『脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める』(築山節 著)の書評です。

 

『脳が冴える15の習慣』の目次

まず、『脳が冴える15の習慣』の内容をざっくり知って頂くために、目次を紹介します。

<『脳が冴える15の習慣』の目次>

はじめに――よい習慣が脳を生まれ変わらせる

習慣1 生活の原点をつくる
脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう
「朝、ちゃんと起きてますか?」
生活のリズムを失うことは「ボケの入り口」
怠け者である脳をどう動かすか
脳にもウォーミングアップが必要
脳は思考系だけではない
血液を脳に巡らせる
私の朝の過ごし方
「挨拶+一言」で脳が目覚める
音読はなぜ脳に良いのか
手で物をつくる活動を朝の習慣に

習慣2 集中力を高める
生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう
脳の基本回転数を上げるには
時間と仕事の量の関係を意識する
仕事が速い人の脳の使い方
「試験を受けている状態」を一日に何回つくるか
真面目な人が陥りがちな悪習慣
できる人は仕事以外も大事にする
周りの人の回転数も大切
時間の制約は判断を効率化させる

習慣3 睡眠の意義
夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう
睡眠中も脳は動いている
朝、アイデアが浮かびやすいのはなぜか
夜の勉強は中途半端にやれ
最低でも六時間は寝よう
寝つきを良くする習慣
自分の生活と照らし合わせてみよう
寝ないから良い結論が出ない
理想的な生活リズムを意識する

習慣4 脳の持続力を高める
家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう
前頭葉は脳の司令塔
やればできるのにやらない人
現代人は脳のタフさが欠けている
若い頃の雑用は買ってでもしろ
「面倒くささ」に耐える力
キーワードは選択・判断・系列化
家事は理想的な脳トレ
家庭のワークシェアリング
小さな工夫が脳トレ効果を大きくする

習慣5 問題解決脳力を高める
自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう
書類整理などのルールをつくる
一日の行動予定表を書く
問題解決に至るプロセスを書く
七つ以上の要素を同時には処理できない
前頭葉のテクニックの高め方
「ナビゲーション社会」を生きる

習慣6 思考の整理
忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう
頭の回転が速いのに物忘れをする人
思考の整理は物の整理に表れる
要領の良い人ほど整理を怠る
机の整理は優秀な上司を持つことと同じ

習慣7 注意力を高める
意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう
小さな平面を見ている時間が長すぎる
人をボケさせる方法
目を動かすと脳が動く
目を動かさない人が陥りやすい症状
家族の記念日を忘れる人
目のフォーカス機能を使おう
ラジオを使った脳トレ

習慣8 記憶力を高める
「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう
脳の入力→情報処理→出力を確認する
人に伝えることを前提として情報を取る
情報を脳の中で保持する
情報を解釈する、イメージで捉える
なぜ報告書を書かせるのか
メモを取りながらテレビ番組を見る
ブログを工夫して書こう

習慣9 話す力を高める
メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう
質問によって話を長くさせる
話し上手な人の周りには相づちの上手い人がいる
結婚式のスピーチは脳トレになる
風景を思い浮かべながら話す能力
写真を利用して話術を鍛える

習慣10 表現を豊かにする
「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう
話を膨らませることができるか
実際に話を組み立ててみよう
「伝わらないのは相手が悪い」は禁句
相手の立場に立って考えてみる
専門用語はなるべく使わない
たとえ話をよくする人はボケにくい

習慣11 脳を健康に保つ食事
脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう
生活習慣病と脳
高血圧は脳の働きを低下させる
まず体を動かすことが大切
太らない食べ方のコツ

習慣12 脳の健康診断
定期的に画像検診を受け、脳の状態をチェックしよう
MRで脳の断面図を診る
脳の機能は形に表れる
脳内の血管に問題がないか
PET検査との併用で精度が高まる

習慣13 脳の自己管理
「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう
失敗は脳からの警告
小さな失敗から分析していく
失敗は同じ時間帯にする
人から受けた注意を書く

習慣14 創造力を高める
ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう
クリエイティブな才能は脳の総合力
そのアイデアは誰のため?
常にどこかにヒントを求める
案ずるより書くが易し
交友範囲を広げる、活動を豊かにする
考えを練るにはには寝ることも大事

習慣15 意欲を高める
人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう
意欲はアクセルにもブレーキにもなる
小さな成長を認めて褒める
家族や部下の意欲を高めていますか?
社会性の乏しい人
愚痴を言う人が陥りがちな悪循環
誉め上手な人は観察力が高い
好意的な評価のキャッチボール
いちばんできない生徒になる
写真教室に通うことの効果
出会いが脳を動かす

番外 高次脳機能ドッグの検査
最低限の脳機能を衰えさせていないか確認しよう
一見普通の人が高次脳機能障害である場合
実際にやってみて下さい
使える語彙がどれだけあるか
行動を抑制する力をチェックする
常識的にやってはいけないことをやらない力

あとがきに代えて――立ち止まる脳、動き出す脳

 

スポンサーリンク



『脳が冴える15の習慣』要約

『脳が冴える15の習慣』とは、脳神経外科専門医である築山節先生が書かれた本です。

 

『脳が冴える15の習慣』というタイトルのとおり、脳を活発化させる15の方法が書かれています。

 

詳しくは、先ほど紹介した目次をごらんください。

 

『脳が冴える15の習慣』は、主にシニア層をターゲットに書かれています。

 

ですので、若年層には、いまいちピンとこない部分も多々あると思います。

 

しかし、効率よく仕事を行うための、脳の使い方に着目して読むと、『脳が冴える15の習慣』は、使える知識が満載です。

『脳が冴える15の習慣』で刺さった3つの内容

私が『脳が冴える15の習慣』を読んで、特に刺さった内容は、以下の3つです。

<『脳が冴える15の習慣』で刺さった3つの内容>

・生活リズムを変えないことが脳に良い

・制限時間を設けたほうが集中して仕事ができる

・朝にアイディアが浮かびやすいメカニズム

 

それぞれについて、説明していきます。

 

スポンサーリンク



生活リズムを変えないことが脳に良い

しかし、それ以前の問題として、なるべく変化させない方がいい要素もあります。

それは生活リズムです。

朝、ある程度一定の時間に起き、太陽の光を浴びる。

脳がもっとも活発に活動する時間帯に仕事のピークを合わせ、夜はできるだけ早く寝る。

そうやって生活のリズムを安定させると、脳の活動も安定してきます。

それが誰にとっても、まず重要なことです。

 

『脳が冴える15の習慣』 P18より

 

生活リズムは変えないほうが、脳に良い。

 

私がこれまで読んできた120冊のビジネス書の多くで、成功者は一定の生活リズムを取っていると書かれていました。

 

朝早く起き、午前中に集中仕事をして、午後はのんびり過ごして、夜は早く寝る、という感じです。

 

こういう生活習慣をすることで、脳を安定して活用できるのでしょう。

 

クオリティの高い仕事ができるので、成功する確率が高まり、結果お金持ちになるのだと思います。

 

私も、本に書かれている成功者にならって活動しています。

 

朝6時に起きて、午前中にブログ記事を書き、午後は読書と家庭教師のアルバイトをし、夜10時半に寝る、という生活習慣です。

 

まだ始めて数ヶ月しか経過していないので、効果を実感できていませんが、続けていきたいと思います。

 

少なくとも、身体には良いはずですから。

制限時間を設けたほうが集中して仕事ができる

「時間を絞った方が、集中して仕事ができるようになるということですか?」

「そういうこともあります。

集中力や頭の回転の速さって、それ自体を上げようと思って上げられるものではないんですよ。

脳は自分にそういう指令を出せるようにはできていません。

できるのは、時間と仕事の量の関係をはっきりと認識することなんです。

だから、まず仕事をする時間は何時までと決めて、それ以降はない、と考える習慣を持ってください。

家に帰って子供たちと過ごすことだって大事じゃないですか」

 

