『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 文庫特別版 』(出版社:角川文庫)(作者:坪田信貴)の書評です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』内容のあらすじ・要約

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』とは、

主人公「小林さやか」さんが、偏差値30から1年半で慶應義塾大学総合政策学部に合格するまでの軌跡を描いた物語です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の作者(著者)は、

名古屋にある坪田塾の講師の坪田信貴さんです。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』のジャンル(分類)は、

教育学です。

つまり、受験本という位置づけです。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の発行年(発売日)は、2015年4月10日です。

ページ数は、239ページと、文庫本としては標準的な文量となっています。

 

スポンサーリンク



『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は大ベストセラー本

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は累計発行部数が100万部以上ある、大ベストセラー本です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、Amazon評価数・レビュー数も、400以上あります。

 

口コミサイトである読書メーターでも、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』のレビューが多数投稿されています。

 

それゆえ、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』読書感想文を書いたブログが、ネットに多数あります。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』表紙モデルは石川恋さん

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、表紙モデルの顔がかわいいと評判です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』表紙モデルは誰なのか、ネットで検索する人が多いそうです。

 

本人なのか?別人なのか?

 

答えは、別人です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の表紙モデルは、ファッションモデルの石川恋さんです。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の登場人物

ここで、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の登場人物を紹介します。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』には、主に3人の登場人物がいます。

 

一人が、高校生の「小林さやか」ちゃん。

もう一人が、名古屋にある坪田塾の先生の「坪田信貴」さん。

最後に、「小林さやか」ちゃんの母親の「ああちゃん」です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、この3人のエピソードをまとめた実話です。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の高校はどこ?

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の「小林さやか」ちゃんは、高校の落ちこぼれでした。

 

この「小林さやか」ちゃんの出身高校はどこなのか、ネットで騒がれています。

 

「小林さやか」ちゃんの出身高校は、有名進学校の金城学院高校です。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 実際の真相は嘘?

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の登場人物である、

「小林さやか」ちゃんは、有名進学校出身です。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の真実は、

有名進学校の落ちこぼれから、慶應義塾大学に合格したというエピソードです。

 

底辺高校から慶應義塾大学にはい上がったのではありません。

 

そのため、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』には、批判も多いです。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、詐欺だ。実際は嘘話だとか。

 

批判が批判を呼び、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の2chのスレッドまで立ち上がるほどでした。

 

私が『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を読んだ感想ですが、

登場人物の「小林さやか」ちゃんは、有名進学校出身とはいえ、学力はかなり低いと言えます。

 

入試直前の模試でもE判定を出すなど、かなりやばい状況でした。

そこから慶應義塾大学に合格したのですから、坪田塾の先生の「坪田信貴」さんの指導力は、かなりのものだと言えます。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の登場人物の「小林さやか」ちゃんのその後ですが、

慶應義塾大学総合政策学部に入学後、現在は結婚式関係の職業に就かれているそうです。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は映画化されている

このように、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は賛否両論の本です。

しかし、反響が大きかったのでしょう、テレビで頻繁に放送され、映画化もされています。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の映画キャストは、主演が有村架純さんです。

 

DVDが発売されていますので、興味がある方はこちらをご覧ください。

→『映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の単行本版と文庫版の違い

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』には、単行本版と文庫版の2つが出版されています。

 

単行本版と文庫版の違いは、具体的な勉強方法(メソッド)や参考書名などが書かれているかどうかです。

 

文庫版は、これらがカットされており、純粋な小説形式として書かれています。

 

あなたが大学受験生で、勉強方法まで知りたいのでしたら、単行本版を買いましょう。

 

単行本版のAmazonの販売ページは、こちらになります。

→『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』で刺さった名言

私が『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を読んで、特に刺さった名言は、以下の3つです。

<『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』で刺さった3つの名言>

・生徒との上手な接し方(心理学メソッド)

・生徒への上手な指導のやり方

・自分は天才だと「口に出し続ける」こと

 

それぞれについて、説明していきます。

生徒との上手な接し方(心理学メソッド)

心理学を学んで生徒の指導に活かしてきた僕は、いつも初対面の時のしぐさや反応で、生徒の性格を見極め、指導方法を切り替えていきます。

中には正直、僕でもキツいなと思う子はいます。

それは初対面の時に、教師を恐れていて目を合わせない子、そして挨拶をしてくれない子です。

ただ、そういう時は、いちいちそれをとがめずに、好意を与え続ける、礼儀を尽くし続けることが大切です。

すると相手も(子どもも)それを返してくるようになるからです(これを心理学で「好意の返報性」と呼びます)。

こういう時にけっしてとがめたり、しかったりしてはいけません。

そうした子に「また新たに自分をしかる大人が現われた」と思わせてはいけないのです。

だから僕が初対面の時に気をつけているのは、子どもに対して、背筋を伸ばして目を合わせて、しっかり挨拶することなのです。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 P25〜26より

 

私はブログと平行して、家庭教師のアルバイトもやっています。

 

新規で生徒を受け持ったとき、初対面の生徒との接し方として、上のメソッドは使えると思い、紹介させて頂きました。

 

子どもと同じ目線に立ち、一人の人間として接することが重要なのです。

心理学的にも、それがとても重要であるそうなので、今後実践していきたいです。

生徒への上手な指導のやり方

 

家庭教師の生徒に物事を教えるとき、与える与えられるの関係になってはダメみたいです。

 

そうではなく、一つの問題に対して、お互いに向き合っていく姿勢が重要になってきます。

 

どうしても生徒の方が知識不足なので、教える教えられるの関係になりがちです。

 

そういう指導をしていると、そのうち上から目線で生徒に接してしまうかもしれません。

 

そうなると、ただの嫌われ者になり、指導を断られるかもしれません。

 

長く家庭教師のアルバイトをやっていくためにも、上のメソッドを実践していきたいですね。

自分は天才だと「口に出し続ける」こと

自分が成功することを”知っている”こと。

自分が天才だと”知っている”こと。

根拠なんていりません。

そう”知っている”だけでいいんです。

もし、そう思い込めないなら、

「言葉に出して、みんなに言いふらすといいよ」

と僕はさやかちゃんに助言しました(そして実際、素直にそうしたようです)。

たぶん、周りのみんなは「バカだ」とか「無理だ」とか「恥ずかしい」とか言うでしょう。

だけど、なんと言われてもそれを「口に出し続ける」ことで、自分自身がそう思い込み始めるのです。

これが大切なんです。

そこに、2、3人でいいんです、信頼できる人の肯定を加えられれば、知らぬ間に人は伸びていきます。

これが成功のための第一歩なのです。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 P114〜115より

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者の坪田信貴さんは、

目標を公言する派みたいです。

 

私は目標は人に言わない派です。

言えばパワーが漏れて、モチベーションが下がるからです。

 

しかし、子どもに関しては、目標を公言した方が良いのかもしれません。

子どもは、我々大人のように、失敗をあまり恐れないからでしょうかね。

 

以上、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 文庫特別版 』(出版社:角川文庫)(作者:坪田信貴)の書評でした。

 

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は累計発行部数が100万部以上ある、大ベストセラー本です。

 

それゆえ、楽天などの通販サイトでも、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の在庫が多数あります。

 

売れまくった本なので、ブックオフに行けば、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の中古本が手に入る可能性が高いでしょう。

 

しかし、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、Amazonにて、中古本が安く買えます。

 

なにも『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を、定価(値段:562円)で買う必要はありません。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです

 

以下、『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク