『漫画貧乏』(佐藤 秀峰 著)(PHP研究所)の感想です。

 

『漫画貧乏』とは

『漫画貧乏』とは、「海猿」などで有名な漫画家、佐藤 秀峰さんが書かれた本です。

 

『漫画貧乏』を読むと、出版業界がいかに危機的状況であるのかが、よく分かります。

 

そして、漫画家が、出版社や先生から搾取されている実態も、『漫画貧乏』で明らかにされています。

 

『漫画貧乏』は、かなりリアリティのある本ですので、一見の価値ありです。

 

『漫画貧乏』は、Amazon評価数・レビュー数が200を超える、注目されている本です。

 

それゆえ、『漫画貧乏』の読書感想文を書いたブログが、ネットに多数あります。

 

スポンサーリンク



『漫画貧乏』で刺さった3つの内容

私が『漫画貧乏』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『漫画貧乏』で刺さった3つの内容>

・人気漫画家でも毎月20万円以上の赤字

・漫画家の仕事は時給180円(搾取)

・漫画出版社はすでに崩壊している

 

それぞれについて、説明していきます。

人気漫画家でも毎月20万円以上の赤字

漫画家は、その原稿料の中から仕事場の家賃を払い、作画スタッフを雇い、画材を買い、制作に必要な全ての経費を賄います。

僕が『海猿』という作品を連載し始めた当初、原稿料は1ページにつき1万円でした。

週間連載で毎週20ページが基本だったので、月産=80万円の収入です。

(中略)

実際にかかった経費の内訳を見てみましょう。

まず原稿料80万円の内、源泉税が10%引かれた額が出版社から僕の口座に振り込まれます。

(中略)

作画は一部を外部作画スタッフに委託していたので、その費用が47万円で残りが25万円。

仕事中のスタッフの食事代は漫画家が支払うのが業界の慣例となっていて、その食費が10万円で、残り15万円。

画材代、資料代が約10万円で、残り5万円。

自宅兼、仕事場として使っていたアパートの家賃が7万円で、残りがマイナス2万円。

さらに光熱費など諸経費が5万円で、残りマイナス2万円。

(中略)

自分自身の生活費を支払い、たまにはスタッフに焼き肉でも食べさせてやりたいとなると、どう少なく見積もっても、毎月20万円の赤字になります。

 

『漫画貧乏』 P52〜54より

 

漫画を書けば書くほど赤字になる。

 

この赤字分を、単行本の印税で補填して何とかやりくりしているのが、漫画家の実態らしいです。

 

『漫画貧乏』に書かれていますが、その単行本が売れる保証はどこにもありません。

 

というか、単行本において、出版社が漫画家を搾取しているのが実態らしいです。

 

影響力が大きすぎるため、ここでは書けません。

 

興味がある方は、『漫画貧乏』をお買い求めください。

漫画家の仕事は時給180円(搾取)

漫画業界においては、漫画家が「先生」と呼ばれることからも分かるように、従弟制度がいまだに幅をきかせています。

作画スタッフは、漫画家の弟子のような立場で扱われることも多く、少ない人数で大量の仕事をこなしたり、長時間拘束された上、給料はバイト以下か、ただ働きに近い仕事場も多く存在します。

仮に労働基準監督署が、漫画業界にメスを入れたとしたら、漫画業界は一瞬で崩壊するでしょう。

僕も漫画家として独立する以前は、様々な漫画家さんの仕事に参加させていただきましたが、その経験でいうと、最も安いところで、時給180円程度でした。

 

『漫画貧乏』 P73〜74より

 

漫画家の時給は、180円(最低価格)らしいです。

 

そして、漫画家の仕事は、あの超有名ブラック企業ワ〇ミも真っ青な、ブラックな仕事らしいです。

 

『漫画貧乏』には、上記の引用文のほかにも、漫画家の仕事がいかにブラックであるかが、これでもかと書かれています。

 

漫画家の仕事が勤まるのなら、おそらく、どんな会社でもやっていけると思います。

漫画出版社はすでに崩壊している

漫画雑誌はすでに崩壊していて、例えば、ある大手出版社の発行している週刊漫画雑誌は毎週発行する度に2000万円以上の赤字を出しています。

週刊で年に50冊発行するわけですから、1年で10億円の赤字です。

それを単行本の売り上げで埋めている状況です。

(中略)

ちなみに、「累計100万部突破!!!」と単行本の帯に書いてある漫画でも、必ずしも100万部売れている本だとは限りません。

世の中には、ベストセラー倒産という言葉もあるくらいで、初版で話題になって大量に増刷したはいいけれど、まったく売れずに返本され、結果、在庫の山と共に出版社は倒産、という事態もあり得ます。

その場合でも、帯には「100万部突破!!!」と書かれます。

 

『漫画貧乏』 P57〜103より

 

出版社の悲惨な状況が、『漫画貧乏』で明らかにされています。

 

我々がコンビニや書店で目にする雑誌は、出版社が赤字を出して出版したものらしいです。

 

出版社がボランティアで出版した雑誌が、コンビニや書店に並んでいるという感じでしょうか。

 

そして、出版社は漫画家を搾取しているそうです。

 

『漫画貧乏』には、大手出版社であるモーニングとのひと悶着が書かれています。

 

『漫画貧乏』を読んで、ここまで明かして大丈夫?訴えられない?と、心配になるくらい、

モーニングがやってきたことが明かされています。

 

『漫画貧乏』の著者である佐藤 秀峰さんは、電子書籍サイト「漫画onWeb」を立ち上げて。漫画業界の変革に一石を投じています。

 

佐藤 秀峰さんは、出版社から異端児扱いされていると『漫画貧乏』に書かれています。

 

しかし『漫画貧乏』を読むと、出版社が漫画家を搾取する構造であるのが、嫌と言うほどわかります。

 

『漫画貧乏』を読むと、佐藤 秀峰さんを応援したくなります。

 

よくぞここまで、出版業界の実情を明かしてくださったと、私は感動しました。

 

以上、『漫画貧乏』(佐藤 秀峰 著)(PHP研究所)の感想でした。

 

『漫画貧乏』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『漫画貧乏』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク