『本を読む本』(J・モーティマー・アドラー、V・チャールズ・ドーレン 著、外山 滋比古 訳)(講談社学術文庫)の書評です。

 

『本を読む本』の目次

まず、『本を読む本』の概要をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『本を読む本』の目次>

第一部 読書の意味

1 読書技術と積極性
積極的読書
読書の目的—知識のための読書と理解のための読書
「読む」ことは「学」ことである—「教わること」と「発見すること」との違い
教師のいる場合、いない場合

2 読書のレベル

3 初級読書—読書の第一レベル
読み方学習の諸段階
段階とレベル
高等教育と読書

4 点検読書—読書の第二レベル
点検読書1—組織的な拾い読み、または下読み
点検読書2—表面読み
読書の速度
目の動き
「理解すること」

5 意欲的な読者になるには
積極的読書への4つの質問
本を自分のものにするには
書き込みの方法
読書習慣を身につける
多くの規則から一つの習慣へ
第二部 分析読書—読書の第三レベル

6 本を分類する
分類の重要性
書名から何がわかるか
理論的な本と実践的な本
理論的な本の種類

7 本を透視する
構想とプロット—本の統一
アウトラインをつかむ
読む技術と書く技術
著者の意図を見つける
分析読書の第一段階

8 著者と折り合いをつける
著者の使う言葉に注意する
キー・ワードを見つける
専門用語と特殊な語彙
単語の意味をつかむ

9 著者の伝えたいことは何か
文および命題
キー・センテンスを見つける
命題を見つける
論証を見つける
著者の解決を検討する

10 本を正しく批評する
学ぶことの効用
修辞の役割
判断保留の重要性
けんか腰はよくない
反論を解消する

11 著者に賛成するか、反論するか
思いこみと判断
著者の主張は、果たして妥当か
論証は、果たして完全と言えるか
分析読書の第三段階

12 読書の補助手段
「経験」の役割
他の本から手助けを得る
注釈書や抜粋
参考図書の使いかた
辞書の使いかた
百科事典の使いかた

第三部 文学の読みかた

13 小説、戯曲、詩の読みかた
文学を読むとき、してはならないこと
文学を読むための一般法則
小説の読みかた
戯曲の読みかた
抒情詩の読みかた
第四部 読書の最終目標

14 シントピカル読書—読書の第四レベル
シントピカル読書における点検の役目
シントピカル読書の5つの段階
客観性はなぜ必要か
シントピカル読書の実例—進歩の概念について
シントピコンとその利用法
シントピカル読書の原理について
シントピカル読書のまとめ

15 読書と精神の成長
良書が与えてくれるもの
本のピラミッド
生きることと精神の成長

 

スポンサーリンク



『本を読む本』あらすじ・要約

『本を読む本』を一言で言うと、学術書を正しく読むための読書術が学べる本です。

 

『本を読む本』の初版は1940年と、戦前に発行された古い本です。

 

『本を読む本』の原書は、『How to Read a Book (A Touchstone Book) (English Edition)』です。

 

『本を読む本』は、世界各国で翻訳され読みつがれてきた名著です。

 

読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術が、解説されています。

 

『本を読む本』では、まず初級読書に始まり、点検読書や分析読書、最終レベルのシントピカル読書を経て、積極的な読書へと導きます。

 

『本を読む本』のジャンルは、学術書です。

 

しかし、ビジネス書を読み解くためのヒントも、『本を読む本』には多数書かれています。

 

『本を読む本』は、Amazon評価数・レビュー数が150以上ある、注目されている本です。

 

口コミサイトである読書メーターでも、『本を読む本』のレビューが多数投稿されています。

 

それゆえ、『本を読む本』をおすすめしたり、解説したりしているブログが多数あります。

 

『本を読む本』を解説したブログで有名なのは、マトリョーシカ的日常というブログです。

 

『本を読む本』のジャンルは、学術書です。

そのため、『本を読む本』は、説明が難しく読みにくいと、2chで批判されていたりもします。

『本を読む本』で刺さった3つの内容

私が『本を読む本』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『本を読む本』で刺さった3つの内容>

・本を読むときは自分自身に質問すること

・その本がどんな本かを簡単にあらわしてみる

・読書の目的は批判ではなく知識を得ることだ

 

それぞれについて、説明していきます。

本を読むときは自分自身に質問すること

しかし、まだ付け加えたいことがある。

それは、一つの単純な約束事だが、これを言わないと問題の核心をついたことにはならない。

「読んでいるあいだに質問をすること。その質問には、さらに読書をつづけているあいだに、自分自身で回答するよう努力すること。」

約束事とはこれである。

(中略)

どんな本を読む場合でも、読者がしなくてはならない質問は、次の四つである。

一.全体として何に関する本か。

(中略)

二.何がどのように詳しく述べられているか。

(中略)

三.その本は全体として真実か、あるいはどの部分が真実か。

(中略)

四.それにはどんな意義があるのか。

 

『本を読む本』 P53〜54より

 

本を読むときは、能動的に読みましょうということです。

 

そのために、本を読んでいる最中に、自分自身に4つの質問をします。

 

一.全体として何に関する本か。

二.何がどのように詳しく述べられているか。

三.その本は全体として真実か、あるいはどの部分が真実か。

四.それにはどんな意義があるのか。

 

抑えておいて、損はない読書テクニックでしょう。

 

上の四つを同時に実行できる方法は、線を引くことだと思います。

 

重要だと思う箇所に線を引くことで、重要な箇所を見つけなくてはならないと、集中して本が読めます。

 

多読を重ねると、要所要所に線を引けるようになれます。

 

線を引いた箇所を読み返してみると、上の四つが同時に実行できていることが分かります。

 

1冊1冊、いちいち質問しながら本を読むのは疲れるので、

まずは思うがまま線を引いていく読書をしてみるとよいでしょう。

その本がどんな本かを簡単にあらわしてみる

「その本全体の統一を。二、三行か、せいぜい数行の文にあらわしてみること」

これが分析的読書の第二の規則である。

これは、その本が全体としてどんな本か、できるだけ手みじかに述べてみるということである。

どんな「種類の」本かということとは違う。それは第一の規則の領分である。

(中略)

だが、統一があると漠然とわかっただけでは十分ではない。

その本の統一を明確に理解しなくてはならない。

それを理解したことをしる方法は一つしかない。

その本の統一がどんなものか、自分の言葉で言ってみることである。

ほんの二、三行であらわすのだ。

 

『本を読む本』 P88より

 

その本がどんな本なのかを簡単にあらわしてみる。

 

本の目次とまえがき・あとがきを読めば、その本を自分の言葉で要約することはできます。

 

著書『読んだら忘れない読書術』や『読書力』でも書かれていますが、「本を読んだ=要約が言えること」なのです。

 

ここを抑えられれば、サクッと速読できてしまいます。

重要箇所に線を引くことも簡単になります。

 

著書『どんな本でも大量に読める「速読」の本』にも書かれているとおり、

本の目次とまえがき・あとがきだけは、くり返し読むべき箇所なのです。

読書の目的は批判ではなく知識を得ることだ

著者との対話から得る唯一の利益は、相手から何かを学ぶことにあり、読書の成功は、知識を得ることにある。

読者がこのことに思いいたれば、いたずらに論争するだけでは、何の益もないことがわかるだろう。

著者に反論したり、著者の誤りを指摘してはならない、などと言っているのではない。

「反論するだけでなく、賛成するにも、それなりの準備が必要だ」と言いたいのである。

どちらの立場をとるにせよ、読者が考慮すべきことは、ただ一つしかない。

書かれていることが、事実であり、真実であるかどうかということだけである。

 

『本を読む本』 P154より

 

本を読む目的は、新たな知識を得ることである。

だから、いたずらに本の内容を批判するのはよくない。

 

著書『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』に書かれているとおり、どんな本でも得るものが必ずあります。

 

お金を出して買っているのですから、集中して読んで、何か一つ得てやるくらいの気持ちが大切です。

 

そのためにも、多読を重ねて、本に線を引きまくりましょう。

 

広く深く本を読むことで、本から新しい知識を学べる、素養が身につきますから。

 

『本を読む本』を読むと、読書はたいへん奥の深い学問であると実感できます。

 

『本を読む本』は、ジャンルが学術書であるため説明が難しいです。

 

しかし、読書の奥深さ、楽しさを知るのに、『本を読む本』は読む価値がある本であると、私は思いました。

 

以上、『本を読む本』(J・モーティマー・アドラー、V・チャールズ・ドーレン 著、外山 滋比古 訳)でした。

 

『本を読む本』は、Amazon評価数・レビュー数が150以上ある、注目されている本です。

 

それゆえ、楽天ブックスなどの通販サイトでも、『本を読む本』の在庫が多数あります。

 

売れている本なので、ブックオフに行けば、『本を読む本』の古本を入手できる可能性が高いでしょう。

 

しかし、『本を読む本』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『本を読む本』のAmazonの販売ページです。

 

 

スポンサーリンク