人生 16
自然とともに 18
さまざま 20
真剣勝負 22
若葉の峠 24
是非善悪以前 26
病を味わう 28
生と死 30

 

日々を新鮮な心で迎えるために

日々是新 34
視野を広く 36
心の鏡 38
人事をつくして 40
雨が降れば 42
日に三転す 44
なぜ 46
花のように 48
本領を生かす 50
くふうする生活 52

 

ともによりよく生きるために

縁あって 56
あいさつをかわす 58
サービスする心 60
長所と短所 62
辛抱する心 64
生かし合う 66
責任を知る 68
真剣に叱られる 70
人間だけが 72
世間知らず 74
心を通わす 76

 

みずから決断を下すときに

断を下す 80
命を下す 82
風が吹けば 84
判断と実行と 86
眼前の小利 88
善かれと思って 90
止めを刺す 92
カンを働かす 94
世の宝 96
自問自答 98
根気よく 100
思い悩む 102

 

困難にぶつかったときに

心配またよし 106
時を待つ心 108
岐路にたちつつ 110
困っても困らない 112
世間というもの 114
仕事というものは 116
忍耐の徳 118

 

自信を失ったときに

転んでも 122
失敗か成功か 124
紙一重 126
絶対の確信 128
心を定めて 130
懸命な思い 132
窮屈はいけない 134
ものの道理 136
一人の知恵 138
一陽来復 140

 

仕事をより向上させるために

自分の仕事 144
働き方のくふう 146
しかも早く 148
けじめが大事 150
旗を見る 152
つきまとう 154
引きつける 156
力をつくして 158
おろそかにしない 160
プロの自覚 162

 

事業をよりよく伸ばすために

見方を変える 166
商売の尊さ 168
大事なこと 170
ファンがある 172
手を合わす 174
何でもないこと 176
敵に教えられる 178
あぶない話 180
熱意をもって 182
ノレンわけ 184
同じ金でも 186
追求する 188

 

自主独立の信念をもつために

自得する 192
虫のいいこと 194
恵まれている 196
こわさを知る 198
あぐらをかく 200
乱を忘れず 202
後生大事 204
己を知る 206
身にしみる 208
正常心 210
わが身につながる 212
教えなければ 214
学ぶ心 216
もっとも平凡な 218
敬う心 220
身につまされる 222

 

生きがいある人生のために

真実を知る 226
芋を洗う 228
年の瀬 230
自分の非 232
勤勉の徳 234
知恵の幅 236
まねる 238
心を高める 240
体験の上に 242
わけ入れば 244

 

国の道をひらくために

国の道 248
覚悟はよいか 250
信念のもとに 252
わが事の思いで 254
平和と闘争 256
談笑のうちに 258
ピンとくる 260
政治という仕事 262
求めずして 264
大衆への奉仕 266
ダムの心得 268
日本よい国 270

 

スポンサーリンク



『道をひらく』とは?概要・内容あらすじ・要約

『道をひらく』とは、松下電器(現:パナソニック)を立ち上げ、経営の神様と呼ばれている松下幸之助さんが書かれた本です。

 

『道をひらく』には、松下幸之助さんの名言がまとめられています。

 

『道をひらく』は、発行部数が520万部以上あり、戦後2番目に多い売上を出した、超ベストセラー本です。

 

『道をひらく』の中で、とくに有名な名言を以下にまとめます。

・雨が降れば

・命を下す

・縁あって

・同じ金でも

・くふうする生活

・転んでも

・志

・子ども

・サービスする心

・真剣勝負

・仕事というものは

・辛抱する心

・素直に生きる

・責任を知る

・正常心

・世の宝

・自分の仕事

・絶対の確信

・日々是新

 

『道をひらく』のページ数は271ページと、やや文量が多いです。

毎日少しずつ、松下幸之助さんの名言を読んでいってください。

 

活字が苦手な方は、『道をひらく』のオーディオブック版も発売されています。

 

『道をひらく』は、Amazon評価数・レビュー数が250以上ある、非常に注目されている本です。

 

口コミサイトである読書メーターでも、『道をひらく』のレビューが多数投稿されています。

 

それゆえ、『道をひらく』の読書感想文や、学んだことと称した記事が、ネットに多数あります。

 

『道をひらく』は、ファッションモデルである押切もえさんが、バイブルとしていることでも有名です。

 

『道をひらく』は、週間手帖が毎年発売されています。

それだけ、『道をひらく』は、長いこと売れているということなのでしょう。

 

『道をひらく』には、関連本として『ハローキティの「道をひらく」』が出版されています。

 

『道をひらく』の内容が気に入ったら、合わせてこちらも読むとよいでしょう。

 

また、『道をひらく』には、英語版の『The Path: Find Fulfillment through prosperity from Japan’s Father of Management』もあります。

 

英語の学習をするのに、かなり使える本だと言われています。

興味があれば、購入してみましょう。

『道をひらく』(松下幸之助)で刺さった3つの名言

私が『道をひらく』を読んで、特に刺さった名言は、以下の3つです。

<『道をひらく』で刺さった3つの名言>

・サービスする心

・時を待つ心を養おう

・楽をするくふうをしよう

 

それぞれについて、説明していきます。

サービスする心

サービスする心

与え与えられるが、この世の理法である。

すなわち、自分の持てるものを他に与えることによって、それにふさわしいものを他から受けるのである。

これで世の中は成り立っている。

だから、多く受けたいと思えば多く与えればよいのであって、充分に与えもしないで、多く受けたいと思うのが、虫のいい考えというもので、こんな人ばかりだと、世の中は繁栄しない。

(中略)

どんな人にでも、探し出してくれば、その人だけに与えられている尊い天分というものがある。

その天分で、世の中にサービスをすればよいのである。

(中略)

おたがいに繁栄の社会を生み出すために、自分の持てるもので、精いっぱいのサービスをしあいたいものである。

 

『道をひらく』 P60〜61より

 

ビジネスで成功するには、サービスする心が大切であると私は解釈しました。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんは著書『バカは最強の法則』で、商売は「ギブ&ギブ&ギブ」の精神が大切だと仰っています。

 

また、本田健さんの著書『ユダヤ人大富豪の教え』や『スイス人銀行家の教え』によると

お金持ちは「ここまでサービスしちゃっていいの?」というくらい、サービスをするそうです。

 

サービスする精神が、成功への近道なのです。

 

わたしも家庭教師のアルバイトで、これを実践しています。

 

30分くらいサービスしたり、問題集の解説書を自宅で作成したりなど、自分なりにサービスをしています。

 

これが功を奏するかどうかは分かりません。

 

でも、やります。

そして、あわよくば、そこから輪が広がっていけばと思っています。

 

生徒を4人くらいゲットできれば、それで食べていけますから。

 

親がキチンとしている優良顧客ばかりだと、最高ですね。

時を待つ心を養おう

わるい時がすぎれば、よい時は必ず来る。

おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。

あせらずあわてず、静かに時の来るのを待つ。

(中略)

時を得ぬ人は静かに待つがよい。

大自然の恵みを心から信じ、時の来るのを信じて、着々とわが力をたくわえるがよい。

着々とわが力をたくわえる人には、時は必ず来る。時期は必ず来る。

待てといわれればなおあせるのが人情である。

だが、自然の理はわがままな人情には流されない。

冷たいのではない。

静かに時を待つ人には、暖かい光を注ぐのである。

おたがいに時を待つ心を養いたい。

 

『道をひらく』 P108〜109より

 

我慢して努力し続ければ、いつか必ず成功するという話です。

 

私はブログで生計を立てるべく、毎日記事を書いています。

 

今はブログの収入だけでは食べていくことが難しい状況です。

なので、家庭教師のアルバイトを並行してやっています。

 

いつか、20万円程度のブログ収入が得られればよいなと思っています。

 

そこまで行くには、きっと数年はかかることでしょう。

 

しかし、努力し続ければ必ず結果が出ると信じて、これからも頑張っていきます。

楽をするくふうをしよう

人より一時間、よけいに働くことは尊い。

努力である。勤勉である。

だが、今までよりも一時間少なく働いて、今まで以上の成果をあげることも、また尊い。

そこに人間の働き方の進歩があるのではなかろうか。

それは創意がなくてはできない。くふうがなくてはできない。

働くことは尊いが、その働きにくふうがほしいのである。創意がほしいのである。

(中略)

怠けろというのではない。

楽をするくふうをしろというのである。

楽々と働いて、なおすばらしい成果があげられる働き方を、おたがいにもっとくふうしたいというのである。

そこから社会の繁栄も生まれてくるであろう。

 

『道をひらく』 P146〜147より

 

『道をひらく』の著者の松下幸之助さんは、なんと1960年代に「効率化」を良しとしていました。

 

私は、これには大変驚きました。

 

この時代は、モーレツ社員が群生していて、長時間労働が美徳とされていた時代です。

 

そんな時代に、経営のトップである松下幸之助さんが、「効率化」を推進していたのです。

 

上の引用文は、現在でも十分通用するでしょう。

というか、現在だからこそ活きてくる名言だと言えます。

 

私も、ブログ記事を書く時間を短縮するよう、日々意識しています。

 

作業時間が減れば、脳を休ませる時間が増えます。

そうすることで、創意工夫することに脳を使え、より作業時間を短縮することができます。

 

また、楽にやることは、長く続けるコツだと思います。

作業時間が減れば、楽になるので、毎日続けることが苦痛でなくなります。

 

このように、仕事をする上で、効率化は絶対に有益だと私は思います。

 

昭和の時代に「効率化」を推進した松下幸之助さんは、先見の明があったのでしょう。

さすが、一代でパナソニックを立ち上げただけあります。

 

最初私は『道をひらく』を社畜養成本だと思っていましたが、良い意味で裏切られました。

 

『道をひらく』は、一読の価値ありです。

 

以上、『道をひらく』(著者:松下幸之助)(出版社:PHP研究所)の書評でした。

 

『道をひらく』は、発行部数が520万部以上あり、戦後2番目に多い売上を出した、超ベストセラー本です。

 

それゆえ、楽天などの通販サイトでも、『道をひらく』の在庫が多数あります。

 

売れまくった本なので、ジュンク堂や有隣堂などの実店舗でも、『道をひらく』は必ず置かれているでしょう。

 

ブックオフに行けば、『道をひらく』の中古本が入手できる可能性が高いです。

 

ヤフオクでも、『道をひらく』が多数出品されています。

 

しかし、『道をひらく』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

なにも、『道をひらく』を定価(値段 940円)で買う必要はないでしょう。

 

『道をひらく』は、電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです

 

以下、『道をひらく』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク