『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(亀田潤一郎 著)の書評です。

 

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』とは?

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』とは、税理士の亀田潤一郎さんが書かれた本です。

 

亀田潤一郎さんが、これまで700人以上の経営者を見てきた経験から、

成功する経営者の多くが、長財布を使っているそうです。

 

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』の著者の亀田潤一郎さんも、

10万円以上するルイ・ヴィトンの「タイガ」を使われています。

 

「年収200倍の法則」という法則があります。

これは、財布の購入価格の200倍が、あなたの年収になるという法則です。

 

しかし私は、私は100均の折りたたみ財布を使っています。

今後もブランドものの財布を買うことはありません。

 

理由は、ニュースキンというマルチ商法(犯罪)に手を染めた経験からです。

 

私が出会ったニュースキンビジネスをやっている犯罪者どもらは、こぞってルイ・ヴィトンの長財布を持っていました。

 

でも、彼らのなかで、成功した人間はいませんでした。

ルイ・ヴィトンの長財布を持っているくせに。

 

つまり、ブランドものの長財布を持っているからといって、お金が集まってくるわけではないのです。

 

そもそもなぜ、長財布なのか?

 

それは、長財布を使うことで、お金に対する「態度」が変わるからです。

 

お金には人格が備わっており、お金を大切に扱う人のもとに集まってきやすい性質があるそうです。

 

長財布を使うと、お金を大切に扱うようになります。

 

だから、長財布を使うと、お金が集まってきて、経済的に成功できるのです。

 

重要なのは、お金に対する「態度」です。

お金に対する「態度」さえキチンとしていれば、お金に嫌われることはありません。

 

つまり、長財布はお金に対する「態度」を改める手段であり、無理して長財布を使わなくてもよいということです。

 

私は、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』に書かれている、お金に対する「態度」に留意して読みました。

 

スポンサーリンク



『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』で刺さった3つの内容

私が『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』で刺さった3つの内容>

・お金には人格がある

・お金をきれいに扱うことが大切

・税金を気持ちよく払うと成功できるかも

 

それぞれについて、説明していきます。

お金には人格がある

私は、これまで税理士として働いてきた経験のなかで、お金づきあいは人づきあいと同じだということを痛感しています。

お金にはお金の人格というべきものがちゃんとあって、お金は自分がどう扱われているかを見ているのではないか。そうおもっているのです。

人を軽んじる人は軽んじられるように、お金を軽んじる人は、やっぱりお金からも軽んじられる。

お金にはそういう力が備わっているきがしています。

だから、お金にはできるかぎり愛情をもって接する。

人とつきあう時と同じような心持ちで、お金とつきあう。

お金をどう使うか、いかに節約するかなどに頭をひねる前に、まず目の前のお金を大切に扱う。

人格があるものとして、人と同じようにつきあう。

お金に好かれる人になりたいと思うなら、出発点はまずここだと思うのです。

 

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 P44〜45より

 

お金は、お金を大切に扱う人のもとに集まってくる。

だから、目の前のお金を大切に扱おう。

 

私も、気を緩めると、小銭やレシートがぎゅうぎゅう詰めになり、メタボ財布になってしまいます。

 

これはお金を大切に扱っていないことになります。

とくに、お札に対して失礼ですよね。

 

お札が快適に過ごせる場所を提供することが重要です。

だから、長財布が良いのでしょう。

 

でも私は100均の折りたたみ財布で充分です。

 

しかし、折りたたみ財布だと、お札が折りたたまれて可哀想です

 

そこで、お札普段はクレジットカード決済にし、現金を持ち歩かないようにしています。

お札はクリアファイルに挟んで、保管します。

 

小銭は、ペットボトルを貯金箱代わりにして、その中に入れています。

財布に入れると痛むので、すぐにこの中に入れています。

 

著書『貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術』に習って、小銭がある程度貯まったら、両替しています。

 

両替したあとは、自分の欲しいものを買ってパーッと使っています。

 

スポンサーリンク



お金をきれいに扱うことが大切

そもそもお金というのはきれい好きな性格をもっています。

きれいな空間、きれいな使われ方をするところ、きれいな心持ちをしている人の元に集まってきやすい。

そしてきれいな場所ほど、できるだけ長くとどまっている、と感じます。

そんなきれい好きなお金のために、手元に訪れたお金の最初の居場所である財布をきれいにしておくことは大事です。

「きれい」を保つために、お札の向きを揃えることは必須。

私は、お札の頭が下に向くようにして財布に入れています。

これはよく聞く話だと思いますが、このほうが「入りやすくて、出にくい」から。

 

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 P53より

 

お札はきれいな扱いをする人のもとに集まってきやすい性質がある。

 

先ほど私は、お札はクリアファイルに挟んで保管していると言いました。

 

折りたたみ財布の場合は、お札が折りたたまれて、お札が窮屈な思いをしてしまいます。

それではお札が可哀想なので、クリアファイルに挟んでいます。

 

もし長財布を使われているなら、財布に入れっぱなしでも良いのでしょう。

 

しかしその場合も、お札の向きを揃えましょう。

そして、支払いのときは、お札を相手に丁寧に渡すこと。

 

お札を投げて渡すような人のもとには、お札はやってきません。

 

お札には人格が宿っています。

あなたのお札に対する扱いを、お札は見ていると思っておいたほうがよいでしょう。

税金を気持ちよく払うと成功できるかも

しかしなかには、税金を気持ちよく払う、という人もいらっしゃいます。

彼らに共通するのは、税金に対する歪んだ考えをもっていないこと。

彼ら自身の事業で得た利益が、この社会があるからこそ生まれたもの、社会のかかわり合いのなかで得られたもの、ということをよく心得ています。

稼いで手元に入ってきたお金というのは、社会の「分け前」。

だから、すすんでその一部を社会に還元しよう。お礼として社会に返そう。

税金に対してこんなふうに考えているのです。

よく言われるような、税金を国や地方から一方的にとられるもの、などは微塵も思っていません。

 

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 P76より

 

成功する経営者は、税金を気持ちよく払っている。

 

これはすごいことだと思います。

 

税金の支払額は、想像以上のものです。

 

所得税、住民税、事業税、予定納税、消費税、復興所得税など、さまざまなかたちで、せっかく稼いだお金が徴収されます。

 

私はかつて、副業で商売をやって成功し、人並みの貯金を手に入れました。

 

このとき私は、税金の支払額を1円でも抑えようと、躍起になりました。

 

税金は、盗られるものだと思いました。

 

しかし、この税金の払い方、捉え方がマズかったのでしょう。

翌年は、売上がガクッと下がってしまいました。

 

もしこのときに、気持ちよく税金を支払っていたら、状況が違っていたのかもしれませんね。

 

稼いだお金は社会の分け前。

だから、気持ちよく税金を支払うことが大切なのです。

 

ジタバタしても、取られるものは取られるのです。

腹をくくってエイヤッと払ってしまうのが良いのでしょう。

 

もしまた税金を支払うことになったら、今度は気持ちよく払うよう努力したいです。

 

以上、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』(亀田潤一郎 著)の書評でした。

 

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』のAmazonの販売ページです。