『20代にしておきたい17のこと』(本田健 著)(だいわ文庫)の書評です。

 

『20代にしておきたい17のこと』の目次

まず、『20代にしておきたい17のこと』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『20代にしておきたい17のこと』の目次>

はじめに
1 人生最大の失敗をする
2 大好きなことを見つける
3 一流のものに触れる
4 人生を100パーセント楽しむ
5 死ぬほどの恋をする
6 一生つき合える親友を見つける
7 両親と和解する
8 自分のルーツを知る
9 才能のかたちを知る
10 専門分野を持つ
11 メンターを探す
12 人生が変わる本と出合う
13 質問力を鍛える
14 お金と時間の管理を学ぶ
15 没頭できる趣味を持つ
16 異文化に触れる旅に出る
17 運について学ぶ
おわりに

 

スポンサーリンク



『20代にしておきたい17のこと』要約

『20代にしておきたい17のこと』とは、有名経営コンサルタントである本田健さんが著者の本です。

 

本のタイトルのとおり、20代の若者に向けて、いまやっておくべき17のことが書かれています。

 

対象年齢が20代とはっきり明記されていますが、30代以降の方にも参考になる情報がたくさん書かれているので、一読の価値ありです。

 

『20代にしておきたい17のこと』で多くの人の共感を生んでいるのは、人生観と恋愛の部分です。

 

20代は、これからの人生を決める重要な時期であります。

『20代にしておきたい17のこと』に書かれている人生観の中で、使える内容があれば、ぜひ実践してみましょう。

 

私は20代のときに副業で商売をやっていました。

このときに学んだことが、『20代にしておきたい17のこと』の人生観の項に書かれていました。

どうやら私は、20代のうちにやっておくべきことを自然とやっていたみたいです。

 

また、20代は多感な時期であるので、恋愛もやっておけと『20代にしておきたい17のこと』に書かれています。

 

私は、20代のときは恋愛よりお金でした。

今考えると、恋愛もやっておくべきだったと、少々後悔しています。

 

『20代にしておきたい17のこと』は、Amazon評価数・レビュー数が100近くある、注目されている本です。

 

口コミサイトである読書メーターでも、多数のレビュが投稿されています。

 

それゆえ、『20代にしておきたい17のこと』の読書感想文を書いたブログが、多数存在します。

 

『20代にしておきたい17のこと』には、図解版の『図解 20代にしておきたい17のこと』も出版されています。

 

活字が苦手な方は、こちらを読むとよいでしょう。

『20代にしておきたい17のこと』で刺さった3つの内容

私が『20代にしておきたい17のこと』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『20代にしておきたい17のこと』で刺さった3つの内容>

・すべての仕事に100%を出し切ろう

・自分のルーツ(家族)を調べよう

・たくさんの人生のサンプルを見ておこう

 

それぞれについて、説明していきます。

すべての仕事に100%を出し切ろう

まわりの人、特に目上の人というのは、あなたの行いをよく見ています。

どんなときでも、「こいつは絶対に手を抜かないな」というふうに見えれば、その人を抜擢したくなるものです。

それが出世していく糸口になったり、人生の転機につながるチャンスにつながったりするのです。

そういう意味で、だまされたと思って、とにかく20代は、すべてに100パーセントを出しきってみてください。

誰かが見ているというふうに思って行動しましょう。

誰も見ていなくても、最終的に、結果が誰かの目に触れたときには、その人がどれだけ努力していたかはわかるものです。

 

『20代にしておきたい17のこと』 P48〜49より

 

すべての仕事に100%を出し切ることも大切である。

 

これは、20代に限らず、全ての年齢の方に言えるはなしだと思います。

 

例えば、ブログの場合。

 

読者がサイトを訪れたとき、まず見るのは、直近にアップした記事です。

その記事の内容が面白ければ、次の記事も読んでもらえます。

その記事の内容も面白いと思ってもらえたら、また次の記事も読んでもらえます。

 

こうして、読者がサイトを徘徊してくれることで、広告収入が増えていきます。

 

大切なのは、直近にアップした記事が面白いかどうかです。

 

常に100%を出していれば、直近にアップした記事も、心のこもった内容になっているでしょう。

 

しかし、運悪くそのときだけ手を抜いて書いた記事だったら、読者はサイトを離脱するかもしれません。

 

そうならないよう、1記事1記事、手を抜かずに書くことが重要なのです。

自分のルーツ(家族)を調べよう

また、自分を知るためにも、ルーツを調べておくといいことがあります。

たとえば父方の親戚が全員、教師だという場合には、自分にも何かを人に教える才能がある可能性があります。

母方の家は全員商売人だという場合には、知らずしらずのうちに、商売人のDNAがすり込まれているということもあります。

つまり、そうした道に進めば、成功しやすいということです。

そうして自分の家族の周辺を調べていくと、自分のルーツが、自分の才能と関係していることに気づきます。

 

