『死ぬときに後悔すること25』(大津秀一 著)の書評です。

 

『死ぬときに後悔すること25』の目次

まず、『死ぬときに後悔すること25』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『死ぬときに後悔すること25』の目次>

はじめに

第一章 健康・医療編
1 健康を大切にしなかったこと
2 たばこを止めなかったこと
3 生前の意思を示さなかったこと
4 治療の意味を見失ってしまったこと

 

第二章 心理編
5 自分のやりたいことをやらなかったこと
6 夢をかなえられなかったこと
7 悪事に手を染めたこと
8 感情に振り回された一生を過ごしたこと
9 他人に優しくしなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと

 

第三章 社会・生活編
11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと

 

第四章 人間編
17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと

 

第五章 宗教・哲学編
22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えを知らなかったこと

 

第六章 最終編
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 

おわりに

文庫版あとがき

 

スポンサーリンク



『死ぬときに後悔すること25』の要約

『死ぬときに後悔すること25』とは、緩和医療専門医である大津秀一先生が書かれた本です。

 

大津秀一先生が、1000人を超える末期患者と向き合い、それぞれの患者が吐露した“やり残したこと”を25に集約したのが、『死ぬときに後悔すること25』です。

 

末期患者が亡くなる前に吐露する後悔の言葉は、ほぼ決まっているそうです。

 

ゆえに、『死ぬときに後悔すること25』を読むことで、悔いの少ない人生を送ることができるヒントが分かることでしょう。

 

『死ぬときに後悔すること25』は、フジテレビの「エチカの鏡」で紹介され、一躍有名となった本です。

 

『死ぬときに後悔すること25』は、Amazon評価数・レビュー数が100を超える注目されている本です。

 

それゆえ、『死ぬときに後悔すること25』の読書感想文を書いたブログが多数あります。

『死ぬときに後悔すること25』で刺さった3つの内容

私が『死ぬときに後悔すること25』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『死ぬときに後悔すること25』で刺さった3つの内容>

・自分のやりたいことをやろう

・他人に優しくしよう

・仕事人間になると死ぬときに後悔する

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



自分のやりたいことをやろう

5.自分のやりたいことをやらなかったこと

(中略)

自分勝手の自由ではなく、自らによって立ち、何ものにも束縛されない真の自由に生きる人間は本当に強い。

心の部屋に清涼な風が吹き込むように、窓をいっぱいに開けて己がしたいように生きるべきだ。

とにかくいまわの際には、自分に嘘をついて生きてきた人間は、必ず後悔することになろう。

 

『死ぬときに後悔すること25』 P56〜58より

 

自分のやりたいことをやろう。

自分に嘘をついて、やりたくないことをやり続けると、死ぬときに後悔することになる。

 

おそらく、多くのサラリーマンに当てはまる内容なのではないでしょうか?

 

私が辞めた会社にも、生活のために仕方がなく、波風立てずに働く定年間際の人がいました。

 

この人は、北大理学部の学部卒で、学歴的にはかなりのエリートです。

 

しかし、頭が良くてもサラリーマンには向いていなかったのか、ずっと平社員のままでした。

 

この人は、どんなに理不尽なことをされても、絶対に逆らいませんでした。

 

上司から無茶なプロジェクトを回されて失敗し、部長に個室に連れ込まれて怒鳴られ、

その後、毎日のように徹夜でプロジェクトの後始末を無給でやらされていました。

 

この人を個室に連れ込んで怒鳴った部長は、しゃあしゃあと定時で帰っていました。

 

パワハラ、残業代未払いなど、明らかに犯罪行為をされていますが、この人は上司に一切逆らわず、ひたすら仕事をしていました。

 

この人はもうすぐ定年を迎えます。

それまで、波風を立てず、耐え忍んで逃げ切ろうと思っているのかもしれません。

 

でも、私はこの人のような人生は絶対に嫌です。

 

会社なんかに従順になって搾取されたら、間違えなく、死ぬときに後悔するでしょうから。

 

 

私は会社を辞めて、収入が不安定な状態です。

 

