『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』(鳥居祐一 著)の書評です。

 

著者の鳥居祐一さんのプロフィール

著書『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』の著者の鳥居祐一さんは、コンサルタントをやられている方です。

 

鳥居祐一さんは、1961年生まれで、2018年1月現在、年齢は57歳です。

 

鳥居祐一さんの経歴ですが、

5歳から10歳まで、米国ニューヨークで育ち、青山学院大学を卒業後、カリフォルニア大学アーバイン校(UCL)に留学し、日系経済機関を経て94年に独立されています。

 

鳥居祐一さんは「人脈塾」というセミナーを、全国各地で開催されています。

 

2016年に開催された、鳥居祐一さんの「人脈塾」のクリスマスパーティーは、大盛況だったとか。

 

鳥居祐一さんは、著書『ユダヤ人大富豪の教え』の有名な本田健さんと、交流があるそうです。

 

この他、鳥居祐一さんは、情報商材で有名な与沢翼さんや、トップ歯科医の吉野敏明さんとも交流があるそうです。

 

鳥居祐一さんは、ブログも定期的に更新されています。

賢者との出会いと交流』というブログです。

 

Facebookにも、鳥居祐一さんのコミュニティがあります。

同じ名前で『賢者の出会いと交流』というコミュニティです。

 

鳥居祐一さんは、メルマガも配信されているそうなので、気になる方は、読んでみましょう。

 

スポンサーリンク



鳥居祐一さんの評判は悪い:マルチ商法をやっていたため

鳥居祐一さんのネットでの評判は、残念ながら悪いです。

 

2chでは、鳥居祐一さんが2回結婚して、2回離婚していると、プライベートなことまで暴露されています。

 

鳥居祐一さんの以前の妻である、鳥居万友美さんも2chでかなり叩かれています。

 

鳥居祐一さんは、投資家としても活躍されているそうですが、FXで失敗されたという噂が立っています。

 

アマゾンでも、鳥居祐一さんの著書に対して、悪いレビューをする人もいました。

 

なぜここまで評判が悪いのか?

 

おそらくですが、鳥居祐一さんがマルチ商法をやっていた疑惑があるからでしょう。

 

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』にも、それを匂わせる文章がありました。

 

紹介します。

少し焦りを感じ始めていたころ、そんな私にも転機が訪れました。

多くの失敗を経験し、失意のどん底の中でたった一つだけ偶然にも自らの健康維持のために愛用していたダイエットの健康食品の代理店事業が成功したのです。

 

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 P36より

 

「健康食品の代理店事業」という文章を見て、私はマルチ商法を連想しました。

 

そこで、鳥居祐一さんをネットで検索したら、マルチ商法をやっていたらしい情報がたくさんヒットしました。

 

以上、仮定の上での話になってしまいますが、鳥居祐一さんが叩かれる原因の一つが、マルチ商法をやっているからだと言えます。

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』で刺さった3つの内容

さて、鳥居祐一さんについて色々な意見がネットで飛び交っていますが、

鳥居祐一さんの本『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』には、名言がたくさん書かれていました。

 

その中で、特に刺さった内容を3つ紹介します。

<『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』で刺さった3つの内容>

・無知は高くつく。読書をしよう

・死んでもやりたくないことを知ることがモチベーションに関わる

・お金のない人とは付き合うな

 

スポンサーリンク



無知は高くつく。読書をしよう

「無知はコスト。教育は確かに高くつくが、無知はもっと高くつく」

(中略)

私の知る限り、成幸者はほぼ例外なく読書家です。

ジャンルを問わず、本当にたくさんの本を読んでいます。

(中略)

成幸者が成幸できた理由は、あるゆる分野で本をたくさん読み、それを大量に実践したからといっても過言ではありません。

ですから、本を読みたいけど読む時間がない環境というのは、人生において圧倒的に不利だと思います。

 

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 P70〜71より

 

上の引用文ですが、成功者ではなく、「成幸者」と書かれていますね。

 

「成幸者」とは、鳥居祐一さんの造語で、お金もあって心も満たされた、豊かで幸せな人生を送っている成功者のことを言います。

 

ニュースキンやアムウェイのセミナーなどで出てきそうな胡散臭い言葉ですが、そこは置いておきます。

 

鳥居祐一さんは、成功者はほぼ例外なく読書家であると仰っています。

 

これは、他の多くの本でも言われていることです。

 

信憑性の高い情報だと判断したため、本記事で掲載させて頂きました。

 

読書は投資です。

本代1,500円は、いずれ何十万円にもなって返ってくると、さまざまな本に書かれています。

 

ただ、物販業のように即金性がありません。

投資した本代が、いつ回収できるのかが分かりません。

 

実際私も、投資した本代をいまだ回収できていません。

 

サラリーマンの方だと、忙しくて読書をする時間を取れない方も多いでしょう。

モノになるのかどうか分からないものに、貴重な時間を使いたくないですよね。

 

しかし、それでも先達の教えに従って、読書をやるしかありません。

 

読書こそ、最も安全で確実な投資であると言われています。

 

著書『読んだら忘れない読書術』を読んで、効率の良い読書術を学んで、多読しましょう。

 

慣れてくれば、私のように1日2〜3冊読めるようになりますよ。

死んでもやりたくないことを知ることがモチベーションに関わる

あなたにとっては、一番嫌なことは何ですか?

これだけは死んでもやりたくないことは何でしょうか?

とても大事なモチベーションになりますので、一度ぜひ考えてみてください。

 

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 P139より

 

私が死んでもやりたくないことは、サラリーマンです。

これは即答できますね。

 

サラリーマンをやると、時間を奪われ、行動の自由が制限されます。

 

満員電車に乗ってストレスを感じ、仕事のくだらなさにストレスを感じ、人間関係にストレスを感じ、労働に見合わない報酬(給料)にストレスを感じ・・・。

 

最悪、私のように上司に嫌われて、仕事を1年近く与えられず放置され、一方的に最低評価の人事評価を付けられることもあります。

 

なので、私が死んでもやりたくないことは、サラリーマンです。

 

二度とサラリーマンをやらずに済むよう、こうしてブログ記事を毎日書き、家庭教師のアルバイトに勤しんでいます。

 

となりの億万長者』や『ふつうの億万長者』を読んで倹約生活をし、

ぼくたちに、もうモノは必要ない。』や『人生がときめく片づけの魔法』を読んでモノを減らして、お金のかからない暮らしを実践しています。

 

私は、倹約生活が苦にならない状態に達しているので、月に10万円くらいの収入があれば十分暮らせます。

 

無理してサラリーマンをやる必要はない、ということです。

お金のない人とは付き合うな

私がメンターから教えられた人付き合いに関することの中で、すごく印象に残っているのが次の一言です。

「お金のない人とは付き合うな」

最初それはいくらなんでも言い過ぎではないかと思いました。

しかし、多くの金持ちと接して感じたことは、彼らは性格も非常におおらかで、ねたみやひがみとは無縁のゆとりある生活を送っているということです。

人間的にもとてもいい人が多い気がします。

 

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 P149より

 

「お金のない人とは付き合うな」

キツいこと言っていますね。

 

私がかつて手を染めたニュースキンビジネスのセミナーでも、自称成功者の詐欺師が、似たようなことを言っていました。

 

しかし、家庭教師のアルバイトをして分かったことですが、お金がない家庭の生徒を受け持つと、親とトラブルになることが多いです。

 

ここで言うお金がないとは、モノに溢れて、現金などの資産がないことを言います。

 

最近私は、家庭教師の授業料を踏み倒されました。

 

不登校の生徒を指導していたのですが、親と意見が合わず、クビになりました。

 

まあこれは良くある話なのですが、この親が授業料を支払ってくれませんでした。

 

電話で何度も催促しても、「納得いかないので払わない」の一点張りです。

明らかに債務不履行ですよね。

 

この親、車がアルファードとフィットと普通車2台を所有して、子供3人全員にiPhone(格安SIMでない)を持たせ、トイプードルを飼っていました。

 

家は、一軒家の借家でした。

 

これだけでも、固定費がかなりかかっていることが分かりますね。

 

収入源は、父親の給料と、母親のパート代でした。

 

以前、授業回数を増やすようお願いしたら、教育費に2万円は出せないと断られました。

 

一家5人全員iPhone(格安SIMでない)を持ち、アルファードに乗っているくせに、子供の教育費2万円程度を捻出できないのです。

 

固定費に苦しめられて、生活が困窮しているのが分かります。

 

今回私がクビになったのも、親が授業料を払いたくなかったからなのでしょう。

というか、授業料を踏み倒されましたし。

 

この経験から、お金のない人と関わると、ろくな目に遭わないことが分かりました。

 

繰り返しますが、ここで言うお金がないとは、モノに溢れて、現金などの資産がないことを言います。

 

となりの億万長者』や『ふつうの億万長者』には、派手な暮らしをしている人は、実はお金を持っていないと書かれています。

 

これは、本当だと思います。

 

私も決してお金があるほうではありません。

だから、身分相応の暮らしをしています。

 

それができない人とは、関わるべきではありません。

 

私は今後も家庭教師のアルバイトを続けますが、

こういう派手な暮らしをしているご家庭に依頼されても、今後はお断りします。

 

以上、『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』(鳥居祐一 著)の書評でした。

 

『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』は、Amazonにて中古の文庫本が安く買えます。

 

電子書籍であるKindle版もありますので、Amazonがオススメです。

 

以下、『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』のAmazonの販売ページです。