この『やる気のスイッチ!』は、マルチ商法であるアムウェイのなかで、No.2の山崎拓巳さんが書かれた本です。

 

すなわち、アムウェイをやっている人のバイブルである本です。

 

だから、買ってはいけません!

中身も薄っぺらで、得るものが何もありません。

 

『やる気のスイッチ!』は、アムウェイ信者を喜ばせるためだけに存在する、駄本です。

 

『やる気のスイッチ!』の内容

『やる気のスイッチ!』とは、アムウェイのNo.2の山崎拓巳さんが書かれた本です。

 

「意欲」と「行動」の因果関係をやさしく解説し、普段から実践できるメソッドが『やる気のスイッチ!』に書かれている。

 

というのが、『やる気のスイッチ!』のセールスレターです

 

しかし、中身が薄っぺらで、得るものが何もありません。

 

例えば、『やる気のスイッチ!』のセルフイメージの項を見てみましょう。

 

 

無駄な図を盛り込んでページ数を稼いでおり、肝心の文字数が少なすぎです。

 

これで、セルフイメージが高めることができるのでしょうか?

私は無理だと主張します。

 

スポンサーリンク



『やる気のスイッチ!』はアムウェイNo.2の山崎拓巳の本

何度も説明しているとおり、『やる気のスイッチ!』の著者の山崎拓巳さんは、アムウェイNo.2の人間です。

 

アムウェイとは、日本最大手のマルチ商法の会社です。

 

私も5年前に1ヶ月半だけ、アムウェイビジネスに手を染めたことがあります。

 

そこで、アムウェイのセミナーで洗脳されて、無理な買い込みをして借金まみれになった20代の女の子をたくさん見てきました。

 

マルチ商法は、上が一番儲かる商売だと言われています。

 

どのビジネスにも当てはまりますが、マルチ商法も先行者優先のビジネスなのです。

 

だからマルチ商法は、上が一番儲かる商売だという考えは当たっています。

 

しかし、アムウェイをはじめとしたマルチ商法は、後発組をセミナーで洗脳して、大量買い込みさせて搾取する悪質なビジネスです。

 

だから、マルチ商法は世の中で「悪」であると言われているのです。

 

『やる気のスイッチ!』の著者の山崎拓巳さんも、多くのアムウェイ信者を搾取して、No.2にまでのし上がったのでしょう。

 

「自分は人助けをしたいる」とか、耳当たりの良いことをセミナーで言っているのでしょうが、内実は陰で泣いている人まみれなのです。

 

山崎拓巳さんは、「やる気のスイッチ協会」という組織を運営されています。

 

これは表向きは自己啓発を唄っていますが、その裏側はアムウェイの勧誘の窓口なのでしょう。

 

山崎拓巳さんは、「やる気のスイッチ!パーソナルコーチ」というセミナーを、全国各地で開催されています。

 

なぜか、メルボルンでも、「やる気のスイッチ!パーソナルコーチ」のセミナーが開催されたそうです。

 

しかし、このセミナーに誘われても、参加するのは絶対に止めましょう。

 

山崎拓巳さんに洗脳されて、アムウェイビジネスに手を染めてしまう恐れがありますから。

 

このほか、山崎拓巳さんは、「やる気のスイッチファシリテーター育成講座」なるものも開催されているので、要注意です。

 

『やる気のスイッチ!』は、アムウェイ信者に支えられて、それなりに売れたのでしょう。

 

調子に乗って、続編が出版されています。

やる気のスイッチ! 実践セミナー 講演dvd付 』という本です。

 

もちろん買う必要はありません。

 

というか、買ってはいけません!

 

なぜ私は『やる気のスイッチ!』を誤って買ってしまったのか?

さて、『やる気のスイッチ!』を散々叩きました。

 

私が『やる気のスイッチ!』を買った理由は、Amazon評価数が100近くあったからです。

 

Amazon評価数がたくさん=良本の可能性が高い、と思って、山崎拓巳さんのことを一切調べずに、『やる気のスイッチ!』を買ってしまいました。

 

『やる気のスイッチ!』で学んだことは、Amazon評価数が多い本が良い本とは限らないことです。

 

今後は、Amazonレビューもしっかり読んで、買うに値する本なのかを調べてから買うようにしたいです。

 

アムウェイ信者に支えられて売れた本なので、TSUTAYAなどの大手書店でも売られています。

 

『やる気のスイッチ!』は、Amazonにて中古の文庫本が1円で買えます。

 

一応、『やる気のスイッチ!』Amazonの販売ページを載せておきます。

 

しかし、買う必要はありませんよ。

 

あなたは、私のような失敗をしないよう、Amazonレビューもしっかり読んでから本を買ってくださいね。

 

 

スポンサーリンク