『20代にしておきたい17のこと』 P100〜101より

 

私のルーツ(家族)について。

 

母は公務員なので、会社勤めすることが非常に重要だと思う人です。

といっても、私が辞めた会社については、いる価値がないと断言していますが。

 

母方の祖父は、大工をやったり漁師をやったりと、定職に就かず色々な仕事をやっていました。

いわゆる、自営業タイプの人間です。

 

祖母は専業主婦でした。

心屋仁之助さん風に言うと、自分は働かなくてもお金をもらう価値のある人間だと思っている人でした。

 

祖母の家系をたどると、弁護士になった人がいたみたいです。

祖父の家系は、大酒飲みのゴロつきばかりでした。

 

父方のほうですが、最悪です。

まず父親がホステス狂いをして、借金を重ねるクズでした。

そして、親兄弟親戚一同、父親の借金の責任逃れをしていました。

父方の家系はゴミ人間ばかりでした。

 

母が父の借金の支払いで、いつも苦労しているのを見てきました。

だから私は、お金を無駄づかいせず、貯金を重要視する人間なのでしょう。

 

このように私のルーツをたどると、私は安定と自由を求める人間だと言えます。

 

母方の家系を鑑みて、私はサラリーマンではなく、自営業のほうが合っているのでしょう。

 

私に関してはこんな感じです。

 

あなたも、一度自分のルーツを調べてみると、自分がどんな人生が合っているのかが分かってくるでのしょう。

たくさんの人生のサンプルを見ておこう

20代のときには、できるだけたくさんの人生のサンプルを見ておくのがいいと思っています。

たとえば、お金持ちの人、お金のない人、心優しい人、厳しく冷たい人、人を押しのけてでも成功しようとする人、人に譲りすぎてひきこもっている人・・・・

いろんな生き方のサンプルを見て、自分はどの人生を送りたいのかを考えましょう。

自分で見て、接してみることで初めて、「自分はこの生き方は嫌だ、こっちがいいな」ということが見えてくると思います。

ほとんどの人は、「いまの人生はなんか嫌なんだけどな」というので終わっているのです。

いまが嫌なことはわかっているけど、じゃあどれがいいかということになったら、その「どれがいいか」のサンプルがなさすぎるのです。

でも、いい例も悪い例もたくさん見ておくと、自ずと「こういう人生を生きたい」と思うようになるのではないかと思います。

 

『20代にしておきたい17のこと』 P132〜133より

 

私は20代後半に、ニュースキンビジネスという犯罪に手を染めていました。

 

ニュースキンビジネスでは、見栄っ張りで傲慢な人間を嫌というほど見てきました。

 

彼らは、高級車や高級ブランドのバッグなどを所有しているが、家系は火の車である人間でした。

 

私のアップは、自分がニュースキンビジネスで上手くっていない貧乏人であることがバレると、烈火のごとく怒りました。

 

このアップは、ローン付きの家に住み、中学生のお子さんが2人もいる人間です。

 

このアップのニュースキンビジネスの月売上は、18万円です。

月売上から経費(高級車の維持費、ブランドものの衣服の購入費など)を差し引いた金額で、生活しています。

 

ニュースキンビジネスは、見栄を張らないといけないため、とにかく経費がかかります。

 

なので、月の収支が赤字なのは確実でしょう。

 

中学生のお子さん2人の養育費と、住宅ローンをどうやって支払っているのでしょうかね。

 

私はニュースキンビジネスをやって、見栄を張って生きる人生は絶対に嫌だと強く思いました。

 

そして、『となりの億万長者』を読んで、その考えがより強くなりました。

 

私が20代のときに、こういう反面教師を触れたおかげで、いまは堅実な生活ができています。

 

本田健さんの、若いときに人生のサンプルをたくさん見ておくべきという主張は、正しいと思います。

 

以上、『20代にしておきたい17のこと』(本田健 著)(だいわ文庫)の書評でした。

 

『20代にしておきたい17のこと』は、Amazon評価数・レビュー数が100近くある、注目されている本です。

 

それゆえ、楽天などの通販サイトでも、『20代にしておきたい17のこと』が多数あります。

 

しかし、『20代にしておきたい17のこと』は、アマゾンにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

なにも『20代にしておきたい17のこと』を、定価で買う必要はないでしょう。

 

アマゾンでは、『20代にしておきたい17のこと』の電子書籍であるKindle版もあります。

 

以下、『20代にしておきたい17のこと』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク