『きっと、よくなる 人生はよくなるようにできている』(本田健 著)の書評です。

 

『きっと、よくなる!』で刺さった3つの内容

いきなり本題に入ります。

 

私が『きっと、よくなる!』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『きっと、よくなる!』で刺さった3つの内容>

・自分の本質に合わないことはやらないと決めること

・目標達成中毒は幸せになれない

・あなたは、目標設定型?展開型?

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



自分の本質に合わないことはやらないと決めること

ある心理学者が、虐待の定義を教えてくれました。

それは、「望まないことを無理に強いること」だそうです。

人がイヤがることを無理にさせたら、虐待になります。

誰かを監禁して強制的に仕事をさせたら、それは犯罪になります。

しかし、自分が嫌いな仕事を自分にさせても犯罪にならないのは、不思議なはなしです。

(中略)

幸せになるためには、自分の本質を知ることです。

そして、その本質を尊重して、才能を伸ばしてあげることです。

「自分の本質に合わないことは、やらない!」と決めることです。

 

『きっと、よくなる!』 P62より

 

やりたくないことはやらない。

 

やりたくないことをやるというのは、自分を粗末に扱っていることになる。

 

やりたいことに全力を注ぐことが、人生を幸せに生きるコツである。

 

有名心理カウンセラーの心屋仁之助が、多くの著書で語っている内容です。

 

本田健さんも、同じようなことを仰っています。

 

つまり、やりたくないことはやらない、やりたいことだけやる覚悟を持つことが重要である、

この考え方は、信憑性が高いと言えます。

 

私も、家庭教師のアルバイトで、この考えを実践しています。

 

具体的には、親に問題があるご家庭は、指導を依頼されてもお断りしています。

 

たとえ、時給2,000円以上、週に3回、1回2時間とかの好条件であっても。

 

お金のために、やりたくない仕事をやって、自分を粗末に扱うのは良くないと思うからです。

目標達成中毒は幸せになれない

「幸せ」の定義は、人によってまったく違うでしょう。

洋服や時計、車や家を買うことができたら幸せだと考えている人がいます。

よいパートナーを得ること、高校、大学、会社や資格試験に合格すること、海外旅行に行くことなどが、その対象となることもあるでしょう。

しかし、幸せになれると思っていた目標物も、いざ手に入れてみると、思ったほど幸せには感じないものです。

目標達成中毒の人は、次の目標をすぐに立てることで自分を駆り立てます。

次の目標がないから、幸せになれないのだと考えるからです。

そして、つねに目標を追い求める躍動感を幸せと勘違いしてしまいます。

しかし、そういう生き方をしていては、いつまでたっても幸せになれません。

 

『きっと、よくなる!』 P108より

 

目標達成中毒の人は、いつまでたっても幸せになれない。

 

目標を持って、それに向かって日々努力している人は、素敵に見えますね。

 

しかし、目標達成中毒に陥るのはダメです。

 

とくに、サラリーマン。

 

私もIT企業のサラリーマン時代、資格オタクでした。

 

資格を取れば、会社で認められると思い込んでいたからです。

 

基本情報技術者が取れたら、次は応用情報技術者、それが取れたら次はデータベーススペシャリスト。

それが取れたら、次はネットワークスペシャリスト、

それが取れたら、次はシステムアーキテクト・・・・。

 

こうやって、キリなく資格を追い求めていました。

 

休むことは許されないと自分に鞭を入れて、ひたすら資格の勉強をしていました。

 

でも、その努力はムダでした。

 

私は、上司や先輩に楯突く危険分子として、いつもパワハラを受けていました。

 

トドメに、仕事を1年近く与えられず放置され、最低評価の人事評価を一方的に付けられました。

それを人事部に訴えたら、逆に圧力をかけられて、会社を追い出されました。

 

この経験から、私は、会社のために目標達成中毒になるのは「ムダ」だと学びました。

 

サラリーマンの仕事を例に出して、目標達成中毒になることの無意味さを申し上げました。

 

目標達成中毒になっても、消耗するだけです。

 

自分にとって無理のない目標を立てて、それに向かって日々努力するのは良いことだと思います。

 

しかし、目標を立てなければならないと自分を追い詰めるのは、ダメでしょう。

 

長期間の目標をユルく立てて、気軽に継続していくくらいで良いと、私は思います。

あなたは、目標設定型?展開型?

世の中には、目標を打ち立ててそれに向かっていって、成功する人がいます。

またその一方で、何も考えずに目の前にあることに打ち込んでいくうちに、チャンスに恵まれて成功していく人もいます。

(中略)

大切なのは、自分がどのタイプなのかを見極めること、そしてどの生き方に共感するかということです。

目標を立てたほうが楽しいのか、それとも、思わぬところからチャンスを見つけ、どんどん展開していくのがいいのかを自分に聞いてみてください。

自分のタイプを知り、無理をしないで楽しむことが成功の鍵です。

あなたは、目標設定型ですか?

それとも展開型?

とちらにしても、自分の本質を受け入れ、祝福してください。

あなたがいちばんワクワクする方法を選択するのが、うまくいく方法なのです。

 

『きっと、よくなる!』 P171〜172より

 

あなたは、目標設定型ですか?

それとも、展開型ですか?

 

私は、展開型です。

 

目標を立てても辛くなるだけなので、目標は立てません。

 

一応、毎日ブログ記事をアップするという目標は設定しています。

 

守っているのはそれだけです。

 

あとは、その日の気分で今日の作業量を設定しています。

 

1日1記事だけのときもあれば、1日に5記事とか書くこともあります。

 

これを毎日5記事など、きつい目標を設定しても、長続きしません。

 

また、半年間で売上を倍にするとか、絶対に達成可能なのか不明である目標をたてるのも良くないでしょう。

 

やはり目標なんて立てずに、今日やれそうなことを一生懸命やったほうが、長続きする気がします。

 

どのビジネス書にも書かれていますが、成功の秘訣は「継続」です。

 

目標設定は、継続するための手段に過ぎません。

 

だから、目標を設定したほうが継続しやすいと思うなら、目標設定型でいきましょう。

 

私のように目標を設定しないほうが継続やすいと思うなら、展開型でいきましょう。

 

どちらが良いかは、あなたの判断しだいです。

 

以上、『きっと、よくなる 人生はよくなるようにできている』(本田健 著)の書評でした。

 

『きっと、よくなる!』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『きっと、よくなる!』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク