『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』(鈴木真奈美 著)の書評です。

 

『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』で刺さった3つの内容

いきなり本題に入ります。

 

私が『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』で刺さった3つの内容>

・違和感やすれ違いを感じるのなら離れることも大事

・嫉妬のザワザワは相手が身近だから。嫉妬のエネルギーをプラスに変えよう

・身体の不調は大切なサイン

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



違和感やすれ違いを感じるのなら離れることも大事

これまでお世話になった人や大好きだった人でも、かみ合わなくなる時期がくるのは、自然なこと

相手が悪いわけでも、あなたが悪いわけでもありません

それぞれの成長の速度は違うし、必要なものや興味も変わってきます

いつまでも変わらず、ずっと一緒にいられる関係なんてないのだから

もし違和感やすれ違いを感じるのなら、今までとは違う関係性を選択していこう

離れるのも勇気

ときにはあえて距離をとってみよう

 

『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』 P11より

 

高校、大学時代の友達とは、いつまでも関係が続くわけではありません。

 

進学や就職をすれば環境が変わり、考え方も変わります。

 

高校、大学時代の友達と考え方や価値観が合わなくなり、違和感やすれ違いを感じるようになってきます。

 

そういうとき、無理に付き合おうとせず、離れてみる勇気を持ちましょう。

 

私は、今も連絡を取っているのは、高校時代の友人だけです。

あとは、みんな離れていきました。

 

社会人になりたての頃は、高校、大学時代の友達は一生もので、ずっと仲良くしていなくてはならないと強迫観念を抱いていました。

 

だから、自分の貴重な時間を浪費して、高校、大学時代の友達と、無理に付き合っていました。

 

でも、そういう生活に疲れてしまい、副業で商売を始めたあたりで、止めました。

 

友達なんていなくてもいい、孤独でもいい、嫌われてもいい。

 

こういう勇気と覚悟を持ったことで、生きるのがかなりラクになりました。

 

自分の時間も増えて、本当に自分がやりたいことに時間を使えるようになりました。

 

著書『やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方』でも、

モヤモヤする人間関係は切ったほうがよいと書かれています。

 

違和感やすれ違いを感じて、付き合うのが苦痛な人間は、さっさと切ったほうが精神的によいと思います。

嫉妬のザワザワは相手が身近だから。嫉妬のエネルギーをプラスに変えよう

嫉妬のザワザワ、これはとてもよいサインです。

人はものすごくかけ離れた存在には素直に感動できるもの

たとえば、「ガンジーやマザー・テレサを見て、本気で嫉妬しますか?」という話です

まったく興味のないことなら、「すごいね」で終わりです

あなたの内にないものには、そもそも反応すらしません

心がザワザワするのは、相手が身近だから

そして、同じ魅力や可能性があなたの中にあり、反応しているだけなのです

「ねたましい」「うらやましい」という気持ちを認めてしまうと、みじめで、負けた気がするかもしれません

でも嫉妬のエネルギーは、否定したり、抑えようとするほど、あなたを後ろにひっぱります

一方、素直に自分の気持ちを認め、受け入れると、それはプラスのエネルギーへと変わり、あなたを後押ししてくれます

眠っているあなたの可能性や魅力も、引き出されていくでしょう

だから、嫉妬はいいサイン

いかすも、ころすも、あなた次第です

 

『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』 P20〜21より

 

嫉妬するのは、相手が身近だから。

この嫉妬のエネルギーを利用して、成長していこう。

 

私は、ブログで生計を立てるべく、毎日記事を書いています。

 

Twitterには、月収500万円くらい稼いでいるブロガーがゴロゴロいます。

 

私は彼らを見ると、「羨ましい!」と嫉妬します。

 

つまり、月収500万円を稼いでいる彼らを、身近な存在だと思っているのです。

 

『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』の上の引用文を読んで、そんな自分がいることに驚きました。

 

ということは、私もいつか彼らに追いつける日が来るのかもしれません。

 

彼らに負けじと、コツコツ記事を書き続けることで、もしかしたら私も月収500万円になるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



身体の不調は大切なサイン

体の不調は、大切なサイン!

生き方や考え方が間違っていることを、教えてくれる

「食生活が偏っていますよ」

「頑固になって、意地をはりすぎです」

「心配しすぎ」

「無理しすぎ」

「イライラしすぎ」

「我慢しすぎ」

・・・・

病気によって、大切なことにきづき、病気によって、救われることもある

大切なサインを見落とさないように

あなたを大切にする生き方をしよう

 

『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』 P54より

 

身体の不調は、大切なサインである。

 

風邪を引いたときは、がんばりすぎている証拠だから休め。

頭痛が酷いのは、会社の仕事がイヤな証拠である。

 

私も、会社勤めをしていたとき、定時間際になると、いつも強い頭痛に襲われていました。

また、頻繁に高熱を出してもいました。

 

会社にいることに対して、強烈な拒絶反応が出ていたのでしょう。

 

私は運良く会社を辞められましたが、この生活をずっと続けていたら、大変なことになっていたかもしれません。

 

身体の不調は、大切なサインです。

 

身体は、生き方や考え方が間違っていることを、教えてくれます。

 

私のように、強い頭痛に襲われたり、頻繁に高熱を出したりするようでしたら、

生き方や考え方を見直してみましょう。

 

以上、『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』(鈴木真奈美 著)の書評でした。

 

『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『「私に生まれてきてよかった」と心から思える本』のAmazonの販売ページです。