『未来は、えらべる!』(ダリル・アンカ 著、本田健 訳)(ヴォイス)の書評です。

 

『未来は、えらべる!』で刺さった3つの内容

私が『未来は、えらべる!』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『未来は、えらべる!』で刺さった3つの内容>

・行動できないのはネガティブな観念が邪魔しているため

・ネガティブな観念は、自分が「成功していて、幸せ」を阻む

・情熱を持つためのコツ

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



行動できないのはネガティブな観念が邪魔しているため

ネガティブな観念は、「頭では理解できるけど、なかなか行動に移すのは難しい」とみなさんに信じ込ませています。

そう思わせることで、あなたたちが観念の構造について本当に理解するのをはばもうとしているのです。

そして、行動を起こさせないようにして、ネガティブな観念を持ち続けさせるのです。

でも実のところ、もし実際に理解できていれば「理解できている」のですから、行動に移すのも簡単です。

だから、ネガティブな観念は非常に巧妙(トリッキー)だと、私たちはお話ししているのです。

(中略)

少し立ち止まって考えてみれば、「わかったけど、やるのはやっぱり難しい」という主張そのものが、理屈にかなっていないことがわかりますよね?

にもかかわらず、ネガティブな観念は、それが理屈にかなった考え方だと思わせてしまいます。

 

『未来は、えらべる!』 P23〜25より

 

分かっちゃいるけど、なかなか行動できない。

 

これは、私たちの心の中に潜む「ネガティブな観念」が邪魔しているせいです。

 

理解したなら行動できるのが、論理的に正しいのです。

理解したのに行動できないのは、論理的に正しくありません。

 

「ネガティブな観念」は、このように、理屈に合わないことをさせるのです。

 

では、どうすれば行動できるようになるのか?

 

まず、行動できないのは「ネガティブな観念」が邪魔しているからだと気づきましょう。

気づくだけでも、行動することへの抵抗が減ります。

 

そして、1ミリでもいいから行動しましょう。

 

著書『人生を変える!「心のブレーキ」の外し方』に書かれているとおり、潜在意識は変化を嫌います。

 

「ネガティブな観念」というのは、潜在意識と置き換えることができるでしょう。

 

潜在意識を働かせるためには、1ミリでもいいから行動することです。

すると、潜在意識の活動が徐々に活発になり、成功に近づいていきます。

 

重要なのは、1ミリでもいいから行動することです。

 

「ネガティブな観念」(潜在意識)をごまかしながら、少しずつ行動してください。

ネガティブな観念は、自分が「成功していて、幸せ」を阻む

多くの人は、自分がしていることが「幸せだ」と感じると、たとえお金をたくさん稼いでいなくても「自分は成功している」と感じます。

つまり、自分がしたいことをするのに必要なお金さえあれば、別にほかの人と比べてたくさんお金がなくても「成功していて、幸せ」なのです。

自分がしたいことができれば幸せで、そして、成功しているのです。

ネガティブな観念には、「社会が期待している成功像と自分を比較させる」という、また別のトリックがあります。

「社会が期待する成功像に到達できなければ、自分は成功していない」と、あなたに信じ込ませるもです。

そして、その成功像に到達できそうになければ、最初からトライするのをやめさせてしまいます。

 

『未来は、えらべる!』 P38より

 

「社会が期待する成功像に到達できなければ、自分は成功していない」という思い込み。

 

これ、非常によく分かります。

 

最近、このブログで3円の売り上げ発生しました。

 

このブログを立ち上げて、たった4ヶ月しか経過していません。

それなのに、マネタイズできているのです。

 

多くのブロガーが、初報酬が発生するのが1年以上かかるなか、4ヶ月という成績はかなり優秀です。

 

これは、大喜びしてもよい出来事でしょう。

 

しかし私は、500万円稼いでいるブロガーと比較して、「たった3円かよ・・・」と卑屈になりました。

 

ネガティブな観念が、「社会が期待する成功像に到達できなければ、自分は成功していない」という思い込みを発生させ、

私をネガティブな気持ちにさせたのでしょう。

 

私は『未来は、えらべる!』を読んで、ネガティブな観念が、私の成功を否定していることを知りました。

 

今後は、上手くいっているのにネガティブな思考になったら、「あ、ネガティブな観念が邪魔している」と思うようにします。

 

そして、ネガティブな観念の邪魔を払いのけ、成功を素直に喜ぶようにしたいです。

 

スポンサーリンク



情熱を持つためのコツ

そうではなく、その瞬間に与えられている選択肢の中で、自分がもっとも情熱を持てるものをやればいいのです。

そのように行動すれば、自分が情熱を持てる、より多くの対象やチャンスが引き寄せられてきます。

私たちが「ワクワクにしたがって生きることが、すべての問題を解決するオールマイティ・キットですよ。それさえあれば、あなたに必要な物はすべて手に入りますよ」と言っているのは、そういう理由なのです。

 

『未来は、えらべる!』 P42より

 

今あなたに与えられている選択肢の中で、いちばんやりたい(情熱を持てる)ことをやるのが大事。

 

私はまだ、情熱を持てるものを見つけられていません。

 

でも、ブログ記事執筆作業や読書のように、「やったほうがいい」というものは分かっています。

 

「緊急度が低いけれど重要度が高い」ことが何かが、分かっています。

 

こういう作業を重点的にやることで、いつか情熱が持てるものに出会えればと思っています。

 

まあ、休むときには休んで、気楽にやっていきます。

 

以上、『未来は、えらべる!』(ダリル・アンカ 著、本田健 訳)の書評でした。

 

『未来は、えらべる!』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『未来は、えらべる!』のAmazonの販売ページです。