『ザ・マネーゲームから脱出する法』(ロバート・シャインフェルド 著、本田健 訳)の書評です。

 

『ザ・マネーゲームから脱出する法』とは

『ザ・マネーゲームから脱出する法』は、「マネーゲーム」という幻想から抜け出す方法が書かれた本です。

 

われわれ人間は、「人間ゲーム」というゲームに参加しているらしいです。

 

後述するように、「人間ゲーム」には2段階のプロセスがあり、

多くの人が第1段階のプロセス(幻想)にいるらしいです。

 

この第1段階のプロセス(幻想)にいるうちは、「マネーゲーム」という幻想から脱出できません。

 

「マネーゲーム」から脱出するのには、「人間ゲーム」の次のプロセスである、第2段階に進まねばなりません。

 

では、どのようにして第2段階に進めるのか?

 

「感謝」「プロセス」「ミニプロセス」「独り言の強化」の4つの道具を使うのです。

 

この4つの道具の使い方をマスターできれば、第2段階に進んで、「マネーゲーム」から脱出できます。

 

そして、あなたが望む富や豊かさが手に入るのです。

 

これが、『ザ・マネーゲームから脱出する法』の趣旨です。

 

『ザ・マネーゲームから脱出する法』は、数年前に一大ブームとなった本です。

 

それゆえ、『ザ・マネーゲームから脱出する法』を実践したブログが、ネットに多数あります。

 

2chでも、『ザ・マネーゲームから脱出する法』の実践報告が、多数投稿されています。

 

スポンサーリンク



『ザ・マネーゲームから脱出する法』のプロセス

ここで、『ザ・マネーゲームから脱出する法』の2つのプロセスを紹介します。

第1段階

「人間ゲーム」の第1段階では、「本来の自分」がすべての力と創造性と巧妙さを総動員して、あなたが本当はどんな人間で、あなたの自然な状態がどんなものかを隠し、決して見つけられないようにしてしまいます。

「制限された自分」と三次元の競技場が現実のものだと信じ込ませ、どんどん制約を厳しくして、自分が本来とは正反対の存在であると思わせるためにあらゆる手段が講じられます。

 

第2段階

第1段階で、あなたが自分自身の本来の姿を忘れ、制限され、制約の多い経験に没頭するようになると、「本来の自分」はあなたを第2段階に誘います。

この時点で、あなたは自分には何かが足りない、何もかもが意味を持たない、自分の知らないところで何かが起きているのかもしれないと感じ、自分が不完全な人間だと思うようになります。

そして、答えを見つけよう、人生におけるより高い目標を見つけようとします。

このとき、あなたはまだ自分の真実の姿や、自分に本来備わっている力や知恵、豊かさに気づいていませんが、それでも「真実」を探し始めます。

すると「本来の自分」は役割を変え、あなたを「世紀の宝探し」に連れ出して、第1段階で隠した力や知恵、豊かさを取り戻す手助けをするのです。

ひとたび力と知恵と豊かさを取り戻せば、あなたは何の制約も制限も受けずに「人間ゲーム」に参加できるようになります。

 

『ザ・マネーゲームから脱出する法』 P39〜40より

 

上の文章を読めば明らかなとおり、『ザ・マネーゲームから脱出する法』は、非常に難解な本です。

 

しかし、『ザ・マネーゲームから脱出する法』は、多くの人が効果を実感している本でもあります。

 

興味があれば、一度読んで見ましょう。

 

『ザ・マネーゲームから脱出する法』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『ザ・マネーゲームから脱出する法』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク