『ダーリンは70歳』(西原理恵子 著)の書評です。

 

『ダーリンは70歳』とは

『ダーリンは70歳』とは、漫画家の西原理恵子さんと、高須クリニック院長の高須先生との恋愛話を漫画化した本です。

 

本ブログでも、西原理恵子さんの著書を何冊か紹介しました。

→『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント

→『この世でいちばん大事な「カネ」の話

 

西原理恵子さんの著書は、歯に衣着せぬ物言いで、私は大変感銘を受けました。

 

『ダーリンは70歳』は、ビッグコミックスペリオールにて連載されています。

 

『ダーリンは70歳』は、ビックリするくらい下ネタ満載です。

女性が読むには、ちょっとハードルが高いかもしれません。

 

高須クリニックの院長である高須先生は、レプロという事務所からの枕営業を断ったという噂が2chで立っています。

 

しかも、枕営業の相手が、女優であった清水富美加さんだということです。

 

その証拠が、『ダーリンは70歳』にあるらしいです。

 

ネットで検索すれば、いくらでも情報が出てきます。

 

真偽のほどはさておき、本記事ではこの話題についてはこれ以上触れません。

 

『ダーリンは70歳』は、高須院長からの【銀座高級鮨ご一緒プレゼント応募券】も付いていることでも話題となりました。

 

『ダーリンは70歳』は、話題性が豊富なマンガなのです。

 

反響が大きかったのでしょうか、テレビ放送もされました。

「ダーリンは70歳 奥様は18歳」(BS-TBS)というドラマです。

 

『ダーリンは70歳』は、Amazon評価数・レビュー数が100を超える、注目されている本です。

 

口コミサイトである読書メーターでも、『ダーリンは70歳』のレビューが多数投稿されています。

 

スポンサーリンク



『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』が回収された理由

西原理恵子さんの『ダーリンは70歳』は、シリーズ化されています。

 

そのなかで、『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』が、内容に不適切な部分があったとのことで、回収されています。

 

現在、『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』は絶版になっており、どの書店でも売り切れています。

 

西原理恵子さんは、ざっくばらんに語るお方です。

そこが西原理恵子さんの良さだと、私は思います。

 

『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』も、ハッキリ言いすぎた部分があったのでしょうね。

『ダーリンは70歳』で刺さった3つの内容・名言

私が『ダーリンは70歳』を読んで、特に刺さった内容・名言は、以下の3つです。

<『ダーリンは70歳』で刺さった3つの内容>

・人は欠損に恋をする

・狼は病気の家畜しか襲わない

・女装が趣味であることにして脱税

 

『ダーリンは70歳』の画像で紹介します。

 

スポンサーリンク



人は欠損に恋をする

 

人は欠損に恋をする。

 

高須クリニックの院長の高須先生は、医学部卒のインテリです。

 

『ダーリンは70歳』でも、高須先生は記憶力抜群で、気配りがめちゃくちゃできる人だと紹介されています。

 

そんな高須先生は、西原理恵子さんのざっくばらんとした感じが刺さったのでしょう。

 

人は欠損に恋をする。

 

知っておいて損はない知識だと思うので、私も覚えておきます。

狼は病気の家畜しか襲わない

 

狼は病気の家畜しか襲わない。

そして、狼は必要な分の動物しか襲わない。

 

面白いと感じたので、本記事で紹介いたしました。

 

マイクロソフト元社長の成毛眞さんは、著書『本は10冊同時に読め!』で、

さまざまなジャンルの本を読むことを薦めています。

 

それも、内容がぶっ飛んでいるような本がよろしいと。

 

『ダーリンは70歳』もぶっ飛んでいるマンガです。

 

私のように、普段まじめなビジネス書しか読まない人は、『ダーリンは70歳』のようなおちゃらけた本を読むと、良い意味で知見が広がると思います。

女装が趣味であることにして脱税

 

高須クリニックの院長の高須克弥先生は、脱税で20億円の追徴課税を課せられたことがあるそうです。

 

『ダーリンは70歳』に、そのような旨の内容が書かれていました。

 

そして、上の画像は、高須先生が経費をごまかしていることを公言していることになります。

 

・・・大丈夫なのでしょうか?

 

私も毎年確定申告をしている身分なので、経費については人一倍気を遣っているつもりです。

 

女装が趣味であることにして、女性下着を経費にするって、かなりヤバい気がします。

 

しかもその事実を、西原理恵子さんが『ダーリンは70歳』に載せているというのが、またすごい話です。

 

もしあなたが確定申告をされている人なら、高須先生の真似はしないように。

 

西原理恵子さんも高須先生も、ぶっ飛んでいると思います。

 

以上、『ダーリンは70歳』(西原理恵子 著)の書評でした。

 

『ダーリンは70歳』は、Amazon評価数・レビュー数が100を超える、注目されている本です。

 

それゆえ、楽天やヨドバシなどの通販サイトなどでも、『ダーリンは70歳』の在庫が多数あります。

 

紀伊国屋やジュンク堂などの大手書店に行けば、『ダーリンは70歳』が必ず売られているはずです。

 

売れている本なので、ブックオフに行けば、中古本を入手できる可能性が高いです。

 

しかし、『ダーリンは70歳』は、Amazonにて、中古本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『ダーリンは70歳』のAmazonの販売ページです。