それでも、あんな悪魔が巣くう「会社」には戻りたくないですね。

他人に優しくしよう

9.他人に優しくしなかったこと

(中略)

けれども、優しさを行おうとするならまだ良い。

世の中には、残念ながら、人をおとしめることで自分の欲求を解消したり、自分の価値を高めようとしたりする人が存在する。

(中略)

人をいじめることがよくあるのなら、心を入れ替えたほうが良い。

優しさが足りないのならば、優しさを意識したほうが良い。

それらは死が迫ったときの、後悔の一因となる。

他を蹴落とし、どんな勝負に勝ってきたとしても、同じように努力しても決して勝利できないのが死である。

けれども、生の終わりを敗北でなく、完結ととらえられるのならば、死は恐るべきものではなくなる。

 

『死ぬときに後悔すること25』 P79〜84より

 

これも、多くのサラリーマンが共感できる話ではないでしょうか?

 

私の会社にも、出世欲の強いオヤジがいました。

 

こいつは、部下をいじめてこき使い、挙げ句の果てに、こき使った部下を出世させずに、本社に本部長として栄転していきました。

 

こいつは、他人を蹴落とし、人をいじめる、まあ人間のクズだと言える人間でした。

 

あなたの職場にも、こういう人間がいるのかもしれません。

 

こういう人間と一緒にいると、「地獄に落ちろ」と思うかもしれません。

 

しかし、『死ぬときに後悔すること25』に書かれているとおり、こういう人間は、死ぬ間際に後悔し、もだえ苦しんで死んでいく可能性が高いです。

 

出世欲の強い人間なんて、しょせんこの程度の人生なのでしょう。

 

だから、平社員のままで生きるのが、幸せなのかもしれません。

 

もっと幸せなのは、サラリーマンを辞めることです。

 

会社は、人をいじめて他人を蹴落とす人間ばかりの、悪魔が巣くう場所だと、私は思います。

 

朱に交われば赤くなる。

こんな人間どもらと密室で四六時中一緒にいると、人の動きを真似る脳細胞ミラーニューロンが働いて、

自分も同じ人間に成り下がってしまうでしょう。

 

サラリーマンを辞めた自分を正当化しているのかもしれませんが、私は無職になって、今とても幸せです。

 

悪魔と関わらずに済んでいますから。

仕事人間になると死ぬときに後悔する

15.仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと

(中略)

けれどもやはり、仕事ばかりの人生だったことを、終末期に後悔する人もいる。

というのは、病気となり、入院が頻繁となると、もちろん仕事ができなくなってしまう。

仕事=人生の場合は、こうなると生きがいの柱が奪われてしまう。

すると、やはり挫折感はそれなりに大きいようだ。

しようと思っても仕事ができなくなってしまったとき、仕事しか引き出しがないと、辛い思いをする可能性がたかいのだ。

 

『死ぬときに後悔すること25』 P123〜124より

 

仕事人間は死ぬ間際に後悔する。

 

私がサラリーマンをやってきたときに遭遇した人間は、こんな感じです。

・上司にどれだけいじめられても、絶対に逆らわない定年間際の人

・他人をいじめ、他人を蹴落とす本部長

・毎日のように他人の噂話と悪口を口から垂れ流す人間

 

こんな人間に囲まれて仕事をすると、なぜか仕事=人生のように洗脳されてしまいます。

 

私も一時、仕事が人生の全てであると、洗脳されていました。

しかし一方で、こんな人生を送りたくないという葛藤もあり、苦しみました。

 

こんな暮らしをしていたら、死ぬ間際に後悔するのは明らかです。

 

私は運良く会社から脱出でき、収入が不安定ながらも自由な生活を謳歌しています。

 

これからどんな人生を送るのか全く分かりませんが、とりあえず今を大切に生きていきたいです。

 

以上、『死ぬときに後悔すること25』(大津秀一 著)の書評でした。

 

『死ぬときに後悔すること25』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『死ぬときに後悔すること25』のAmazonの販売ページです。