『脳が冴える15の習慣』 P41〜42より

 

制限時間を設けたほうが、集中して仕事ができる。

 

これは、精神科医の樺沢紫苑先生が、著書『脳を最適化すれば能力は2倍になる』で提唱された「ノルアドレナリン仕事術」です。

 

制限時間を設けることで、危機回避を担う脳内物質「ノルアドレナリン」が分泌されます。

 

ノルアドレナリンは、脳のワーキングメモリの働きを活性化させて、集中力を高めます。

 

なので、制限時間を設けると、集中力が高まって、仕事効率がアップするのです。

 

ただし、ノルアドレナリンを出し過ぎると、やがて枯渇して、うつ病になってしまうそうです。

 

だから、適度に制限時間を設けて仕事をし、ちゃんと休憩を取ってください。

 

休憩時に、著著『最高の休息法』で紹介されている、マインドフル瞑想を5分ほど行うと、脳の疲れがかなり取れますよ。

朝にアイディアが浮かびやすいメカニズム

朝、アイディアが浮かびやすいのはなぜか

起きているときとの最大の違いは、新しい情報が入ってこないことです。

起きているとき、脳は目や耳から常に入ってくる情報に対応して、状況を判断し、行動に結びつけようとしています。

どんなに頭の中で考える作業に集中しようとしても、起きている間は、思考が外部からの影響を受け、変容していくのを止めることはできません。

寝ているときには、それがほぼ遮断されています。

しかし、脳は活動している。

何をしているかと言えば、入力がない状態で、一時的に保存していた記憶をより永続的な記憶に変換したり、得た情報を取捨選択し、思考を整理したりしているわけです。

しかも、ノンレム睡眠中には大脳も休んでいるので、起きたときには疲労が回復されている。

朝、アイディアが浮かびやすいのは、そういう理由から説明できると思います。

 

『脳が冴える15の習慣』 P49〜50より

 

朝にアイディアが浮かびやすいのは、睡眠を取っているから。

 

アイディアとは、脳に蓄積された情報を組み合わせて生まれます。

睡眠時に、情報が整理され、情報が組み合わされるのです。

 

また、睡眠時は、テレビやスマホなどからの情報が遮断されるので、脳は余計な情報なしに、情報の整理に集中できます。

 

これを、勉強に活用することもできます。

 

精神科医の樺沢紫苑先生は、著書『覚えない記憶術』で、勉強が終わったら、布団に直行するべきだと仰っています。

 

こうすることで、勉強した内容のみを脳に保持して、睡眠時に情報が整理されます。

 

しかし、勉強後にテレビやスマホを見ると、余計な情報が脳にインプットされ、記憶の衝突が起こり、知識が定着しません。

 

だから、夜は極力テレビやスマホを見ないほうがよいのです。

 

私も、寝る前は読書をして、眠くなったらスマホなどを見ずに、さっさと寝ています。

 

眠れないときは、眠くなるまで読書を続け、眠くなったら何もせずにさっさと寝ます。

 

寝る前のスマホいじりが楽しみな人には、やや辛いはなしかもしれませんが、

脳科学的には、勉強したらさっさと寝るのが正解なので、人生を変えたいなら本の内容に従いましょう。

 

私も、そのへんは我慢します。

 

以上、『脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める』(築山節 著)の書評でした。

 

『脳が冴える15の習慣』は、Amazon評価数・レビュー数が300近くある、注目されている本です。

 

それゆえ、楽天などの通販サイトなどでも、『脳が冴える15の習慣』の在庫が多数あります。

 

しかし、『脳が冴える15の習慣』は、Amazonにて、中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『脳が冴える15の習慣』のAmazonの販売ページです。